新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音楽の取材を続けてきていて、日本では、アーティストが自分の「食い扶持」について、声を挙げるすることが極めて少ないと思います。

そもそも音楽家たるものビジネスを語るのが余り良いことではないとされているのか、CD絶頂期からの流れで戦略はレコード会社が全て考えていたからなのか、、、「音楽とビジネス」を語れるのは、数人の決まったベテランの大御所というイメージでした。

ようやく定額制配信がやってきて、この2、3年で少しずつ若い世代にも、自分たちの消費され方への主張・選択する新たな御意見番が、ポツポツ出てきたと思います。スポティファイなど、サービス側だけでなく、彼ら若い音楽家が中心となって、新たな音楽産業を作り上げるぐらいになれば、面白いなと思っています。

今回、3回に渡って寄稿頂いた榎本幹朗氏には、今後も断続的に執筆頂ければと思っています。
寄稿者の榎本です。連載が終わっての挨拶となりましたが、いかがだったでしょうか。スポティファイから出た新人の具体例を紹介したかったのですが、字数に達してしまいました。

ほかに広告売上とサブスクリプション売上を組み合わせたスポティファイの分配の仕組み、

CDがよく売れる大物アーティストさんにも納得してもらえるよう、もっと稼げる仕組みを作るとしたらどんな方向があるのか等々、いろいろお話したいところでした。

IT時代にできた常識もいろいろ古くなってきました。

中編でYouTubeを巡る常識の変化を紹介しましたが、例えばソーシャルメディアとの関わりや音質の問題、好みの音楽ジャンルなどを巡ってもこれまでの常識に反する調査結果が出ています。

また機会がありましたら、書き残したことに触れたいと思います。お読みいただきありがとうございました。
違法ダウンロードという危機を逆手にとって成長したSpotify。
無料会員でどうやってアーティストに還元するシステムなのかを知りたいです。

音楽に限らず全てのコンテンツに言えることは、どんどん表に出なければ商品価値がないということです。
著作権で囲い込んでお金を払う少数者にしか体験されないコンテンツは、マネタイズができなくなるでしょう。
めちゃくちゃ面白いストーリー。
これぞ起業家、ですな。

『前提を疑え』
当時の「音楽は違法ダウンロードで聞く」という当たり前を疑い、ならば「合法にストリーミングで聞く」サービスをつくろう、と。
『難問は技術革新で突破する』
当時はネット回線の問題でボタンを押してから再生されるまでに多くの時間がかかっていたが、技術革新で解決。ユニバーサルミュージックに話を持ちかけた。
『最後は超営業力で突破』
当初は無碍に断られたが、めげることなく、何と2年もの間ひたすらユニバーサルミュージックに通い続け、時には玄関前で寝泊まりしたという。恐ろしすぎる凄まじい営業力。
世界を変える為に経歴も人脈も必要ない、全ては強烈な情熱が人を動かし、世を動かして行く事を改めて感じる始まり方ですね。
ーーー
そこから2年間、毎週のようにユニバーサルミュージックへ通い詰め、説得を続けたのである。彼の粘りは人並み外れていた。ユニバーサルミュージックの玄関前で寝泊まりしたことすら厭わなかったという。
コンテンツビジネスで成功するためには、
・熱狂的なファン
・熱狂的なコンテンツプロバイダー
両方を巻き込むこと。

当たり前だけど、日本ではまだ実践されてないことだと感じるところ。
熱い気持ちになりました。
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア