新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネットとの差別化という点でもリアル店舗の価値が見直されている。そこでの今の流行りは時間消費型の店舗。確かに滞在時間と消費額は比例するという研究結果もある。

しかし日本でも既に、そんなカフェ併設やイベント開催型の店舗は広がり、それだけでは差別化が難しくなってきている。

そして、箱として時間消費型の店舗が増えれば増えるほど、スタッフのサービスレベルやイベント能力が差となって現れてくる。やっぱりリアル店舗で一番重要なのは、人のチカラ。
森川さんも言ってるけど、みんな居心地の良い場所を求めている。これは民間だけでなく、公共にも求められるべき。

武雄市図書館も多くの方に居心地の良い場所を、と追求していって、平均滞在時間が2時間くらいに。その結果、図書館周辺の観光地や商業施設も潤うことに。

公共施設だから堅苦しい形にというのは、単なる前例踏襲で、ほんとにそれで良いの?と問いかけがあってしかるべきだし、いろいろなやり方があって良い。その意味では、公共施設にもまだまだ可能性がたくさんあると思う。
皆居心地の良い居場所を求めている。
『モノより思い出時代』に対応しつつ、最終的には「モノ」を買ってもらうことを目標にする。
何とも複雑な舵取りですね(笑)。
ブランドやショップは「世界観の提示」が重要な訳ですが、ミッドタウンに行っても二子玉川に行っても辻堂に行ってもお客さんに「ロンハーマンっぽい人」が多いロンハーマンカフェはまだ世界観が保てていますが、本当にこのカフェ必要だったか?と思うようなブランドカフェも最近はちらほら。
月並みな言い方でいえば、可処分時間の奪い合い。オムニチャネルの文脈のなかでネットとリアルをあわせた接触時間がふえるほどファン化が進むという議論がありますが、確かに同じ時間を接触しても、リアルで空間に浸るという体験は時間辺りの効果が高そうな気はします。昨日のバーバリーのネット活用の記事にもコメントしましたが、この辺りのミックスをいかに組み立てられるかがハイブランドであっても重要になってくるのでしょう
大阪の万博後に出来た商業施設でも、「ロンハーマン」のカフェや「ジャーナルスタンダード」のハンバーガーショップが好立地に。衣食住全てを提案できる環境作りはいいですね。
この施策は、カップルやファミリーの各個人間の滞在ニーズの差を埋めるのに寄与するんだろうなと思う。

例えば、二子玉川のロンハーマンには子が手持ち無沙汰にならないように、子供が本を読んだり、絵を描いたりする場所があるし、代々木店にはカフェも併設されている

そのような時間つぶしがあると、滞在ニーズが乏しい家族(ロンハーマンの店では子供)を気にすることなく、買い物体験を楽しめるという効果があるのかなと思う

ただ、月坪売上・粗利などは後からついてくるというマインドの元、ブランドの世界観を提供したいという想いが経営者にないとそもそも実現性が低そう。

ワールドなんかがアンタイトルで展開するとは思えないし。

日本だとCCCの増田さんとかサザビーリーグの鈴木さんかな。

業績

業績