新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この技術が普及すればコストが大幅に下がるので「花の値段」が安くなるでしょう。

「花に囲まれた生活」が楽しめるかも・・・。
モンサントは、技術は素晴らしいのだろうけど、時折目的と手段が入れ替わった本末転倒なことをしているように感じる。
せっかくの技術と優秀な人材がいるのだから、これからの農業に従事する人たちのことを考えて手を打ってほしいと思います。
「花のアンチエイジング」と言うネーミングが、次の新商品開発を想起させます。怖いニュースです。この企業は何処に行きたいのだろう。
花が長持ちして、廃棄のコストも下がるのも確かでしょう。

しかし、花は枯れるからこそ価値があると感じている人が多いのではないでしょうか。
生花と見間違えるような造花であっても、造花だと分かった瞬間に、なんだ造花かと。

枯れない花が一般的になれば、花ではない別の何かを人はプレゼントしたくなるのではないでしょうか。
「しおれない●●」の開発を希望。
消費者の立場からすれば、花はしおれ、人は老い、思い出は美化される。それでいいんじゃないかと私は思うのだけど。ビジネスマンとか科学者は、このニュースにわくわくするんだろうか。
モンサントか・・・
回り回って我々の食生活や健康に影響が無いか心配、というのは過剰反応でしょうか。
そのうち、枯れない美女とかね〜
モンサント社 (英:Monsanto Company、NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクールに本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。 ウィキペディア

業績