新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
営業時間の短縮だけではなく、今後休業日の増加についても検討されるのでは。以前は毎週定休日がありました。ただ、定休日がなくなったことで、イベントの準備やウィンドーの切り替えが閉店後に行われるようになったと聞いています。遅くまで張り付く人が必要になっているということです。

三越伊勢丹は、今年から1月2日を休業日に設定していますね。

「時短をめぐっては、流通大手のイオンも関東1都2県の総合スーパー42店で3月から、開店時間を午前7時から8時に繰り下げた。」2012年から開始された取り組みですが、これは東日本大震災後の電力需給逼迫を受けて行われた措置。それが緩和できるようになったということも、理由としてありそうですね。
大企業がこういうライフスタイルの自由さを打ち出して、企業が人を採用していく流れはすばらしいと思う。
どんどんこういった企業が増えてきて、人々の働き方が自由になっていかないと。
素晴らしい。実は時短社員の生産性は
フルタイム社員より生産性が高い。企業、家庭、
国、全てよし。
働きやすさということがフォーカスされやすい一方で、僅か1時間の差が大きなコスト効果に繋がりやすいというのもあります。というのも、1日8時間労働の場合、ワンシフトで回せるのか、遅番早番で回せるのか、という境がちょうど今の営業時間(8時間~10時間営業)に左右されるため。この意思決定の裏側には時間帯売上とコストの分析などはかなり綿密に行っているはずだと思います。
かつての銀座和光なんて日曜祝日閉店という「優雅なお店」でした。

このような優雅な場所であったデパートの多くが、定休日なしの20時閉店になり、会社帰りの駆け込み入店者には便利になりました。ただそういう多忙な人は「24時間営業」のネット通販を多く利用するようになった現在、デパートは本来そうであった「ゆったり買い物をする時間のある方」相手になるんでしょうか。

人材確保はもちろん、「19時半からの売り上げがそうでもない」ということも一因な気もします。
働きやすさ、が評価されていく根底にあるのは「正当な評価」
これがないとただの絵餅

取り組み自体はもちろん賛成。絵餅にならないようなオペレーションを工夫してほしいです
使途を確保するためには仕方ないだろう。一方で、働くという事の価値観が変しつつある。やりがい、成長を感じられる、楽しさ、などが改めて大きくなってきているようだ。企業側も画一的な人事政策では優秀な人は取れなくなってきている。
三越伊勢丹の「正月初売り3日」もそうでしたが、シュリンクを前提とする内需セクタは労働集約型になりすぎないことが、本当に重要だと思います。
ジリ貧ですね。
働きやすさアピールで集まり、残る人材が本当に必要な人材なのだろうか。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,080 億円

業績

株式会社髙島屋 ウィキペディア
時価総額
1,923 億円

業績