新着Pick
624Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
みなさま、色々とコメント頂戴しましてありがとうございました!ご意見も沢山頂戴し、個人的に思うところ・考える部分ありましたが、「なるほど」と思いながら読ませて頂きました。”若者”という言葉で括ることも、ロジックの構築の仕方もやり方や視点が多様にあるのが事実です。また、過去比較、という話題も多く出ていましたが、その時代の気分から若い人を分析する時、その時々のトピックが必要であることに毎回気づかされます。中々すべてをお伝えしきれなかった所も多いのですが、このような機会を頂くことが出来たことはとても貴重な場であり、体験でした!ありがとうございました!
人気 Picker
3回の連載を通じて、コメント的には「分析が薄い」という意見が多かったと感じますし、自分も「若者って括りすぎかな?」「昔と比べなくていいのかな?」「感覚的に言ってるだけに見えるなあ」と感じたことは確かです
一方で違う見方をすれば、広告の世界で求められる「分析」というのはそういうものである、ということを理解できた連載だったのかな、という気もしています
広告で必要なのは、厳密な学問的なファクト&ロジックよりも「共感」や「気付き」
何となくみんなが思ってることを言葉にし共感を得れば、極端な話は統計的にどうかとかはどうでもよいのだと思う
流行り言葉になった「マイルドヤンキー」とかも論理的分析から導かれた訳でもなく、観察のなかからみんなが何となく感じていたことを分かりやすいキャッチーな言葉で表現し「共感」を得たにすぎないだろうし、それでよいのだと思います
日本一の広告会社で研究をされている人がどう考えているのかを知れたという意味で個人的にはとても参考になりました。お疲れさまでした!
せっかくなので、昨日からの流れで承認欲求が変化してきているという仮説のもとで話してみます。まず大前提として、人は誰もが誰かに認められたがっているものとして考えています。

SNS以前は、自分を認めてくれるのは、身の回りの人でした。なので、人生のイベントについて「一般的に認めてもらえるやり方」を選んできたわけです。いい会社に入って、いい車に乗って、結婚して、家を買って、子どもを産んで…と。
なのでこの当時は、働きたいから働くのではなく、認められたいから働いていたのではないかなという印象です。

翻って現代では、顔をあわせる人から認められなくても、簡単に他人から認められるようになりました。なので、親や親戚、隣近所に認められなくても構わないと考える人が増えたわけです。働きたくないというのを隠すためのモチベーションである世間体が、意味を成さなくなったのだと理解しています。
働かなくても承認欲求が満たされるので、人並な生活が送れるだけの収入があれば、企業の大小には頓着しない、という回答が増えるのもそうかなぁと思います。(本当は選べるほどの選択肢がなくて、自分を納得させたいというところかなとは思いますが)
現代の日本では若者に限らず多くの人々が迷っているのだと思います。

一億総中流の時代はみんなが普通に目指すところ、道が明確でした。真面目に地道に頑張ること、仕事も貯蓄も励むことが将来の幸せに近づくことが見えていました。

翻って現代は正解は見えません。物事が多様化し、バリエーションが増え何事も人それぞれになりました。正解がないからいつも不安。そして、きらびやかな成功例を見聞きすれば羨ましくなり日々の真面目に頑張る努力がアホらしくなる。そんな堂々巡りを繰り返している人も少なくないのだと思います。

恋愛にしても仕事にしても悩んでいるとこは悪くないと思います。歴史的にみても発展の前には停滞があります。若者に限らずいい大人も試行錯誤しながらベストをベターを選択することを楽しみながら人生を過ごすことが重要だと思います。正解がない、選択肢の沢山ある世界を前向きに捉えたいですね(^o^)/
若者の働く意欲については、ぜひ就職氷河期(就職率)について触れていただきたかった。NPでは一斉就活について賛否両論あるかと思いますが、世の中の多くの若者について述べるのであれば重要なポイントかと思います。バブル崩壊後(1993-2005)とリーマンショックの影響は大きかった。
バブル崩壊後に生まれ、ITバブル、リーマンショックを横目に、一度も好景気を体感することなく大きくなってきたいまの10代〜20代前半の若者は、「多様性の中での方向感の喪失」とでも言えるような状況にあるのかなと思う。

十分に豊かだが、活気のない世の中に生まれ育ち、画一的な終身雇用社会も崩壊したなか、成長の方向感がないまま、多様な選択肢だけは目の前に用意され、「いまは自由な世の中なんだから、自分で勝手に選びな」と放り出されて、その中でサバイブする術すら教えられていないまま、体がすくんでしまい、目の前や身近な複数のコミュニティに居心地の良さを見つけて、状況に応じてうまくキャラを使い分けながら、不安を感じながらも、個としてはそれなりにしなやかに生きている。

彼らだって、彼らなりの理想がないわけじゃない。しかし、それをどうやって実現したらいいのか、近くに引き寄せられるのか分からない。それ以上に、失敗したときに傷ついて、立ち直れなくなってしまわないか怖くて仕方がない。だから、敢えてガツガツした姿勢を見せず、はじめからリスクヘッジをしたような姿勢を取るようになる。それが、上の世代にしてみれば、心もとなく、歯がゆく、頼りなく映る。

そんな若い人たちには、「ほら、気になることがあるなら、やってみたらいいんだよ。仕事だって、恋愛だって、なんだって、失敗したって、この豊かな世の中、死ぬわけじゃないから」と言ってあげるだけでいいんだと思っている。だって、上の世代だって、数々の失敗をしてきて、たくさんの国の借金を作り、いろんな負担を若い世代に押し付けてきたんだから。いま若い世代に寛容にならなくてどうすると思う。

奈木さん、連載お疲れさまでした。いろいろ考えなおすきっかけを頂きました。

++++

最後に一言。「電通」という肩書を出してこの連載を書いていることで、あたかも電通という会社や広告代理店の意見や視点を代表しているような捉え方をしているピッカーが多かったのがとても気になった。奈木さんも(そして僕も)、会社の肩書などは関係なく、一個人としての意見をただ述べているだけなのだから、「電通の研究員なのに」みたいに、肩書を前提に内容を評価したり批判したりするのはとてもアンフェアだと思いました。そういうコメントが続くと、行き着く先は、誰も望まない匿名化が進んだ「2ch化」だと思います。
考えすぎ
仕事は、面白ければ、一生懸命する。これは老若男女、全てに共通。
そうだろうなーと思いつつ読む。若者の意識に文句を言いたくなる心情は、再就職希望してるが家庭責任を果たせる範囲で、と言う主婦に文句を言いたくなる心情と似ている。仕事以外に、仕事よりも大事なものがある、と思ってる人たちに対して、仕事がいちばん大事と思ってる人たちが感じるモヤモヤ、自分を否定された感ではないか、と。
「若者の3割ができれば働きたくない」
「(就職活動生の)52.5%が出世するよりものんびりと暮らしたい」

こう回答だけを見ると、ネガティブなイメージが生まれますが、テレビでヨーロピアンが2週間とか南の島でバカンスしてるのを見ると、別に若者でなくてもそんな働き方、生き方に憧れます。実際に選択するかは別ですが。

これは自己反省にもなりますが、今は高校の進路検討から、将来どんな仕事がしたいかを考えて学問分野や進路選択をします。まだ働くということの意味が腹落ちする前に、職業を考えるわけです。高校生の頃の自分なんか、サラリーマンが昼間何の仕事をしているのかさえ知りませんでしたが。

なので、つい頭でっかちになって、気持ちがついてきていない若者も生まれます。「できれば働きたくない」には、「まだ働くことの面白さに気づいていない」も含まれているのではないでしょうか。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア