新着Pick
1120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の話を理解してるひとにとってはあんまり目新しい話でもないと思いますが繰り返し手を替え品を替えて発信しないと多くの人には響かない。それと私の情報源は誰でもとれるニュースアプリやソーシャルメディアからの圧倒的な密度での収集にすぎません。
「これからは表現したい人が増えていく。」というのを,逮捕前というから2005年頃に主張していたというのは,やっぱり先見の明があるなぁという印象.
当時はブログが流行りだした頃でしょうか.今は表現の選択肢も広がり,この傾向はより強くなっている気がします.この記事では出版関係の方との対談なので,書籍による表現について語られていますが,動画関係もほぼ同じ流れですよね.今は無料のYoutube配信で広告収入で稼いでいる人が,ピラミッド構造を作ってメルマガ,サロン的な仕組みでより稼ぐというのも,今後ありそうな流れですね.(ニコ動なんかではもうあったりするのかな?)
対談に立ち会いましたが、2人の頭が良すぎて、話についていくのが大変でした。。。「NewsPicksがビジネスパーソンやジャーナリストを解放する」プラットフォームにしていかないといけませんね。
固定ファンの見える化でものづくりがぶれずに楽になるかも、な話。両輪でしょうね。ファンの意見にどっぷり浸かるのも成長しない気がする。

「会社員時代とまったく違って見える景色」、これは良くも悪くも同意です。両方経験しているのは結構強みだと思ってます。
堀江さんがおっしゃっているピラミッドを作っているというのはこれからより多くのクリエイティブに発信をする人たちが真似するべき考え方だと思う。構想中のオンラインサロンのプラットフォームも相当面白そう。
>僕は完全にピラミッドをつくっていて、ツイッター、フェイスブックが一番下で、その上に有料メルマガ、その上にサロン、その上に寿司会があって、それだけで十分な収益を得ている。
ソニー 出井伸之最高顧問の言葉。「自分の市場価値を考えろ。会社を名乗るか、自分を名乗るか」…私も昔、GEにいた頃はその傾向が強かったですが、大企業にいると、その企業の看板の力によって自分の市場価値を勘違いするんですよね。正直、私の場合はリーマンショックを経験して、初めて自身の市場価値と向き合うことになりました。
採用でもコミュニティをつくるということが大事だなと思います。スポンジのように吸ったり出したりできるのが理想です。
会社員でいることは一長一短。むしろ、その一長一短の内容を会社が把握すると、その会社は優秀な人が働きやすい会社になると思っています。
情報を集めながら俯瞰してみていると、少し先の未来は分かってくるんだけど、それって先見性があるってことになるのか……。
このピラミッド構造は自然環境と同じなので、普遍性はあるね。
会社には属してますが、他の人の常識にはない、
別のサービス作る、提案する、実行するが好きなので、そうだなと。

ネット企業なのに、ネットに関係ない提案とかよくするし。
私が、「面白い」が何よりも先行する。
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。 ウィキペディア
株式会社プロデュースは、新潟県長岡市に本社を置く塗布装置などの各種機械装置を開発、製造、販売する企業である。 ウィキペディア

業績