新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パフォーマンス市場で培ってきたもの作りと日常生活にフィットするデザイン性を併せ持った商品を開発とのこと。
確かにミズノは性能はいいけどカッコいいって印象はないので、それを払拭してほしいね。
そして、写真の靴いいな。
ミズノ、個人的にはオシャレなブランドの部類で無いイメージ
でも、ブラジルではアシックス、ミズノはかなりいけてるスポーツブランド
デザインに期待
様々なメーカーがライフスタイル市場に展開してきている。ただ必要だから物を買うということが減ってきている。
スポーツブランドが「ライフスタイル」という言葉を使うときは、「競技用ではなく、日常で着たり履いたりするファッションアイテム」という意味です。念のために補足。
アディダスもナイキも、スポーツブランドの大手はこぞってライフスタイル領域へ触手を広げる。ミズノもようやく!という感じ。
甲高幅広なのでミズノとアシックスしか履けません。どんどんオシャレな靴を出して欲しい。ずっと前に伊勢丹で「幅の広い靴ありますか?」と聞いたら、「そんなの集めてるわけないでしょ」とバカにされた。
一生伊勢丹には行かないと思う
オニツカになれるか、というところか。かつてのスーパースターカテゴリを復刻したら、とは思った。スニーカーもランバードマークではなくM字の奴とか復刻したらいいんじゃないかな。オーセンティックに王道いってみれはよい。古い歴史あるブランドなんだし。
今後はシューズだけではなくアパレルでも水平展開し、コラボレーションなどにも取り組んでいく考え。

===

ブランドをどこまで広げられるか。
そして、
広げることによって薄まらないか。
今のスポーツ業界では王道のブランド拡張戦略。実際に独自色を出していくのは結構たいへんです。
とてもいいと思う。

一方、
それなりにレッドオーシャンなので、
ターゲットセグメントを明確にしないと、
埋もれそう。

特に、オニツカタイガーと何がちゃうねん、とか。
いきなり新興国とかでブランディングしてしまう、とか。
ミズノ(登記上の商号:美津濃株式会社、英語: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
608 億円

業績