新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共産党内の派閥でこの会長がどこに属しているのかを見ないと正しく判断できないのだろう。派閥抗争は、まあ言ってみれば日本のサラリーマン社会でもよくある話だが、中国の国家レベルの権力闘争となると、世界経済に与える影響が無視できないことになる可能性がある。共通しているのは、理屈ではないということだ。
中国電信(チャイナ・テレコム)の常小兵会が重大な規律違反で調査されている。汚職容疑とみられるとのこと。
中央規律検査委は4月、中国電信の元副社長を調査。スマートフォンなどの普及で事業が拡大する通信業界の不透明な実態の解明を進めるとみられる。

業績