新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、10数社ではないか。
BtoCもない。富士はスタイルが違う。過去もうまくいかないことがあった。
医療器の外資はあり得ない。霞が関も反対。
KKRはありうるだろう。
日立はちょっと難しい。
ソニー、オリンパス、キヤノン、日本光電、なども関連する。
8割という説は初めてきいた。

一番いいのは、KKRやDBJなどが買い、そこで、更に、他の日本企業を買って国内再編、1兆円クラブをつくること。
PEに8割を実質譲渡し、売り手の元親会社が2割の持分を維持するのは、KKRによるパナソニック ヘルスケアの買収スキームと同じです。パナソニック ヘルスケアはオーナー変更後も商号を維持しています。
ちなみに、KKRはグローバルでコーポレート・カーブアウト(コングロマリットからの事業切り出し)を得意としています

参考: パナソニック ヘルスケアのプレスリリース
http://news.panasonic.com/press/news/official.data/data.dir/2013/09/jn130927-2/jn130927-2.pdf
昨年12月末時点での報道は①。1月後半にも入札、少なくとも51%以上を売却。とはいえ、8割というのは思ったより大きい。関連して、②の三上さんのコメントも参照してほしいが、富士フイルムの医療部隊トップは東芝出身者。
https://newspicks.com/news/1323390?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1346527?ref=user_244137
もし、金額で上回っているにもかかわらず外資勢が退けられたら、シャープの件と合わせて欧米メディアが日本の内向き姿勢を徹底して叩きそう。
日本勢では富士フィルム以外に、ソニーやキヤノン、日立製作所、コニカミノルタの名前が挙がっているとのこと。外資では米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が注目されている。東芝は、8割程度の売却とのことで、今後も関与を続けるようなので、技術、売却額など一番効果的な売却先を見つけてほしい。
中国医療機器市場を見れば、人口増加、高齢化の進展、所得増加による医療水準の向上を背景に、医療機器への需要が増加している。中国の医療機器売上高は2015年上半期、1080.92億元に達した。中国医療機器業界協会会長の趙毅新が「2015年医療機器の売上高が前年同期より14%増を遂げた」と語った。
 その一方で、医療機器市場は急成長を遂げているが、海外ブランドへの輸入も増加している。CEInetのデータによると、中国医療機器の輸入額は2001年の1,350百万ドルから2014年の8,300百万ドルへと成長した。
計測機器と画像処理の組み合わせは相性がいいです。画像処理を前提に装置の簡素化もできるし、超解像技術への発展も期待できる。M&Aのよさですね。
東芝は半導体や原発事業から撤退して、医療分野(トプコン含む)に経営資源を集中させるべきだと思うが。。。
医療系は安定成長できる分野ですよね。
詳しいこと分からないですけど、日本企業は例えば自社の医療分野と統合してアジアとかの市場もっと拡大すればいいのにって思います。
素人考えかな?
KKRね。現状を考えると買収金額が高くなるから現経営陣が組んでもIPOはできない。となるとM&Aで売却になるけれど、それであれば最初から富士フィルムなり日本企業に売ったほうがよい。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(キャノンメディカルシステムズ、CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)は、キヤノングループの医療機器メーカーである。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社(とうしばメディカルシステムズ、TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)で、東芝グループに属していた。 ウィキペディア
富士フイルムホールディングス株式会社(ふじフイルムホールディングス、英語: FUJIFILM Holdings Corporation)は、富士フイルムと富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.65 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.07 兆円

業績