新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融村の有力ピッカーさんのコメントに専門用語が多いので、皆さんに真意が伝わってないのではと勝手に心配。解説を試みるワン。

まず、LBOローンとは、Leveraged Buy Outの略語です。直訳すると、「テコの原理を効かせた買収」。
企業買収を行う際に、買い手の自己資金(Equity)だけでなく、銀行から借り入れ(シニアローン)も行うことで、買収資金を大きくするスキームのことです。
自己資金を元手に、財務レバレッジを効かせる(=借入金を加える)ので、Leveragedなわけです。

安東プロがおっしゃったのは、このLBOローンは買収対象企業の株式を100%取得するときに使われる手法なので、買い手の自己資金だけで買われる場合よりも(借入金が加わる分だけ)買収価額がつり上がる可能性があるということです。
LBOローンが100%取得の場合でなくてはならないのは、例えば50%しか取得できない場合、残りの50%を持つ株主の財産分与の権利が残るために、銀行はローンを出せないという判断になるため。

銀行としては、買収対象の企業の将来キャッシュフローや資産査定額を元に買い手(正確には買い手が出資した特別目的会社)に資金を貸し付けるのであって、そこに債権者である自分よりも優先される(例:配当を受け取る)立場の別の株主がいると計算が狂うのです。

銀行からの借り入れ(Debt)は、買収対象の会社のキャッシュフロー(PaulさんはEBITDAという数値を挙げてます)の何倍までみたいな基準で限度額が決まります。
そのため、いくらLBOローンで買収資金が増やせるといっても、値段がどんどん競り上がって、「本来の自己資金+銀行から借り入れ可能な金額」を超えていくと、そこから先は自己資金の予算を増やす必要が出てくる。
すると、買収資金に占める自己資金の割合が再び増えていきます。

つまり、ある限界点を超えると、財務レバレッジ(銀行借り入れの活用度合い)は下がり始める。
この辺りのことをPaulさんとAki Moriさんは説明しているわけです。
ちなみに、Aki Moriさんが言及している「メザニン」とは、自己資金(Equity)と借入金(シニアローン=Debt)の間に位置するような資金調達で、優先株とか劣後ローン等を指します。

【追記】Paulさん、ありがとうございます!それは摩訶不思議。
King HIDIEさん、LBOファイナンスの一般論として、デット・キャパシティ(レバレッジ)はFCF x年分(キャッシュフロー基準のレバレッジ)とD/Eレシオ(有利子負債とエクイティのバランス基準のレバレッジ)の両者を勘案して決まります。

買収価額(Total uses)が増大し続けたとき、FCF基準のレバレッジとD/Eレシオ基準のレバレッジを比較すると、どこかでFCF基準がキャップとなり(買収価額が増大してもFCFは増えないため)、有利子負債キャップ以上の必要資金はエクイティ又はメザニンで調達せざるを得なくなります。これが「価格が高くなると、エクイティ比率が高まる」の意味するところかと思います(例外はあります)
全株売却になると、レバ(LBOローン)が効かせられるため、一気に価格レンジが上がる可能性があります。それなら100%ベースEquity Valueが5000億を超してきても然程の違和感ありませんね。
全株売却か…そのほうがコントロールはやりやすいし、事業的には良い印象。一方、当初は過半数だったのが全株となったのは、バリュエーションが想定より良いからか、それとも資金の厳しさと合わせてシャープ・Hon Hai(まだ不確定な状況だが)によって、家電再編が遠のいて、こっちからキャッシュを作らざるを得なくなったからか…
<追記>
ところで、これは、偶発債務とかはないのかな?単独しかないが。
フィルムは、一度、決めたら、とことん、やるそうだ。
高くなりすぎると将来は負担多い。

<元>
PBOも悪化為替調整勘定もあろ背に腹はかえられないのはよくわかる。
富士フが一番大きい金額を出しているという噂はあるが、①金額②独禁法③PMI後の成長、だから、まだ、カネだけではない。
ほとんど金融関係のコメントが出尽くしていますね。
付け加えるとしたら、LBOは買収対象の企業のキャッシュ・フローと資産を担保に借り入れ、自己資金と合わせてその企業を買収するものです。ノンリコースローンのようなもの。ですので安定してキャッシュフローがでるビジネスをしている企業がLBOでの買収対象になりやすいです。

EBITDAの何倍という議論も重要ですが、研究開発費がどうなっているのかが非常に気になります。実際のキャッシュ・フローはどれだけ出ているのでしょうか。
全株売却となると、東芝からしてみると想定外に高値で売れそうだ、ということではないかと思いますが、そうなるとEBITDAと実際のキャッシュ・フローには乖離がありそうな気がします。一方で、この手の会社は研究開発費能力にも高い企業価値がありそうで、LBO案件としては悩ましいところです。
当初過半数の売却の予定が、全株売却になった。本来妥当な価格よりも高い価格に、名前が出ている、富士フイルムホールディングス、キヤノン、コニカミノルタ、コールバーグ・クラビズ・ロバーツの4陣営は参加するのだろうか。
ーー
買い手が当初想定していた買収価格は4000億円程度(全株式取得の場合)だったが、ある関係筋は「6000─7000億円に価格がつり上がっている」とも指摘している。別の関係筋によると、東芝メディカルの妥当な価格は本来、4000─5000億円とみられている。
Sharpのような地雷はなさそうだけど実際はどうなんだろう?医療だから訴訟案件はいくつかかかえていると思われる。米国は要注意。
売上高 2,800億円、経常利益 222億円の会社に、いくらなんでも7,000億円は高すぎ。海外ファンドしかし手を出せない。
東芝とシャープの皆さんのコメント読むだけでスゴイ勉強になるんじゃないかと気が付いた。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(キャノンメディカルシステムズ、CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)は、キヤノングループの医療機器メーカーである。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社(とうしばメディカルシステムズ、TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)で、東芝グループに属していた。 ウィキペディア
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績