新着Pick
68Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタが出資したのはUberの走行データへのアクセスのため。Uberドライバーのかなりの割合がトヨタ車を使用しているものの、データはUber独占だったため、Uberから求められた出資金額より二ケタほど少ない金額でアクセス権を得た。
当然、日本のタクシー業界は大反発。全国ハイヤー・タクシー連合会に豊田章男社長が出向いて、トヨタを信頼してください、絶対に裏切りません、と伝えたらしい。
これは今後の自動運転にも絡んでくる話で、日本では自動運転のタクシーに乗って事故が起こった場合、自動運転だとわかっていて乗ったのでしょう、と利用者に全面的に責任を押し付けることは非常に難しい。となるとメーカー側はPL法が気になってそもそも自動運転車を作ることがリスクの面から非常に難しくなる。そこで利用者と自動車メーカーの間に入ってもらう事業者が必要となり、それはタクシー会社等になるだろうから、自動車メーカーとしても誠意を尽くさないといけないということになる。
また、どのみちいきなりレベル4にはいかないので、レベル3とかであれば運転手の同乗は必要。
トヨタの出資額は小さく、提携もトヨタ車をリーズナブルにリースするという大したことない内容。おそらくイクスクルーシブでもないだろうし、開発まで共同でやることは体質的に難しいだろう。トヨタにはカネも人もあるのに、思い切った手を打てないのが限界なのかもしれない。
Uber・トヨタ連合は単に車両の提供だけでなく、自動運転車の開発まで踏み込んでほしい。そうでなければどちらもグーグルに対抗できない。
いや、GMと比べるとトヨタのシェアリングサービスとへのコミットメントは天と地の差。現時点ではGMと比べるのもおこがましい。
これは興味深い記事。
いわゆるUBERのようなシェアリングエコノミーがタクシー業界だけでなく自動車産業の構造を一部変えてしまうのではないかという議論もありますが、トヨタさんも手をうってるんですね。
自動車の所有欲が無い人にとっても、自動車業界は便利な移動手段を提供するサービス産業と考えれば、実は事業の選択肢が増える可能性もあるわけで、車を売るよりサービスの利益率の方が高くなるというケースもある気がします。
日本ではあまり普及してないから、どうしてもピンと来ないんですが、このトレンドはやっぱりしっかり勉強しといた方が良さそうですね
さらにVW・Gett連合というのもアメリカでは生まれた。争いは激しさを増す一方。
おお、今更ながら他の人が書いているように、車両の提供だけなのか。是非自動運転に踏み込んでほしい。実はやってるんじゃないかなぁ。今度聞いてみよう。
GMの自動車はただで、売上から払うというモデルはいいね。
自動運転になれば、車の運転を人の脳ではなく、人口の知能が行う事になり、そうなると脳の仕組みよりも蓄積した地図や位置情報のデータの方が重要になるので、その分野に秀でたプレイヤーとシナジーを生める業者が生き残ると思います。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績