新着Pick
SPD3Q6U21CQMMQ18
工業団地開発・運営
SGP

工業団地開発・運営 業界

シンガポール
業界一覧
>
不動産
>
不動産開発・流通
>
工業団地開発・運営
工業団地に特化し、その開発・運営・分譲を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
72Picks
無印良品「コオロギせんべい」完売や自販機の登場、日本でなぜ昆虫食ブーム?
Forbes JAPAN
|
2020年5月、無印良品が日本のオンラインショップで新開発のコオロギせんべいを発売したところ、その日のうちに完売となった。消費者からの予想外の反応に、同店を運営する良品計画は販売を一部の実店舗にも拡大したが、すぐに売り切れになる状況は依然続・・・
12Picks
人口1万7000人の町からテクノロジーで世界展開を狙う、農業用収穫ロボット開発のAGRISTが資金調達
TechCrunch Japan
|
農業用自動収穫ロボットの開発を行う、宮崎県拠点のAGRISTは3月3日、第三者割当増資による資金調達を発表した。調達額は非公開。引受先は、ドーガン・ベータおよび宮崎太陽キャピタルがそれぞれ運営する投資事業組合、ENEOSイノベーションパートナーズ、宮銀ベンチャーキャピタル、ジャフコ グループおよびインキュベイトファンドがそれぞれ運営する投資事業組合。
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
61Picks
学生開発の衛星、米で打ち上げ 室蘭工大と大阪府立大
共同通信
|
学生開発の衛星、米で打ち上げ 北海道の室蘭工業大と大阪府立大の学生らが共同で開発した人工衛星が21日未明、米国で民間ロケットに載せ...
14Picks
CRRA、空気中の二酸化酸素を化粧品に活用する研究等でポーラ化成と連携:時事ドットコム
時事ドットコム
|
[一般社団法人炭素回収技術研究機構]環境問題解決を含むSDGs達成へ向けて共同研究に取り組む方針CRRA(シーラ:一般社団法人炭素回収技術研究機構、東京都江東区、代表理事・機構長 村木風海)は2月8日、化粧品の研究・開発・製造を行うポーラ化成工業株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長 釘丸和也)と技術指導契約を締結したことを発表しました。昨今の化粧品業界では、持続的な社会の実現と、国連が採...
66Picks
千代田化工、カタールのLNG輸出基地で設計・調達・建設を受注
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - 千代田化工建設は9日、仏テクニップ・エナジーと共同で、カタール国営石油会社のカタールペトロリアムが同国のラスラファン工業団地内で計画する液化天然ガス(LNG)輸出基地に関する設計・調達・建設・試運転業務を受注したと発表した。
83Picks
みんなNotionをどう使っている?日本1号社員・西氏に聞く活用事例とAPI公開への道のり
DIAMOND SIGNAL
|
Notionの魅力は、社内のドキュメントや議事録共有、プロジェクトやタスクの管理など、仕事に必要な情報を集約して整理できる点だ。企業や組織での活用事例や、これからのNotionの展開について、サービスを開発・運営するNotion Labsの日本第1号社員・西勝清氏に聞いた。
69Picks
脱炭素モデル、福島に「再エネ100%工業団地」整備へ
読売新聞
|
政府は2030年度までに、福島県内で電力の全てを再生可能エネルギーでまかなう工業団地を整備する。トラックなどの燃料電池車(FCV)への転換も進める。日本の脱炭素社会に向け、再生エネと水素を最大限に活用した都市モデルを作
14Picks
1人で飲食店を運営できる「未来型ロボットキッチン」
ニュースイッチ
|
コネクテッドロボティクス(東京都小金井市)は、店員1人で飲食店を運営できる「未来型ロボットキッチン」を開発した。2月16―19日に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる見本市「国際ホテル・レストラン・ショー2021」に参考出展する。 双腕のそばゆでロボット(写真)をはじめ、総菜を冷凍庫から取り出して揚げるフライヤーロボット、食器洗浄ロボット、トレー上の食事を画像認識し自動で支払額を表示する「...
133Picks
Zoom、法人向けメールサービス開始か
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
ビデオ会議システム「Zoom」を運営する米「Zoom Video Communications」(以下「Zoom」)が法人向けの電子メールサービスの導入に乗り出し、来年にもトライアルでユーザーにサービスを提供できる可能性があると報じられた。また同社の来年の新製品開発計画にはカレンダーアプリの開発も含まれているという。
16Picks
村田製作所が車載充電器に参入へ、「EV」ビジネス囲い込む
ニュースイッチ
|
村田製作所は電気自動車(EV)向け車載充電器市場に本格参入する。小型EVバス向けの開発に着手。小規模の商品化を始め、業務用で実績を積みつつ技術開発を前進させる。市場拡大を見込む自家用EV向け車載充電器へと領域を広げる計画だ。自動車メーカーへの提案や、一部顧客での評価も始まっており、2024年頃に一定規模の販売数量を持つ商品に育成したい考えだ。 中島規巨社長が日刊工業新聞社のインタビューで明ら...
15Picks
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPBが追加調達、福井県での第一工場設立目指す
TechCrunch Japan
|
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」(All Polymer Battery)の開発を行うAPBは12月21日、第三者割当増資により、追加の資金調達を実施したと発表した。引受先は、三洋化成工業、新東工業および三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合。前回(2020年6月30日)および前々回(2020年3月4日)に発表した第三者割当増資と合わせ、累計調達金額は100億円となった。 調達...
58Picks
メルカリが新規事業特化の子会社立ち上げ、その名は「ソウゾウ」
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
|
ニュースサマリ:メルカリは12月17日、新規事業を推進するための子会社「ソウゾウ」(社名は現時点で予定)を1月28日付けで設立することを公表した。(リンク先はPDF)代表には石川佑樹氏、取締役に名村卓氏(CTO)と山田進太郎氏が選任される予定。同社はメルカリにおける新たな事業の柱を集中的に検討するための子会社で、中長期の視点で新規事業の企画、開発、運営を担うための人材、環境を整備する。なお、メルカ
16Picks
Preferred NetworksがAI・高度IT人材育成に向け機械学習・深層学習コンテンツ4種を公開
TechCrunch Japan
|
Preferred Networks(プリファードネットワークス。PFN)は12月7日、AIおよびデータサイエンスを基礎から学びたい大学生・社会人向けに、機械学習・深層学習の基礎学習コンテンツ4種を、SIGNATEが運営する個人向けオンラインAI人材育成講座「SIGNATE Quest」のマーケットプレイスにおいて公開した。 SIGNATE Questは、AI開発やデータ分析のスキルを身につ...
11Picks
乳幼児向け知育玩具・おもちゃのサブスク「トイサブ!」運営のトラーナが約1億円を調達
TechCrunch Japan
|
乳幼児向け知育玩具・おもちゃのサブスクリプションレンタルサービス「トイサブ!」を展開するトラーナは12月7日、既存株主からの追加投資(フォローオン投資)による総額約1億円の資金調達を発表した。引受先は、ANOBAKA、サムライインキュベートの2社が運営する各ファンド。 調達した資金により、4年後の2024年に「トイサブ!」ユーザーを10万名にまで増やすべく、高機能な社内管理システム開発の加速...
(12件の記事)
42Picks
アマゾンを破壊する「ショッピファイ」の超威力
東洋経済オンライン
|
われわれベンチャーキャピタリストの間では有名なベンチャーですが、日本ではあまり知られていない注目企業の1つが、Shopify(ショッピファイ)です。ショッピファイは、企業のECサイト開発・運営を手がけています…
16Picks
新方式植物工場のプランテックスが農業機械大手クボタから資金調達、大規模マザー工場を建設
TechCrunch Japan
|
人工光型植物栽培装置「Culture Machine」および植物成長管理システム「SAIBAIX」の開発を手がける植物工場スタートアップのプランテックスは11月30日、第三者割り当て増資による資金調達を発表した。引受先は、農業機械メーカー大手のクボタ。 今回調達した資金は、同社事業の旗艦となる新方式植物工場(マザー工場)を建設・運営するための資金として活用。マザー工場の建設・運営を通じて、同...
15Picks
友人とのつながり・会話を楽しみつつグループ購入できる「シェア買い」の「カウシェ」が約1.8億円調達
TechCrunch Japan
|
友人や家族などとコミュニケーションを楽しみながらグループ購入を行える「シェア買い」アプリ「カウシェ」(KAUCHE。Android版・iOS版)開発・運営のX Asiaは11月30日、約1.8億円の資金調達を発表した。取引先はANRI、グローバル・ブレイン、千葉道場ファンド。調達した資金は、カウシェの機能開発、人材採用などの強化に用いる。 また、11月30日のAndroid版リリースを記念し...
13Picks
食品ロス削減のためのフードシェアリング「TABETE」運営のコークッキングが資金調達を実施
TechCrunch Japan
|
食品ロス削減のためのフードシェアリングサービス「TABETE」(タべテ。Android版・iOS版)運営のコークッキングは11月20日、プレシリーズAラウンドのサードクローズとして、資金調達を実施したと発表した。引受先は、DDHoldings Venture Capital、中国電力、kemuri ventures、中川成久氏など。 今回の資金調達により、TABETEサービス開発の強化や展開...
94Picks
ファミマ、無人決済店舗を来春開店へ 小さな商圏への出店狙う
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファミリーマートは11月4日、無人決済店舗のシステムを開発するTOUCH TO GO(東京都・港区)と業務提携したと発表した。2021年春頃に、ファミリーマートの無人決済店舗1号店を開店する予定だ。店舗の運営コストや従業員の作業負荷の軽減と、新たな店舗形態による商圏の小さな場所への出店を狙う。
工業団地開発・運営 概要
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム
インド
アメリカ合衆国