新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事通り、既存事業とのシナジーとコンフリクトを考えれば有力な候補だ。富士フイルムは再生医療分野でもリーディングカンパニーでもあり、新領域の開拓に期待。
本当に富士フィルムHDはフットワークが軽いですね。
化粧品分野にも進出していますし・・・。
デジカメを拒否したコダックとの鮮明な差が現れています。
軸足を新分野にすばやく置き換えていく手法は、GEを彷彿させます。

多角化はいいけど、選択と集中もお忘れなく(^^;)
富士フイルムはもはや「フイルム」の会社ではなく、完全にメディカルカンパニーに変態を遂げている。イメージング事業は全体の売上のわずか14%で、大部分をメディカル事業を含むインフォメーション事業が占める。ぜひ富士フイルムに買収してほしい。
http://www.fujifilmholdings.com/ja/investors/pdf/other/ff_irdata_2015q2_001j.pdf
こういうときに有力売却先としてPEの名前が出てこないのは、日本におけるPEの立ち位置を示していると思う。
富士フィルムが入札参加への意思を固めたとの事。日立、キヤノン、ソニー、GE、フィリップスなど、他にどこが参加するのか気になります。
一番伸びる分野をあえて売却するんだからな・・・

高く買ってくれないと東芝さんやばいのかな?

富士フィルムは医療機器にも進出したいのか。

そのうち何やってるかよくわからない会社になりそう。

ちなみに古森さんはアメフトの大先輩です。
PEはそのうち、でれくる。

どうも値段が高騰しているらしい。

12月頃、5000-8000億円が、8000-10000?
三上さんのコメント参照。東芝出身者が医療の役員でいるということは、情報上のメリットが確実にあるし、PMIも内部派閥競争さえ発生しなければ一番スムーズとなりそう。一方で内実を知っているからこそ、買収価格がつりあがったときには、降りる可能性もあるのでは?
これは実現したら良い買収といえるかもしれませんね。各々の事業を見る限りシナジー効果が高いように思います。
創薬から医療システムも手掛けるおそろしく強い会社です
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(キャノンメディカルシステムズ、CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)は、キヤノングループの医療機器メーカーである。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社(とうしばメディカルシステムズ、TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)で、東芝グループに属していた。 ウィキペディア
富士フイルムホールディングス株式会社(ふじフイルムホールディングス、英語: FUJIFILM Holdings Corporation)は、富士フイルムと富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.65 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績