新着Pick
1027Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スイス本社の役員会議に出席しながら、このNPの記事を読んでいるのも不思議な感じだ。テーマは「Accelarating Growth!」一点張りだ。中国やブラジルといったこれまで成長を引っ張っていた新興大国の経済成長がスローダウンする中で、成長鈍化がネスレの近々の課題だ。そんな中にあってグローバルのネスレグループの平均を上回る成長を果たす日本のマーケティングに、役員全員の視線が熱い。そんな日本に学ぼうとする視線がまたネスレの強さに感じる。異質に敬意を払いつつ、その異質を消化しながら同化させる力。それが出来てこそのグローバル人材か? ネスレの社内で「グローバル人材」という言葉を聞いたことすら無いのだが。
ネスレ日本の社長、高岡さんにインタビューをしました。ネスレで社長や役員になれるのは、他国でキャリアを積んだインターナショナルスタッフだけですが、高岡さんは、ネスレ150年の歴史の中で初めて他国でのキャリア無しに日本の社長に就任しました(海外でキャリアを積むことを拒み続けていたそうです)。

ネスレの中でも右肩上がりに業績を伸ばし続ける日本。日本にいながらにして、グローバルからお手本とされる仕事の仕方、考え方とは、「グローバル人材」とは何かを語っていただきました。
「グローバル人材」の定義が異なれば、会社の成長のベクトルも変わってきますね。ここでは、俗に理解されている海外で働ける人材ではなく、多様性を受け入れられるぐらい人に会い、その結果、気づいていなことを気づける人材になると理解すべきでしょうか?それが「当たり前のことを当たり前だと思わずに考えられる人」に繋がるのかなぁと思いました。
コーポレートガバナンスと多様性の関係を研究する私には学びが多い記事でした。多様性から考える癖…この辺りを何かの代理変数で表現できないかサーベイしたいところです。そして、高岡社長が大学の大先輩と知って勝手に親近感と、更に頑張りたいって気持ちが出てきました^^; もしかしたら神戸ってなんだかんだで多様性のある都市かも。
素晴らしい言葉。
海外にでなければグローバルな人材になれないとなんとなく考えていた僕自身にとって勉強になる記事でした。

「グローバル人材」という言葉を定義するなら、「当たり前のことを当たり前だと思わずに考えられる人」
この感覚を日本企業における海外人材に置き換えるとグローバル人材の採用のイメージがつくりやすいです。日本に来なくても海外各地で活躍している現地でのキャリアを作ってあげる。ネスレにそんな度量があるのでしょうが、日本企業はなかなかできない。
徹底的にローカルを見つめて考えぬくことがグローバル、ということかもしれない。素敵なおはなし。
面白い!日常の当たり前を疑う視点を持ち、きっちり背景を説明し、互いに分かり合ったり、新たな価値を創りだすことができれば国内にいても十分グローバルになれるということ。質問したり、されたりってだから大事なんですよね。
この「グローバル人材」って、ドメドメな人に限って使う言葉の代名詞になりつつあるが、<ローカルでは当たり前のことを当たり前だと思わない>というのは、ひとつの前提と思う。裏返すと、<ローカルで当たり前だが強みに転化できることに気付けること>でもある。それすらも最近、典型的にはおもてなし文化のように、日本て素晴らしいよねモードのなかで、すぐに自己耽溺に陥りやすいが。
海外に身を置くことは、世界を知る一つの手段に過ぎず、それが自己目的化してはいけませんね。ただ、宇宙開発は地球の常識が通じないので、ユニバーサル人材が必要です。と、グローバル人材の定義も曖昧なうちから煽ってみる。
ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア

業績