新着Pick

東芝 医療事業子会社の売却へ キヤノンに優先交渉権 

NHKニュース
不正会計の問題を受け経営の立て直しを進めている「東芝」は、医療事業を手がける子会社、「東芝メディカルシステムズ」の株式の売却に向けて、大手精…
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
<シナジー>
割高な分の1000-2000億円分のシナジーをキヤノンとどう計算できるかだろう。生産技術や海外の販売に自信があるキヤノンは、そこで強化しようとするかもしれないが、経営重心®が異なれば、モノ作りも販売も別物であり、経営や運営は、任せておくことが肝要だろう。特に、TMSCは会計問題もなく、業績は堅調であり、なおさら。 おそらく、シナジー効果を出すとすると、TMSCそのものではなく、元来、東芝にあれば、そこで発揮しようとしていたIT部門とのシナジーに近いところ。ウェアラブルや、カメラ、OAなど、キヤノンの既存ビジネスの中に、どうヘルスケア的な知見を入れていくかではないか。それによって、キヤノンの経営重心®や、文化カラーに刺激を与え、多様化することが期待される。リースや、保守では似ている面もあり、そこでのシナジーは大きいはず。

<追記>
キヤノンのHPはまだだが、7日の説明会資料。医療では、遺伝子検査装置としてだけの記述。グラフにもあまり織り込んでない。
これまでは、コピーもデジカメもダメで、ずっと横這いだったが、この1年でAXIS買収もいいし、トッキ、アネルバ、新規が育ってきた。
http://web.canon.jp/ir/strategies/event.html

<元>
東芝からも適時開示。優先権を与えた。優先交渉権の締切は3月18日。
富士フが有力との見方が多かったが、①企業価値評価額、②手続きの確実性(独禁法クリヤと、カネ払い)から。似た製品もあり、東芝側の独自性がでない可能性もある富士フより、医療の売上が小さく、独自運営が
でき、また、すでに、トッキ、アネルバ、マシナリ、などで実績があるキヤノンがいいのだろう。

また、同時に、東芝医用ファイナンス(TMSC35%、興銀リース65%)の、興銀リースからの買取を発表している。

医療ビジネスは、リースが重要。病院などでは鍵になる。
ここを、キヤノンがどうするかも重要。
まずは東芝再生への第一歩ですね。軍資金がないと構造改革費用も出せませんから。

〈追記〉
このディールを纏めるのが、銀行からの繋ぎ融資を3月末に得るための条件だったですね。
ちょっとひねくれた見方をすれば、御手洗氏が経団連の会長をやっていた恩恵が、ここで出たかもしれない。もちろん、ディール案自体で優先交渉権を得たところはあるだろうが、心証形成としてはこういった部分も重要な世界だと思う。
これでディールDoneとなっても、キヤノン自体の財務体質は極めて良好。また既存事業もらくてんぱんだ好きさんがコメントされているように、衰退期に差し掛かろうとして入るものの、利益創出を大きい規模でしている。一気に周辺領域を財務の強さを武器に一気に買収進めるだろうか?
どの程度、のれん代がキヤノンに発生するかは現時点では正確には解りませんが、当然、大きければ大きいほど、東芝の売却益は大きくなる。のれんの恨みはのれんで返す、違うか。。。また、7000億円は東芝に払われるのであって東芝メディカルの成長投資資金は更に別に必要になる。GE、フィリップスと戦うことや、医療機器のダウンサイジング化(メインフレームからパソコンへ)に対応するために、それなりの投資が必要だろう。キヤノンの負担は大きいが頑張ってほしい。
東芝は、東芝メディカルの売却に関して、キヤノンに優先交渉権を与えたとのこと。当初の情報通りの展開。
なお、独占交渉権の有効期限は3月18日まで。
http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20160309_3.pdf
人口100万人あたりのMRI、CT所有数は、日本はダントツで世界一位。すでに普及し渡り、社会保障費削減に進む中、これ以上の国内販売は見通し厳しい。
http://www.oecd-ilibrary.org/sites/health_glance-2013-en/04/02/index.html?itemId=/content/chapter/health_glance-2013-33-en&mimeType=text/html

一方海外は、シーメンス、フィリップス、GEの、世界3強との競争は熾烈。
7,000億円の回収は難しい。キャノンは背伸びしすぎたように思う。
トプコンといい、東芝メディカルシステムズといい、大事な虎の子を手放してますね。残るは先行き不透明な原発と市況ものである半導体。。。
のれん代が相当な額に上りそうだ。収益性の高い新しい商品やサービスを開発しない限り、財務的には正当化が難しい投資かもしれないが、新規事業を生み出すてこにするために、財務的リスクをとったと見たい。
3月末に間に合うとは思いませんでした。
これで東芝の年度末の決算がどうなるのか注目です。
原子力事業(WH)の暖簾を減損するのでしょうか。
キヤノンなんだ(´Д` )医療は富士フイルムのほうが際立つが
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(キャノンメディカルシステムズ、CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)は、キヤノングループの医療機器メーカーである。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社(とうしばメディカルシステムズ、TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)で、東芝グループに属していた。 ウィキペディア
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.37 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.05 兆円

業績