新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
HSBCが投資銀行業務を大幅縮小するとのこと。
グローバルな銀行・市場部門を縮小し、2兆6000億ドルのバランスシートに占める割合を、現在の40%前後から3分の1以下にする。HSBCにとって大きな方向転換となる。
事業改革をする際に、バランスシートの40%から33%以下にするという、バランスシートで改革の方向性を説明している。
日本企業がROEの改善に注力しているが、PLだけではなく、もっと連結ベースのBSにもフォーカスをして、開示を行ってもいいかも。
Takedaさんのコメントは色々考えさせられる。米国において銀証分離の背景となっていたグラス・スティーガル法が廃止され、商業銀行が買収含めて投資銀行(証券)エリアに入ってきた。資本力に元々勝る企業が入ってきたことによって、パートナー制だった投資銀行もGSの上場などで資本力を強化した。
しかし、金融危機を経て、自己資本の拡充含めて金融機関への規制が強くなった。特に金融システムへの影響が大きい銀行は規制が厳しいため、従前ほど資本を投資銀行業務に活用できなくなった。加えて、資本によるサポートと、知見によるサポート両方が必要で、後者に関しては独立系(ブティック系)の投資銀行が、利益相反がないことを含めて成長をしている。これは規模が武器だった時代から、規模がともすれば障害となる時代への変化を象徴しているように思う。
ただ、どんな産業も振り子のように揺れる。全ての金融機関がユニバーサルバンクモデルから外れるわけではないと思う。同一モデルの金融機関が少なくなることで競争条件が緩和し、成功モデルが出てくると、またユニバーサルバンクに揺れ戻るところも出てくるのではないだろうか。
日本の金融機関は、長期に渡る負債処理などを背景にユニバーサルバンクになるのが遅れた(住友銀行がGSに出資したりはしていたが…)。でも金融危機による痛手も少なかった。そしてMUFGのMSへの出資も合ったり、国内でも系列の証券会社を統合したり、ユニバーサルバンクに近づいている印象。これで「残存者利益」を得られるか、それとも「時代遅れ」なのか、歴史が判断すること。
Katoさんのコメントを読んで、ユニバーサルバンク論議につき、JPモルガンの投資銀行業務分離という金融危機以降幾度も言われた話を思い出しました。
比較的最近の参考記事: JPモルガン、会社分割すれば価値高まる-ゴールドマン
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NHPXKY6VDKHT01.html

欧州系では、複数のユニバーサルバンクが、地域と事業ラインでのビジネスセレクションを繰り返しています。

一方、日本のメガ3行はあたかも艦隊を組むかのように揃ってユニバーサル・バンク化(彼らの言葉では銀・証(・信)連携)を遂行中。横並びは護送船団時代からのDNAでしょうか
オペレーションが大幅に減るのに、コンプライアンス部門を増員するとはこれいかに。何か強烈なコンプライアンスイシューが今後明らかになるのかな?

「HSBCは、成長分野やコンプライアンス(法令順守)部門で増員する方針を示したが、具体的な人数は示していない。」
今や、邦銀だけが当局と共にユニバーサルバンキングモデルに憧れているようだ。確かに、厳格な銀証分離を行なってきた米国でも一時期相互乗り入れが進んだが、金融危機を機に、欧米では商業銀行の業務範囲はより狭くすべきとの考え方が普通になってきている。商業銀行の使命は預金・決済・融資という基本的な社会インフラをきっちり維持することであって、それにリスクを及ぼすような規制緩和は、当の銀行経営者以外、誰も歓迎していないはずだ。詳しくは以下ご参照。http://diamond.jp/articles/-/72709
もはや世界は金融ではない。正しく言えば、かつて以上にマネーだが、金融業界の時代ではない。もっと正確に言えば投資銀行は時代遅れ、あまりにも不安定な経済を助長する。同じ金融でも保険のような価値観は重要視される。保険会社かはさておき。
《M&A》納得感はある。投資銀行業務というのはコモディティ化していると思う。M&A案件が日常化している昨今、事業会社の人間はどんどん経験を積んでいる。かつストラクチャリングやDDは会計事務所でもこなすことが出来るため、担うべき業務が様々なプロフェッショナルへ分散してしまっている。個々のプレイヤーが食べられるパイは減っている。
大きな買収のノンフィクションを読むと、大企業のCEOクラスに働きかけて、業界再編を促すようなバンカーが出てくるが、そのようなダイナミックな動きが出来る人物が最早あまりいないのと、そういうことが簡単に出来るご時世でもないということなのだろう。
投資銀行が生き残るには、銀行としての特性を活かして、資金調達などのパッケージソリューションと組み合わせるべきなのかもしれない。その場合、対象となる取引は大規模案件に限られるので商機も薄いだろう。
HSBC、Citi、JPモルガンあたりは投資銀行業務よりも伝統的な銀行業務、またはキャッシュマネジメントサービスをユニバーサルバンクとして世界中に提供することを重視するイメージ
投資銀行の価値ってなんなんでしょうね。
リストラの次は、本社の香港移転かな