新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米スポーツオーソリティは今年3月2日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請、日本ではイオンがスポーツオーソリティ107店を展開していて、この合弁会社へのイオンの出資比率は80.1%だった。今回、残りの株式を買い取って100%子会社としたもの。(という感じで、本件のポイントは盛り込んで欲しいと思います。)
今のオリンピックによる刺激と4年後の東京オリンピックを考えるとスポーツ需要が取り込めるいいタイミングだったのでは。キャンプ関連やスポーツアパレル関連もしっかり展開してますし、イオングループとして垂直統合するといい補完関係ができる分野。
スポーツオーソリティの日本事業はイオンが完全子会社化。行方が気になっていたが、こういう形になって良かったと思う。
日本ではスポーツオーソリティはあらゆるスポーツ用品において品揃えがあるものの、1つ1つのスポーツにこだわるユーザーにとっては品揃えの深さがものたりません。店舗数はまた増やせると思いますが、単価の上昇は難しいのかも。イオンの戦略からしたら、来店動機の1つになればいい、と割り切っているフシもあるのでそれでいいのかもしれませんが。
イオンの中でスポーツオーソリティの役割は結構でかいもんね。
ジムで使う服・靴・バッグなど、オーソリティで買っています。1店舗で全部そろうし、商品選びもゆったりできるのでいいですね。
スポーツオーソリティはアパレルメインで専門用品はおまけみたいなイメージあるなあ。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,817 億円

業績