新着Pick
395Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共和党幹部は、トランプを引きずり降ろそうとずーっと画策しており、それがみんな失敗し、かといって裏の手を使ったりして共和党大会で予備選で選ばれた候補以外を選出すると、1968年の民主党のような大瓦解を引き起こすおそれがある(http://www.enotechconsulting.com/blog/2016/7/24/451968)ということで、イヤイヤながらトランプを支持することになったわけです。

しかし、幹部に支持されない極論を吐く候補をそのまま出して共和党が大負けした1964年という前例もあり(http://www.enotechconsulting.com/blog/2016/7/19/441964)、どちらに転んでも共和党は苦しいわけですが、私的には、この1964年の「バリー・ゴールドウォーター」と同じことになりそうな気がしています。

<追記>
大統領選では順調にトランプが負けるでしょうが、問題は同時に行われる議会の選挙のほうです。こちらで、トランプが共和党幹部を「支持しない」という子供のケンカのような状態が現出しています。例えばポール・ライアンはトランプに支持してもらいたくないかもしれませんが、共和党が気が違ったような分裂状態となっていることに、共和党支持者が呆れてしまって議員も落選し、議会まで民主党が勝ってしまったら(今は共和党が多数派)、きわめてダメージは大きくなります。
さて、どうなることやら。Tanakaさんが本記事だけでなく英語記事もPickくださっている。
あと見出しが分かりにくい。『トランプ氏「が」撤退も視野』ではなく『トランプ氏「の」撤退も視野』のほうがまだ適切だと思う。火のない所に煙は立たぬなのでトランプ氏自身が撤退検討しているかもしれないが、本記事自体は撤退した場合の対処を共和党幹部が検討しているという話なので。
すごい展開。代わりにどんな人が出てくるのか分からないですが、共和党側も困っているということが分かりちょっと安心しますね。クリントン優位のようですが、特に彼女の政策がよいとも思わないので、まともな人がでてくることを期待します
タイトルがおかしい。誤りとは言わないが意図的曲解を狙ってるとしか見えない。主語はトランプではなく共和党幹部。

しかしそもそも、なぜ共和党はこの人を統一候補に選んだのか全く理解が出来ない。いくら党員や民意の支持があったとしても、党幹部が本気になれば回避する方法はあったはずだ。
トランプ問題の陰に隠れた、党の質的低下が問題の本質だと思う。
【国際】党大会が終わったこの期に及んでトランプおろしを画策しているというのはきわめて異常な事態であると思うが、もし共和党が本気でトランプ氏を大統領にしたくないのならば大統領選を捨てて、連邦議会選挙(下院は全数改選、上院は3分の1改選)のみに注力し、確実に勝利することだ。連邦議会選挙で勝利すれば、ヒラリーが大統領になったとしても、閣僚人事や大使人事、法案、予算案において共和党が主導権を握ることができる。何をするかわからない人物を大統領にするよりも、何をするかがわかる人物を大統領に据えて、ことごとくそれを実現させない一方で、法案や予算案で徹底的に大統領に抵抗する方がまだマシだろう。
現地取材されてるジャーナリストの方からも聞きましたが何度も繰り返されてる世論調査でもずっと差が縮まらないようですし、負けがみえてるならありえる。
共和党内部でトランプ氏の足を引っ張る動きがあるのでしょうか?

まあ、普通に考えればいるのが当たり前でしょうねえ。
特に彼の場合。
話としてはとても面白いですが、まずないでしょうね。
11月の本選に向けたメディア戦略だと思います。
ただ、いつもと違うのは、民主党はもちろん、身内であるはずの共和党からもnegative campaignをいまだにされているということでしょうか。

トランプ氏のブチ切れは、ないとは言い切れないでしょうが、
ここまで来て投げ出すことはないと考えます。
今更感ありますが、トランプ自身がここまで来て辞任を表明することはないでしょう。そして、誰か新しい人を出したとしても共和党にはヒラニーに勝つための戦略を立て実行する時間がない気が。Too late.
何よりもloserの烙印を押されるのが嫌なトランプ。最近の一連のオウンゴールからしてヒラリーに負ける公算が高まっているだけに、この選択肢はありえますが、諸々の事務的手続きからして共和党が代替候補を出せるのが9月1日まで。
朝日放送株式会社(あさひほうそう、英称:Asahi Broadcasting Corporation)は、近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者である。略称はABC(エービーシー)。 ウィキペディア
時価総額
301 億円

業績