新着Pick
1039Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
というわけで既存の仕組みにこだわる、その功罪についてゼロベースの議論ができない人はこの対談読んでも意味ないっすね。でもそんな人が親とか義務教育の教師だったりすると最悪で、逃げ出せないっていうところのソリューションを考えたいだけでさ
どの分野でも本当に優れた人にエリート教育をすることは必要だと思うし、その意味では日本の悪平等は良くないというのはその通りと思います
一方で「サッカーがやりたければ小学校すら行かなくて良い」というのがどのくらいの人数を想定してるのか、完全に本人の希望で決めてよいのかなどはやはり引っかかります
サッカーで本当に飯を食えるのは一握りだし、30には引退が多いなど旬も短い
もちろんそれこそその後勉強すれば良いということかもですが、それこそ三つ子の魂ではないですが、そういう習慣がついてないと苦労しそうです
それも含めて「自己責任」なのかもですが、個人的にはあまり賛成はできない考え方です
何より対談の二人も日本的義務教育を受けて育ったんでしょうし
まさしくこれ。今の教育だと特に物心つく小学校の先生は重要。せめて教育者自身も常に前に進み続けてほしい。「先生こんな事も知らないの?」って言われないように。生徒を理解できるように。
以下引用
「先生は、自分の枠を超えた人をすごく排除する。ほとんどの先生はそうですよ。」
「理解ができないから、まず排除したくなる。もう1つは、自分の型にはめようとする。だからすごく型から外れる子どもは怒られる。」
社会システムとしてはこれがイノベーターズジレンマで、これまでの平均的に優秀な人間を量産してきたモデルから、ディスラプティブにブッとんだ人材を生むモデルに移行しようとすると、やったことない得るものに比べて、やってきた失うものがあまりに大きく感じて動けない。製品やサービス、会社単位のイノベーターズジレンマについては難病克服事例が出つつありますが、教育や医療やエネルギーや金融や交通や政治など社会システムについてはまだ誰も経験していない。でも過去立派な社会システムを持った国は必ず直面する病になります。
自分が親になった時、ここまで思い切れるか、をよく考えます。自分は本田さんや堀江さんが語ってるように育ってこなかったけど、世の中の面白い人をみたり、幼少の頃からある本来の人間の力を考えたりすると、こうした教育の必要性は物凄く感じます。

それと同時に教育が自分の過去の栄光の押し付けであってはいけないことを感じます。時代によって変えていかなきゃいけない、そこをどこまで親が意識できるか、それによって子供の未来も変わってくるんだ、と考えています。
好きなことを仕事にする、遊びのように楽しく仕事をすることが普通の時代になってくるでしょう。
教育もだんだんと変わり始めてきています。
本田選手のサッカースクールや、堀江さんのオンラインサロンもそれを加速させていくでしょう。

けれども、既存の小中高のシステムもしばらくは残っていくことも避けれはしません。
そこで潰されてしまう人をいかに減らすかも大事だと考えています。
そのためには、大人の教育、教師の教育も合わせて必要ではないでしょうか。

少しずつですが中学校の先生達に、視野を広げるような機会や、強みを伸ばす、引き出す教育方法を伝えたりもしていますが、

こういう対談などももっと学校関係者に伝わると違うでしょう。

自分の知っている状況でしか評価できないならば、その知っている状況を広げることしかありません。
まずはすでに広い人が身近な周りに広げていくことからではないでしょうか。
刺激的なタイトルだが、まずはジョブスやマスクご本人達に実際どうだったのか直接聞いてみたい(ジョブスは天に召されてしまったが)。記事中の、今の日本の先生達が自分の枠を超えたことを理解できないので、子供の考えややり方を排除したり否定をしてくるというのは、親でも周囲の大人でも同じ。大人はみんな自分の人生経験やその中で培われた常識を正当化したいから、そこを刺激してくる(意にそぐわない)子供の多くは矯正されてしまうだろう。そういう大人達がいる中で自分自身を貫くためには、地道だが子供が親と戦うしかないと思っている。
とても共感ポイントの多い対談。日本はとにかく教育の選択肢が少ない事が1番の課題だと感じています。そして、長所を伸ばす教育の前に、その長所を見つけられずにいる子供がとても多い。子供の長所、才能を見つける事も先生のミッションにすべきだなと感じます。
底上げ教育と才能を伸ばす教育は両立できるように思います。義務教育は底上げで、私教育で個の能力アップに突き抜けた学校や私塾がもっとあっていいと感じます。
中国の卓球選手は、それこそ子供の頃から卓球だけやらされていて、オリンピック選手になれない場合、生きていけないので、海外に行って帰化してオリンピック選手になる、と聞きました。

子供の頃から学校も行かず、ひたすら卓球だけやっているっことは、金メダルを取れば、中国共産党から褒美があるし、その後コーチ業もできるけど、オリンピック選手になれなければ、文字すら書けないことになるので、生き地獄。そういう生活はやっぱりやり過ぎだと思います。