新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IoTの肝は、やはり電力関係ですよね。無線給電、エナジーハーベスティング、発電、小型バッテリあたりが、ポイントになりそうです。
電力が自由に使えるようになったら、通信の混線なんかも問題になってくるような気もします。まだ先になりそうですが。
質問に回答いただけるとは、何と太っ腹な!しかし、自制して一つに絞らせていただきます。。。

スマホとは独立したサービス、すなわちモノとモノになってきたときに「制御のガバナンス」をどう考えるか。ホットな例で言えば、ボルボのCEOが、自動運転の責任を同社が負うという発言をしたという報道がありました。

あと、これは質問ではありませんが、重要だと思っているのが、雇用への影響です。「自動化」は、IoTの価値の一つに過ぎませんが、省人化が進む領域は間違いなくあるでしょう。一方で、データキュレーションなど、新たに生まれる雇用もあり、トータルで見るとどうなるのか。この点について、いま、いろんな人と議論しています。
今回、素人にもわかって面白かったです!川原さん、有難うございます。

幾つか感じたことがあります。

ヒトと切り離されたモノ同士が会話するプラットフォームとは、かつてから言われているM2Mの実現ということなのでしょうか?それとも、自動的なアクションを埋め込んだ完全自動化システムのようなものをイメージされているのでしょうか?例えば、無人スマートファクトリーのようなもの?

個人的には、言及されているフレキシブルマテリアル&コンピューティングで身体と一体化していくことで、人間がよりハイパフォーマー化していく世界の方がワクワクします。もちそん、給電はエネルギーハーベスティングで。

やはり、人間の歴史は、様々なツールを開発し、身に着けることで人間の身体・頭脳をエンハンストすることで成長してきているので、是非よろしくお願いします!
来週は、いただいた質問に回答いたします。
スマートフォンがいらないIoTからが本格的なIoTの時代。
スマホの普及でIoTが現実、かつ、目に見えるものになった。市場規模が大きいものだけあげても、自動車、ヘルスケア、電機、などいくらでも構想が錬れる。
結局はビッグデータをいかに集め、課題解決や価値にしていくか(´Д` )世の中の動静を寝ながらにして俯瞰できるようにするか、人の習性を嗅ぎ取り最適にコントロールするか、、、と
在るべきものを考えるときりがない

シンプルにしたい>_<
できることしかできないんだから
現時点、そして未来がとてもわかりやすい。車の接近を教えてくれるのは、自転車乗りには嬉しい機能ですね。ぬっと表れる静かな車はほんとに怖いので。そして、まさか電磁波から電気を取り出すとは…。
スマホがパソコンを手のひらに載せたように、数年後には生体チップがスマホから置き換わるのだろうか。