新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改めて業績を比較すると、Honhaiの巨大さを認識しますね。売上だけであればGEをも超える。
売上高合計 当期純利益 時価総額
サムスン 20.76 2.32 14.17
Hon Hai 14.68 0.45 4.22
GE. 14.22 (0.74) 33.28
日立. 9.77 0.22 2.25
ソニー 8.22 (0.13) 3.02
パナ 7.72 0.18 2.11
東芝 6.66 (0.04) 0.71
LG. 5.94 0.04 0.89
富士通 4.75 0.14 0.80
三菱電機 4.32 0.23 2.31
Philips 3.00 0.06 2.60
日本電気 2.94 0.06 0.73
シャープ 2.79 (0.22) 0.28
Haier 1.15 0.04 0.52
単位: 兆円 直近年度
出所 SPEEDA
「ホンハイがシャープの虎の子の技術を狙っている、というような見方があるが、技術を海外企業に渡したくなければ、初めからホンハイの提案など受けず、自ら自力更生の道を選べばいい。そのための時間はシャープには与えられたが、結果を出せなかったため、今日の苦境を迎えている」。ホントその通り。ただ、テリー・ゴウの下で活躍できるシャープの社員は少なそう。
鴻海が目的としている技術はいくつもあるだろうが、モジュール技術でいえば、カメラモジュールとLTPS液晶パネルモジュールの製造技術といってよいだろう。

シャープのカメラモジュール事業はシャープの折りたたみ携帯電話が出てJフォン向けに写メールが流行ったころからの名門事業であり、直近でも売上高3000億円くらいある。先ごろ、ミネベアと一緒になったミツミ電機の全体の年間売上の倍ほどもある事業だ。また、iPhone向けには指紋認証用のTouch IDモジュールの製造も手掛けている。iPhone向け組立事業に取り組む鴻海からすれば非常に欲しい事業だろう。鴻海もカメラモジュールはiPhone向けに供給しているが、主要サプライヤーの座は得られておらず、旧機種向けに細々と供給しているのが実態だ。

シャープの液晶パネル事業については既に語りつくした感もあるが、LTPSの前工程のプロセス調整は非常にアナログであり、シャープ、LGD、JDIで全世界供給量の大半を占めている。台湾メーカーも再三再四、このLTPSの量産にトライしたが、この上位3社の牙城を全く崩せないほどには品質の差があるようだ。今回の買収で鴻海はiPhone, iPad向け液晶パネルモジュールの一角を占めることができるようになる。
iPhoneでいえば、LGD、JDI、Foxconn、
iPadでいえば、LGD、SDC、Foxconnという時代が来るということだ。(OLED化で2018年以降はどうなるか不明だが)
また、記事中の記載について。
会社単位で言えば、トヨタ以外にも鴻海よりも大きい会社は日本にはあるだろう。製造業というくくりで見れば、ホンダは14兆5500億円ほどもあり、おおよそ同等の規模だろう。(為替で前後するが)
ただ、残念ながら、電機系では売上面では全くもって勝負にならない。
また、鴻海にはこれまでも多くのTV工場が売却されており、各台湾EMSは日本の製造業撤退時の工場売却先の受け皿になってきた。この点は無視できない点だろう。
合わせて読みたい。
今日の日経の記事
https://newspicks.com/news/1389174

台北市場科技大槻さんのテリー・ゴウインタビュー記事(必読)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/020500017/
郭会長は現役にして既に立志伝中の人になっています。ただ、社員に対しては、これが日本であればほぼ確実にブラック企業のレッテルを貼られてしまうでしょうね。それにしてもこれだけの会社を0から作り上げたのは尊敬に値します。創業者が偉大すぎる後継者となる方は大変でしょう。
タイミングも内容も良いまとめ。
下記引用、Appleの製造の主力を担う基幹工場に迄成っているのだから、それはそうでしょうねぇという感じ。日系メーカーもそこで働く社員も、これから何を勝ちカードに勝負して行くのか、よくよく考えて進む道を決めて行かないといけないですな。

「特に社員に対しては血尿が出るほど成果を猛烈に要求するスタイルで、幹部の離職率は非常に高いと言われる。その一方、能力があり、努力をする社員には若くても高額の報酬で報いる。グローバリズム資本主義の申し子のような人物であり、老舗ののれんにこだわる日本企業には容易に理解できない「異世界」の人物なのである。」
いくつかバランスをとるためにコメント。まず記事に「経済合理性からHon Hai案が優れる」とあるが、銀行にとっては確実にそう。一方で、シャープにとっては資本注入は大きいと思われるが、債務は残る。あと株主にとっては、結局希薄化率が問題であって、そこは不明。まぁ、社外取締役がHon Hai案に傾いているという点から、総合的に株主利益にHon Hai案のほうが資するのだろうという推測しかできない。
業績に関してはKing HIDIEさんがコメントされている通り、規模が命。ただ規模があるから、製造技術が鍛えられているのは、iPhoneなどの仕上がりからも分かること。ただ、スマホがサチっていくなかで、規模が伸びなくなったときにどうなっていくのかというのは経営課題だろう。
そのなかで、シャープの経営にとって資本集約的なパネル事業は極めて厳しい状況。一方Hon Haiから見た時に、液晶も重要な要素だろうが、kikidiaryさんがコメントされているような、カメラモジュールなどがある。あと、個人的に気になるのはコピー機事業。Hon Haiから見た時にスマホ成長がサチるなかで、こういった他の製造要素技術や、付加価値率が高い自社ブランド事業ができるというのは、ほしいところだろう。ただ自社でブランド事業手掛けることによって、規模が大きくなれば、顧客がほかのEMSに委託するだろうことも想像されるが、それは更に先の話。
「ホンハイ=下請け」という印象が強く、日本の家電メーカーよりも小さな存在という印象を持つ人が多いと思う。ホンハイの時価総額よりも大きい企業は、日本にはトヨタしかないということは驚き。
一代で100万人を超える従業員数の会社を立ち上げた人物。
興味深いのは、決してハイテクやITではないというところでしょう。
サムソンに対抗するブランドが欲しいホンハイとしては、シャープのブランドを買えるのは魅力的に映ったのだろうか?

シャープの持っている技術がしっかり活かせる環境を整えてくれるといいなと思う。一代でここまでの企業を作るとは本当にすごい。松下幸之助をふと思い出した。
カメラモジュール、コピー、白物家電の要素技術、はほしいだろう。

既に、鴻海傘下に、矢野さんもおり、NIDECの片山さんや広部さんからもアドバイスはもらっているだろう。

業績

業績

シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績