新着Pick
681Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この記事では「IoTが身近なところで変化が感じにくい根本的理由」を「すでに持っている製品を買い替えない」からだと言っているが、考えが浅いと思います。世の中の照明器具もエアコンも買い替えの需要で成り立っていて、ある耐用期間を経れば入れ替わるわけです。問題は現在の製品にIoT機能が付かないことです。ここが解決しなければいつまでたってもIoTが生活に浸透しないでしょう。製品に機能が付かない問題点はプラットフォームがないことです。孫さんもそこに目をつけてARMを買収しているわけです。それがIoTの現実と未来です。これが書かれていれば面白い記事になるでしょう。
人気 Picker
このデータを集めて、AIで解析して、何かの制御にフィードバックするというループは、この10年何度となく注目され、名前を付けられ、そして実現しなかった(今はこれがIoTと呼ばれている)。最近は、ネットで通信しやすくなり、コンピュータの性能とコストが良くなったので、基盤の整備は進んできた。
 しかし、何かが足りないのだ。それは、そのサービスの目的(アウトカム)の定量化である。AIは目的を与え、データから実現手段を抽出する。目的の達成度合いを示す数値があると、俄然、すさまじい威力を発揮する。逆にいうと、アウトカムの定量化が行えないと、何を実現していいかが、わからなくなるのである。データは活用できないのだ。
 この記事で紹介されている例でも、アウトカムが明確でない例が多い。これでは回らない。よりアウトカムベースの取り組みこそが、この状況を突破すると思う。
 我々は、このために普遍的なアウトカムである「ハピネス」の定量化に挑戦してきて、遂に成功した。ハピネスを高めるために、AIもデータもどんどん答を出すようになった。パズルの最後のピースが見つかった。
まさに今、家の中 x IoT x Watsonにデザイン思考で取り組んでいるところ。「モノ作りではなく、ヒトを中心としたコト作り」が大事だけど、なかなか難しい。結局、コトとモノの視点、どちらも深い洞察とスキルが必要。だからこそ挑戦しがいがあり楽しい。
なお、IBMは"Watson IoT"でプラットフォームの覇権争いに参戦中。
http://www.ibm.com/internet-of-things/jp-ja/
矢野さんが書かれているとおり、アウトカムが重要。先日モデレータをさせて頂いたGEデジタルデイのパネルディスカッション(①)の最後の方にあるが、目的の明確化が重要。IoT導入は目的ではなく、手段。
数十年とアイディアはあるなかで、例えば②でコメントしたボイラーの三浦工業など、局所的な領域ではできていた。ただそれをもっと汎用的に、精緻にやるために必要なセンシング・通信・データ処理といった領域が制約条件ではなくなってきている。ただ目的を明確にすることの重要性は、今も昔も変わらないと思う。
https://newspicks.com/news/1677961/body/
https://newspicks.com/news/1681218?ref=user_100438
孫社長は15年前頃、社員大会で『IoT likeな世界の到来』を予見し、その領域で貢献する企業となることを社員へ訴えかけていました。

孫社長の仰っていた世界に近づいてきている。(現実との誤差があるのは当然です)
PC業界で一番長く競争優位性を維持しているのが、チップのINTELのレイヤー。IoTで半導体レイヤーが一番長く競争優位性を維持できる可能性にベットしたということか。
大手はいかにも儲かりそうな事しか手が出せない。
人間に普遍的なニーズはもうかなり満たされているので、どんなサービスが出てきてもピンとこない。
ニッチなサービスをやったものがちかなと。
この記事で一番欲しいと思った事例は、クルマを運転していて行先に一番近くて便利な駐車場を、料金もリーズナブルで停めやすい形を自動で選択してくれるサービス。しかも「たった今空きました!」があるとなお良い。

同時に、自動運転であればこうしたサービスも自動化されるのだろうと思った。そこに隠されたテーマは、「人間がシステムの一部に組み込まれる」のがIoTを効率的に普及させるカギということではないだろうか。IoTの目的が「便利と効率・効果」だと、いつの間にか人間の主体性・創造性が削がれる。

「テレマティクス保険」はわかりやすい例だ。IoTシステムに組み込まれたドライバーは、品行方正な運転をなかば強制される。それは社会システム全体としては良いことだが、「便利」のために一人ひとりの人間が払う「代償」は小さくない。近い将来、「IoT圏外」に身を置くことが非日常的な「特別体験」となるのではないか。
もうすぐそこまで来ている近未来のIOTの世界。記事を読んでるだけでワクワクする。日常生活でこんなのがあったらいいな〜と思う事が次々に実現していく世界。
タイトルの孫さんはほとんど関係ない、IoT入門編コラムです。
そういえばユビキタスってどうなったのかなぁ ちょっと言いづらかったから、IoTのがいいなぁ
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.7 兆円

業績

業績