新着Pick
814Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いい話だなあ。日本人スタッフの功績があったのですね。
久々に世代を超えて世界中を巻き込む"ブーム"ですね。
この間、新宿御苑前を通ると閉園後にもかかわらずすごい人だかりでした。
見てると、おじさん世代がかなりいます。

1,おじさん世代は収集が大好き
2,週末出不精のおじさんも、ポケモン集めに散歩するようになった
3,おじさん世代が若者と話す話題ができた。
または、"ピカチュウ、ゲットしたぞ"などの会話ができる。
4,近所に気づかなかったポイントがあって、ブラタモリ状態になる。
5,夫婦の会話が増えた、笑。

意外といいことだらけ。あとは、ルールを守って節度を持って楽しみましょう^ ^。
News Picks の プロピッカーに参加させていただくことになりました。できる範囲でやってみますので、よろしくお願いします。

最初はこの記事に。ジョンの名誉のために(笑)言っておくと、このレベル5は正式版がローンチされてからインタビューまでの話です。フィールドテストではヘビーにプレイしていましたし、チームにもいつも自分でプレイするように促してます。ちなみに、日本法人社長の村井は、フィールドテスト中のNiantic内ランキングで2位になるほどやっていました。

感銘を受けたのは、株式会社ポケモンの石原恒和社長で、フィールドテスト版から相当ハードにプレイされており、ご自身もE3でおっしゃてましたが「かなり優秀なテスター(笑)」。この石原さんも、また、ポケモンGOの世界観や音楽を担当された初代ポケモンから携わっているディレクターの増田順一さんも Ingressのハイレベルエージェントで、まさに自身でプレイし、楽しむことで見極められています。

ナイアンティックは成り立ちもメンバーもかなりユニークな組織だと思います。このインタビューではジョンがかなりぶっちゃけてますね。落ちこぼれクラスみたいな感じですが(笑)。独立するとき、Googleは信じられないほど素晴らしいサポートをしてくれました。巣立たせてくれて感謝しています。
実は、わたしも「研究目的で」結構やり込んでおり、すでにレベル21になっており、今でもライチュウをまったり育てているのは、秘密です。

は、さておき、真面目な話をすると、ポケモンGOに必要なのは、オペレーション能力ですね。これはコンソールゲームとモバイルソーシャルゲームのいちばんの違いでもあるのですが、一度ローンチした後に、そのゲーム内をメンテナンスして、たえずイベントを打ち込んで、変化していくユーザーバランスに合わせて、ゲームバランスを調整していくような作業であり、そのための体制です。

日本の代表的なゲームベンダーにはあるのですが、これまでの動きを見ている限り、まだその能力があるようには思えません。たとえば、グリーやDeNAなどのブロックバスターが何年も遊ばれるのはそれが理由なのですが、それができるか、それがポケモンGOの最大のチャレンジでしょう。
ポケモンGOが世に出るまでこんな波乱万丈とドラマがあったのか。グーグル社の中で評価されず独立の道を選び、日本人部下を通じてポケモンとの邂逅。ポケモンGOよりスリリングだ。つくった本人が忙しすぎてレベル5とは笑える。私はレベル12になった。
こんな背景があったんですね。面白かったです。
10日ほどやった感想ですが、自宅でできることがほとんど無くて、電車の中でもできることは限られているので、そのために外出する必要があって、子育て中の身にはちょっと向いてないなぁという感想です。リアルタイムでポケモンやってた大学生くらいが一番のターゲットですかね。
"その後、ハンケにとっては最初の位置情報ゲーム「イングレス」を2012年にリリース。コアなゲーマーには人気だったが、グーグル社内での評価は芳しくなかった。(中略)
ポケモン関連商品の累計売上は2016年5月時点で450億ドルに達する"

社内(組織内)評価が著しくなくても諦めない。その結果がまさにポケモンGOなのですよねぇ。。。
Niantic川島さんのコメントで、一層実情がわかる!正式リリース後ではレベル5でも、テスト段階ではスーパーボールを投げたことはありそう(笑)
逆に、周りのレベルが高くても楽しめる方法も実体験することで、これからどんどん進化させてくださるのではないだろうか。期待!
自分も分析業務上、やはり現地現物実体験は重要だと考え、日々勤しんでいる。あくまでも業務のためです。あくまで…(笑)
素晴らしい業績
Googleアースからイングレス,ポケモンGOにいたるジョンハンケストーリーとして語るべきなんだろうなぁ.川島さん最高.
「東京バス案内」というゲームを1999年にリリースし、その後3DMapをリアルタイムで自動生成できないかと大手ゲーム会社と純正カーナビ関連会社と研究プロジェクト進め、その後航空測量会社とも研究開発をしてた時にKeyholeを知り、可能性を感じました。

残念ながら我々のプロジェクトは研究、試作開発だけで終わってしましたが、3DMapでドライビングゲームやスカイプレイなどでも企画しました。

懐かしい。。。次の動きに注目します。

余談ですが、
<航空測量のGoogleMapの建物は、高さはあるけど階数が無い>
<人海戦術のゼンリンの建物は、階数はあるけど高さが無い>
いまはどうかなぁ〜
Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。 ウィキペディア