新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こう言うベンチャーが出てくるとほんとうに素晴らしい。
単純に上場ゴールではなく、充分に資金調達をした上で投資を先行させて、赤字に振るのはとても意味の有ることだと思う。
日本のデスバレーは研究開発にだけあるのではない。成長企業が黒字にできる状況でPER何倍の世界で上場してしまうと、利益を成長させ続けなければならなくなり、結局思い切った投資ができない。
こう言うと、「いや成長が明確に見えてるのであればV字回復するから問題ない」と言われそうだが、現実的には投資を行うと数年かからないと効果が出ないものもいっぱいある。日本の投資家でもこれを理解してくれる人もいるけどマーケットは原則的にネガティブに反応する。
そうなると、経営者は利益を積み上げたほうが楽だから成長よりも利益ってことになり、ベンチャーからメガベンチャーに進まず、ベンチャーから中堅企業になってしまう。日本からメガベンチャーになれるのは投資先行型ではない企業にかたよるのはこのせいだと思う。
こういう企業がガンガン伸びれば非常に面白い。
取締役会や日々のコミュニケーションを通じて、松本社長や永見CFOをはじめとした経営チームの成長に対する強い意思をひしひしと感じております。高品質なサービスをより多くの人々に届けようとする点ではとことん貪欲ですし、冷静ながらも小さくまとまる気は微塵もありません。
日本の非公開企業に注目が集まり、これだけの資金が集まる環境が整ったということは大きな追い風ですし、その期待に応えることで、良い循環を目指していかねばと思う次第です。
ラクスル並びにハコベル、是非ご愛顧ください。
①が資金調達に関するラクスルのリリース。フィデリティの日本でのVCの状況を知らないのだが、フィデリティ投信という会社ではなく、「フィデリティ投信が運用する複数のファンドから」というのがポイントかと。「投信が運用するファンド」ということで、投資対象が上場株のファンドであれば、気になるところ(あるのか分からないが、VCファンドからの投資であれば通常のベンチャー投資)。
一方で、米国ではこういった投信マネーの非上場市場への流入が、バリュエーションの膨れ上がり、そしてそのあとの評価引き下げにもつながっている(②など)。
http://corp.raksul.com/news/seriesd_160804.html
https://newspicks.com/news/1433636?ref=user_100438
GMO VenturePartnersも前回、前々回に続いての出資となりました。我々は、VCの行動原理としてのシェア維持投資、をするだけではなく、ここからの投資倍率・成長速度・アップサイドを見ていますが、ラクスルは、ここからの伸びがすばらしい事になると予測しています。
オンライン印刷、というとすごさのイメージが伝わりにくいですが、マッチングプラットフォーム型の事業モデルとその執行力の高さが群を抜いている会社です。
タクシーも印刷も似た様な「コテコテ」の世界。
最初の3年はひたすら関係構築優先してきた成果が今の姿。
素直に尊敬!
メルカリさんやラクスルさんなど、いわゆるシリコンバレー的スタートアップな会社が増えてきて嬉しいですね。小さくまとまらずに、資金を調達して成長のスピードを稼ぐ。我々ソラコムもチャレンジを続けます!
ハコベルは良いよね
ラスクルは余剰資産を活用したビジネスモデルの好事例。印刷物の量は全体的に減少することを考えると、ハコベルのサービスに今後注力していきそうな気がします。
リンクアンドモチベーションの投資先でもあるラクスルが20.5億円の調達。

「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」という素晴らしいビジョン、松本CEOと永見CFO率いる素晴らしいチーム、ラクスルとハコベルという素晴らしいビジネスモデルという三拍子が揃った自慢の投資先企業様です。
既存投資家を含めた資金調達。2015年2月の40億円に続いて20.5億円の調達。
フィデリティ投信本体での国内スタートアップへの投資は公表されている限り初めて。
GMOインターネット株式会社(ジーエムオーインターネット、GMO Internet, Inc.)は、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業で、GMOインターネットグループの持株会社でもある。本社は東京都渋谷区桜丘町のセルリアンタワー内に所在する。 ウィキペディア
時価総額
3,224 億円

業績

株式会社オプトホールディング(おぷと、Opt, Inc.)は、東京都千代田区に本社を置く持株会社である。株式会社オプトをはじめとしたインターネット広告事業を行う企業を傘下に置いている。 ウィキペディア
時価総額
505 億円

業績

フィデリティ・インベスメンツ (Fidelity Investments) は、投資信託の販売・運用会社。エドワード・ジョンソン2世が前身のフィデリティ・ファンドに主導権を確立して以来、同族経営が続いている。ミューチュアル・ファンドだけで300以上の基金を持ち、2500万人以上の投資家との取引がある。運用資産額は2016年現在で2.1兆ドル。 ウィキペディア