新着Pick
SPD3U8GZSXREY0C1
工作機械
JPN

工作機械 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
工作機械
主に金属の形状・寸法・表面を、フライス盤(マシニングセンタを含む)、NC(数値制御)旋盤、研削盤、研磨機、プレス機械、放電加工機等により加工する機械を製造する企業群。鋳造機械も本業界に含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
25Picks
最短2日で回答! DMG森精機が世界初のデジタルテスト加工を開始
ニュースイッチ
|
DMG森精機はデジタルツインによる工作機械のテスト加工を始めた。加工時の切削力や工具振動などの切削状態や面品位を、実機による加工と同じように確認できる。テスト加工時間の大幅短縮に加え、工具や素材、消費電力の削減も実現する。工作機械の微妙な構造変化まで再現できるデジタルテスト加工は世界初という。テスト加工の短納期要望への対応と、環境配慮に貢献できる点も訴求し、工作機械の受注拡大につなげる。 顧...
3Picks
熱風の半導体「スーパーサイクル」、受注急増で恩恵は工作機械・要素部品にも
ニュースイッチ
|
世界的に需給が逼迫(ひっぱく)し、新たな成長軌道である「スーパーサイクル」に突入したと言われる半導体。その熱い風は機械業界にも吹いている。半導体投資が活発化し、工作機械や機械要素部品などへの需要が急増。一方で、IT機器や自動車などとの半導体の奪い合いも懸念される。 「半導体製造装置メーカーからの引き合いが非常に強い」。DMG森精機の森雅彦社長は、半導体関連需要の旺盛ぶりを強調する。2020年...
17Picks
ファナックが「AIサーボモニタ」開発、膨大なトルクデータを分析して異常度を可視化
ニュースイッチ
|
ファナックは、サーボモーターの挙動から工作機械の主軸や送り軸の故障予兆を検知できる機能「AIサーボモニタ」を開発した。4月から一部機能の出荷を開始する。同社では人工知能(AI)を活用した故障監視の取り組みを加速。今後もセンサーデータと連携した予兆検知などの製品化を進めていく。 AIサーボモニタでは、モーターから出る膨大なトルクデータをAIで分析して、異常度を可視化する。数値制御(NC)装置の...
11Picks
工作機械の遠隔保守を支援する、数値制御装置向けサービスを北米地域に拡大
MONOist
|
三菱電機は、IoT技術により工作機械の遠隔保守を支援する「iQ Care Remote4U」の数値制御装置向けサービス地域を北米地域へ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。
11Picks
「EV化で工作機械需要が20%減る」は誤解、市況の緩やかな回復を見込むDMG森精機
MONOist
|
DMG森精機は2021年2月12日、2020年度(2020年12月期)の業績を発表。市場環境は2020年4~6月を底に回復しつつあるもののDMG森精機は2021年2月12日、2020年度(2020年12月期)の業績を発表。市場環境は2020年4~6月を底に回復しつつあるものの通期では連結受注額が32%減となった他、受注残高も前年度末に比べて500億円減少するなど、厳しい状況を示した。
11Picks
ファナックが驚異の速さで「脱コロナ不況」の訳
東洋経済オンライン
|
工場の王者・ファナックが怒涛の反撃を始めた。工作機械の頭脳部分であるNC(数値制御)装置で世界最大手のファナックは1月27日、2020年4~12月期の業績を発表。売上高3752億円(前年同期比2.9%減)、営業利益652…
36Picks
12月工作機械受注は前年比+8.7%、2カ月連続増
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 日本工作機械工業会が13日発表した12月の工作機械受注(速報値)は前年比8.7%増の979億7500万円だった。前月比では10.5%増。前年比のプラスは2カ月連続。
22Picks
“匠の技”を担う。工作機械に宿る先端技術がスゴい
ニュースイッチ
|
“匠の技”を機械が担う―。少子高齢化などにより製造業で熟練技能者の減少が深刻化する中、工作機械業界で機械の自動化を進化させる技術開発が加速している。工作機械による高付加価値な加工の実現に向けて、計測や人工知能(AI)などの先進技術を機械に搭載。熟練技能という“無形資産”を紡ぎつつ、日本の産業競争力を維持・向上する上で、工作機械メーカーが果たす役割は従来以上に大きくなってくる。 高精度加工「誰...
30Picks
工作機械受注2年ぶり増 11月確報、上方修正
共同通信
|
工作機械受注2年ぶり増 日本工作機械工業会が22日発表した国内工作機械メーカーの11月の受注総額(確報値)は、前年同月比8....
11Picks
イーロン・マスク氏が見抜けなかった「製造の本質」 (2) 究極の精度は「人間の勘」
財経新聞
|
工作機械の切削によって、「きさげ加工」ほどの精度を出せないのはなぜなのか? 【1.クランプによる歪がない。
13Picks
ファナックがロボットの動きを簡単に設定できる機能開発、教示工数はどこまで減る?
ニュースイッチ
|
ファナックは生産現場でのロボットの動きを簡単に設定できる機能を開発した。自動化のため工作機械とロボットを組み合わせるシステム「CNC―QSSR」の機能を拡充するもので、新たにパソコン上でロボットの経路を自動生成する「QSSRオートパス」を開発した。12月末に提供を開始する。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で工場の人員低減や、IoT(モノのインターネット)を活用した自動化ニーズが増している。...
15Picks
成長戦略は「ユーザーとのデータ共有」、百年企業の工作機械メーカーが挑む技術革新
ニュースイッチ
|
IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といったデジタル技術を自社の業務効率化にとどまらず、新たな収益源としていかに活用するかー。いま、企業の多くが直面する課題へのひとつの解といえるビジネスモデルがみられることも今回の「グローバルニッチトップ企業100選」の特徴だ。工作機械メーカーの碌々産業はこれを体現する1社である。 アスリート支える主治医の如く 国内外、さまざまな産業の生産現場を...
420Picks
電車通勤禁止、出社は最小限…中小企業、緊急事態宣言へ対策急ぐ
産経ニュース
|
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が7日夜にも政府から発令される。中小製造業の間では従業員の安全確保の観点から、公共交通機関を使った通勤を禁止したり、工作機械を扱う最小限の人員のみ出社させるなどの対策を取る動きが広がっている。
300Picks
市場規模が2兆円?「日本の工作機械はデジタル化で3兆-4兆円産業になる」
ニュースイッチ
|
―2020年代半ばに日本の工作機械産業の市場規模が2兆円に拡大すると言い続けています。 「富士登山なら今はまだ7合目くらい。25年までに日本製の工作機械の市場規模は2兆円ぐらいになる。30年ごろには自動化、そのためのIoT(モノのインターネット)化が進み、3兆―4兆円産業になると思う。今は変革のさなかだ」 ―19年の世界経済はマイナス材料が散見されます。受注環境をどう見ていますか。 「日本は...
59Picks
中国で生産設備の受注回復。工作機械4カ月連続増、ファナックは44%の伸び
ニュースイッチ
|
コロナ禍で世界経済に逆風が吹き荒れる中にあって、中国での工作機械など生産設備の需要が回復著しい。日本メーカーの中国からの工作機械受注額は6月まで4カ月連続で前月比で増加し、産業用ロボットも増加傾向が続いている。先進国に先駆けて、いち早く新型コロナウイルス感染が収束に向かい、政府のインフラ投資や消費刺激策も奏功した。一方で米中貿易摩擦が再び悪化に転じるなど、先行きを懸念する声も挙がる。 「今後...
274Picks
リチウム電池の寿命が12倍向上。安永が正極板で新技術を確立
ニュースイッチ
|
安永は電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン二次電池(LIB)で、正極板の集電体と活物質の結合を高める技術を確立した。活物質がリン酸鉄リチウムの場合、電池の寿命が従来の12倍以上となることを評価試験で確認した。今後、ユーザー評価も踏まえて、同技術を活用した電極板製造装置の普及を図る。車両用はもとより家庭やビルに設置する蓄電池での採用も目指す。 同社はエンジン部品と工作機械が主力で、2...
244Picks
工作機械受注、過去最高を更新。2兆円の大台も見えてきた!
ニュースイッチ
|
工作機械の2017年度の受注高が過去最高の1兆7800億円に達した。日本工作機械工業会が10日まとめた17年度受注高(速報値)は、前年度比38・1%増の1兆7803億2800万円。過去最高だった07
240Picks
「ものづくり補助金」申請数が過去最多!採択待ちが工作機械受注に影響も
ニュースイッチ
|
中小企業庁、全国中小企業団体中央会(全国中央会)は、中小企業・小規模事業者を対象とした「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(ものづくり補助金)」の採択企業を6月上旬にも決める見通しだ。製造業の設備投資だけでなく、商業やサービス分野の生産性向上や新たな販売手法の開発などにも活用できることから幅広い業種・業態の関心を集めている。一方、工作機械業界では、ユーザーの採択待ちによる受注停滞も目...
223Picks
工作機械業界に押し寄せるテスラの波。ヤマザキマザックの全社員が「モデルS」に試乗
ニュースイッチ
|
技術革新は既存の事業構造を大きく変える―。ヤマザキマザックは社員がそう実感し、革新と危機意識を促す目的で、米テスラ・モーターズの電気自動車(EV)の試乗体験を行っている。すでに国内全社員のうち半数が試乗しており、9月にも全員が乗り終える。 ヤマザキマザックは2015年6月にEVセダン「モデルS」を導入し、日本国内の全社員を対象にした試乗体験を始めた。製造業はIoT(モノのインターネット)技術...
工作機械 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア