新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Spotifyの本当のライバルはYoutube」ということをも指摘する榎本幹朗さんによる寄稿。正直、なかなかここまでの解説・分析は、他では見当たりません。

YouTubeでも見ても、ライブにもいかずそのまま見るだけ、ってのは、自分たちの経験で考えても、その通りなのでしょう。するとYouTubeには曲出して、定額制音楽配信には出さないという、音楽界は完全に矛盾している気がします……。グラフ参照。

後、ソニーの姉妹会社問題は興味深くて、iTunesも、米国で遅くない段階で楽曲を提供しながら、日本では何年も後の2011年まで提供がなかったですね。

Spotify上陸でも、カギを握ったのが、ソニーだったと言います。

あ、あとYouTube問題は、この記事に詳しく載っていました。
https://newspicks.com/news/1638626

追記 日経も打ってきましたね。
https://newspicks.com/news/1711749
Spotifyが成功するかどうかよりもYouTubeが今のまま無料の音楽を提供し続けられるのか。コンテンツホルダに対して使用料を払わなすぎでしょう。一斉に引き上げる日がくる可能性も否定できないですね。
多すぎる権利者の弊害は至る所で見られる日本の問題です。
YouTubeで無料で音楽を聞いて、それで完結というのは感覚的によくわかります。ただ、YouTubeは曲のラインナップなどが不十分。スポティファイ的なサービスは需要はあるように感じます。
SpotifyのライバルはYouTube、というのは半分正しくて半分は違います。
YouTubeが浸透している他の国でもSpotifyは成長を続けているからです。

今のクリエイター側のスタンスはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を改正して、アメリカ全体、そして世界全体の権利の在り方を修正することです。
なぜならYouTubeを始めとした巨大プラットフォーム企業はアメリカ法で裁かれるために、DMCAが国境をまたいで機能してしまうからです。
グローバル音楽企業やアーティストが、iTunesの競合としてSpotifyを育てて、それが大きくなったのを見るやいなや、さらに大きな問題を解決するのに使うのは本当に凄いです。
Spotifyは知ってもらうことから始めないといけません。NewsPicksではそこそこ話題になっていますが、Spotifyの事を知っている人、どれくらいいるのでしょう。
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment (Japan) Inc.、略称:SME Japan)は、ソニーグループの完全子会社であり、ソニーグループの音楽系事業統括会社(中間持株会社)。 ウィキペディア

業績