新着Pick
536Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常に良くまとまっている記事。サイバネ協議会まで言及しているとは。
これをApple Payの発表時からずっとFeliCa端末経験者の立場からコメントさせていただいておりましたが、ようやく記事が。
NFCも担当させていただいていた身として、現行NFCでは仕様上絶対に改札の要件はパスできません。記事にもあるよう日本でNFCの速度を許容したら改札で大渋滞が起こるでしょう。
読み取りが早いだけでなく精度も高いため、NFCではエラー発生でゲート通過できない事例も今のFeliCaよりも多発します。
日本の交通系ICカードのインフラはとてつもない技術。記事中には1分間に60人が通過とあるが、実質は0.2秒ごとに改札の処理が可能という。日本ほど多様な路線や複数の鉄道会社が連結しているところはないが、乗り継いでもその合計運賃を一瞬で計算して、改札のこっちからもあっちからも出入りする客を0.2秒毎にさばく。
駅の乗降客の世界上位を独占するほど日本は駅の国であり、そのどこでもこういうインフラが整備されていることが凄みであって、世界にない空前の利便性を損なうことはあり得ない。それをガラパゴスと呼ぶなら、ガラパゴス万歳だと思う。
Apple Pay様、がんばってください。
まあ結局こういうインフラは世界標準みたいにはならんのだよなあたぶん
ApplePayを早く導入して欲しいとずっと思っていますが、日本の交通系ICのレベルの高さを痛感。日本の技術はやはり素晴らしい。
改札機に進入するときに手と体がほぼ同時か、急いでると気がはやって体が前に行く時もあります。
そんな時でも大概通過出来るのは、処理速度が早いから。
ロンドンの基準に合わせたら、人体検知のセンサーが反応し、アラームが鳴る確率は上がると推測出来る。

JRも反応速度を落とした状態での通過試験も当然しているでしょう。
その結果、やっぱり駄目なんだと思う。
LG、Samsungも日本ではおサイフケータイとFeliCaに対応させて販売しています。
Appleもやろうと思えば出来るはずだが、地域に合わせた調整をやらないのは、単なるAppleの怠慢。
Suicaはやっぱりすごいんだと実感。大都会東京の人の量を毎日さばいている。これぞメイドインジャパン!?
日本の厳しい要求仕様には、乗降客数が多い駅がたくさんあることに起因してたんですね。あの反応速度はとても優秀なので、ぜひ世界標準にしてもらいたい。
素晴らしい技術を発展させて、Suicaに機能を様々な機能を持たせて、インバウンド旅行者へよ利便性を上げる取り組みに期待。
へええええ!
面白い。全然知らなかった。
日本において通勤ラッシュの問題は致命的ですね
今日の夏野さんの記事見た後にこの記事見ると、FeliCaのAppleへの営業に課題があったのでは?という想像が頭をよぎってしまう。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.21 兆円

業績