新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TGCにせよバーバリーにせよ、こういうのは特に新しくなくて、これまでも「受注会」といって、シーズンより約半年前に商品サンプルを見て先行予約できるような催しはありました。
それが「ファッションショー」という別のリアルイベントにも広がってきただけ。ごく一部の業界人が対象というのも従来通りだし。

ただし、従来の受注会の良さを不特定多数のユーザー向けに広げようとしている企業がいます。
ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイです。
知ってる人もいると思いますが、特定ブランドの商品、今の時期だと4月頃に入荷する春物商品の先行予約販売をしています。
人気があるブランドだと瞬間蒸発することも。売り切れ御免の予約販売です。
最大の受益者は計画生産できて在庫リスクを抑えられるアパレルメーカーです。
ZOZOTOWNの予約商品に関する販売データは非開示ですが、毎年着実に売上を伸ばしています。

ここまで来ると、サプライチェーンそのものに好影響を与えるレベルになります。
ZOZOTOWNはECプラットフォーマーとしての品揃えとか物流が注目されることはありますが、メーカーやブランドをも巻き込んだファッション業界の革新者としての取り組みにも要注目です。
(なんかここ数日、アパレルについて語ってばかりいる気がするワン)
東京ガールズコレクションでは、リアル連動販売既にしてますね。ランウェイで見た服をその場で買えます。ショー終了後となると、消費者が購入するか否か考える余裕があり購買行動に変化がありそうです。ただ、バーバリーなどのラグジュアリーブランドを買う人は、ショー中でも後でもあまり行動に変化はないかもしれませんね。
今回のNYコレクションは混乱しております。レベッカ・ミンコフなどは秋に発表した春夏コレクションを再び登場させたり、シーズンが混ぜこぜに見えている印象です。過渡期ですね。
これはNYは特にリアルクローズ寄りのコレクションだからです。
パリ、ミラノにも影響がどの程度広がるかが今後ポイントになります。

SNSが伝達手段の中心になると、発表して瞬時に世界中に伝わり、情報の鮮度が短くなる。だから、ショーで発表したものを半年後に雑誌で見る事や、売り場で買うことはこの時代では矛盾を持ってしまう。
この変化がたった1年で起きてしまっていることが驚きです。

SNSという手段でブランドが直接拡散させ、直接売れる時代になったからこその流れなのです。

TGCと一緒に語る部分もあるけど、今のTGCは服を売る場というより、ライブイベントに近いです。スマホで服を買っている子はほとんどいなくなりました。
女子はモデルやタレントを見に来ている印象です。

来週からミラノ、パリコレクションに行ってきます。この現場を生で見てNPでお伝えしたいと思います。
昔はランウェイを横で見てるお金持ちかバイヤーしかすぐ買えなかったんだよ.それが買えるようになる,VRで見れるようになる.貴族社会の民主化だ.しかし,忘れてはいけないのは,貴族はそこにいてランウェイを見てる現実もちゃんとあるってこと.見立てを外せば貧者のVRでフォロワーからなけなしの金を奪うビジネスだ
バーバリーは全てのアイテムがショーの終了後に即購入できるように。ファッション業界のサイクルが根底から変わり始めていますね。
見たら買える! 発表したら買える! ファッションショーも、ファッション雑誌も、その方が良いに決まってるんだけど……。それだと、先に作らざるを得ないから、売れないとゴミになるリスクがある。だから、見たら、着て試せて、予約出来るがベスト。環境にも、優しい!
TGCはずっと前からやってるよね
内容的に「マス」ではないですが、逆に売ることに主眼を置くと「どのようなファッショショーをすると売れるか」にシフトするので、ユニークなファッショショーが増えるかもしれないし、音楽業界がフェスなどのイベントドリブンにシフトしたように、衣料業界がファッショショードリブンになるかも?
ますます卸業者の付加価値が無くなる。

ファッションウィーク参加ブランドが一括でオンタイムにしてくれるならいいけど、バラバラならバイヤーのスケジュールってどうなるんやろか…。。
バーバリーの動きが注目されていますが、ファッション業界全体に「すぐ買える」取り組みが盛んになっている。こうなってくると、コレクションまでのサイクルも変わってくると思うので、裏側のスケジュールは劇的な変化を求められそう。日本のブランドもつい付いていかないと大きく遅れをとることになりそう。

業績