新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NY在住の建築家の友人から以下記事が送られてきました。次の文も付いていましたので紹介します。僕のアジア人の大富豪も、オークラの大ファンです。とても残念がっていました。

⇒「この問題は新国立競技場の問題ともつながるものです。ただ外からの影響ばかりを考えて破壊的な行動に出る前に、日本の文化のアセットを認識して日本独特の調和のある計画をして欲しいということです。(日本は)、凧の様な新興国の真似をする代わりに自信をもった立派な鳥として羽ばたいてもらいたいと思います」。

http://www.japantimes.co.jp/life/2015/06/06/style/refusing-check-hotel-okura/#.VXRA_Se9KSP

想像だが、建て替えに反対している人は、
1)泊まったことがない。
2)泊まったことはあるが、同価格帯の別ホテルに泊まった経験が限られる。
2)泊まったことはあるが、スィートか上級の部屋にしか泊まっていない。

なのではないかと想像している今日この頃です。

 最近泊まりましたが、実際に老朽化しており、一般客室の設備は同価格帯のホテルと比べると極めて劣るというのが正直な感想です。いかに歴史があろうとも、これでは客単価低下は避けられないだろうというのが事実。
 いわゆる「海外セレブ」が泊まる一部の部屋は贅を尽くしてリノベーションされているのでそのカテゴリーで競争力がありますが、その人たちの意見だけではホテル経営は成り立たないのが現実かと。
 また記事で紹介されているような経営体力というか資金力のある企業であればより長期的視座に立った大規模な投資も可能なのかもしれません。しかし、オフィス街に接続されているこの立地で、高層化することによる賃料収入の利点を享受できる可能性を考えると、なかなか難しいのも理解できます。
 ただ、私も文化財的な価値を、という記事の趣旨には賛成です。バブル時代に猫も杓子も産業団地、猫も杓子もシリコンバレーと言って大失敗したのと同じような空気です。それ以外の選択肢は確かにと取りにくい。しかし実際、その方向性にみなが進めば、その選択肢の魅力は著しく下がるという罠がある。そんな状況なのでしょう。

大規模な内部のリノベーションが可能ならアレだが、多分それは無理なんだよね。
原発と同じです。科学技術の進歩で耐震基準が厳しくなったのにもかかわらず、経過措置により旧基準で済ませられるという問題ではないでしょう。利用者には情報公開によりそのことが開示されるわけですからなおさらです。
なお、日本の多くの旅館、ホテルでは商売に支障をきたすということで、情報開示条項の施行の延期を求めています。しかしいつまでも伸ばすわけにはいかないでしょう。
私も耐震性だとピンと来ました。最近は古い建物の一部を残す手法がはやっていますからそれを取り入れるのが宜しいでしょうか。問題は次のデザインがこれまでのオークラに匹敵する名建造物になるかでしょうね。
本館の評価の中心はロビーであるようだし、オークラの建て替え計画には「『日本の伝統美』継承」がコンセプトとあるので、オークラ自身も価値をわかった上で計画を進めていると思う。
問題は文化的価値を理解しているが資金難で完全に取り壊し(消滅)となる場合。所有者や関係者が資金集めに奔走するも難航し結局、という話は時々耳にする。
クラウドファンディングを活用するなど道はあるはずだが、綿密な収益化計画または文化資産としての運営計画と価値・ストーリーを周知するマーケティング力も必要で、実際のところはなかなか難しいのだろう。
オーナー経営者が少なくなり、サラリーマン化した経営では、どうしても意思決定がショートタームでの判断に陥ってしまう様に感じる。
訪日外国人が大幅増加しているこの書き入れ時に、わざわざ3年もかけて建て替えるのだから、耐震性問題は相当に深刻なのではないかな?しかし、完成する頃には、すでにピークが過ぎている可能性もある。杞憂に終わって欲しい。
ボッテガヴェネタのトーマスマイヤー氏が訴えてるのはオークラのロビーを保存せよとのことですね。争点は建て替えか否かにありますが、内観を新しい建物にも採用するなど、このあたりは柔軟に対応できるでしょう。
ちなみにボッテガヴェネタはこんな自社サイトも立ち上げてます。
http://www.bottegaveneta.com/jp/collection/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0%E5%BB%BA%E7%AF%89_grd16971
歴史的な建造物を修理する。これは寺社で行われていることです。外見は同じで、インフィルや構造を変えています。時間によって成熟してゆくものを大事にするなら、オークラもそうすべきです。150年後には史跡になりホテル自体が観光地になります。

ホテル・オークラ京都を、京都人はいまも快く思っていません。高層だからです。バンコクにあるようなオークラを作るというのでしょうか? コンラッドやプラザ・アテネだといっても誰もわかりません。たしかに「日本」の意匠は取り入れられているのですが
ホテルオークラ東京(ホテルオークラとうきょう)は、東京都港区虎ノ門二丁目にある高級ホテル。客室数全380室。宴会場14、レストラン5、バー2、その他フィットネスクラブ、ビジネスセンター、チャペル、美容室、写真室等を備えている。 ウィキペディア
株式会社ホテルオークラ(英称:Hotel Okura Co., Ltd.)は、日本のホテル運営グループの事業持株会社である。 ウィキペディア