新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほんとダメな日本企業は元気のいい中国人経営者にリノベーションしてもらった方がいい
14期ぶりの黒字化、て、それよりも13期連続で赤字出し続けて、今や確固たるポジションを確立してるのが凄い!
ラオックスさんに限らず、中国企業の経営は極めて合理的で洗練されていると感じることが多い。
①大胆な戦略切替&スピーディーな実行、②中長期的な利益最大化 (=3〜5年間単位での赤字の許容) の2つが中国優良企業の主な特徴で、欧米的だな、とも感じる。
①に関しては日本企業も徐々に変わって来たものの、②に関してはまだまだ大きく遅れてて、グローバル競争に遅れを取ってる面は否めない。
今日もラオックスさんに負けじと頑張ろう!

「2014年12月期の連結売上高は前年の1.5倍に増え500億円を超えた。純利益は12億円と、実に14期ぶりの黒字を確保した。今期(2015年12月期)は、その約7倍の83億円にまで拡大する見通しだ。」
中国人の社長なのは確かですが、羅さんは日本語ペラペラですけどね。
秀逸な経営者です。ビジョンを語れるし、実務にも明るい。
既に家電の売上は3割以下で、化粧品や医薬品が伸びている。今後はアパレルに注力。もはや家電量販ではないですね。
これは、数字と過去と現在の内容を概観する限り、骨の髄まで入れ替えれているので、もはや再生したと表現するのが適切かもわかりません。

 2000億の売上がほぼゼロまで落ち込み、150店舗が6店舗まで縮小したところで、ほぼブランド名だけが免税品店の新規参入業者に買われたということで、ラオックスの再生という理解ではなく、日本の商機を中国企業が優れた掴んだという理解が適切かと。
2009年から「蘇寧雲商集団」の傘下だったんですね。船井総研にも中国の経営者から相談が増えてますが、勉強好きさで言えば正直圧倒的です。ここは日本企業も素直に学べる所だと思います。
とりあえず、黒字化が本当か、決算は正しいか、事業売却・分離=特損処理による黒字化ではない、あたりを疑ってかからなければならないところに、昨今の日本企業の難しさがある。
中国資本による日本企業の再生これから増えるのかな
パソコンブームが去ってアキバの旗艦店を閉めたときは、もうダメだと思っていました。蘇寧電器との資本・業務提携を中心とした中国需要の取り込みでの復活、素晴らしいと思います。
最近は中国人訪日客の紙袋がLaoxばかり。秋葉原にヨドバシカメラができて以来、秋葉原の量販店は完全に持っていかれてよく他は生き残っているなーと思ってましたが。。。駅の両側で見える景色が異なります。
ラオックス株式会社(英語: Laox Co.,Ltd.)は、全国41店舗(2016年5月末時点)に免税店を展開している大手総合免税店兼家電量販店。2009年に中国の大手家電量販店を運営する蘇寧雲商の傘下となった。社長は羅怡文。 ウィキペディア
時価総額
177 億円

業績