新着Pick
SPD3MS6GKFJKYBNK
農場運営・支援
CHN

農場運営・支援 業界

中華人民共和国
業界一覧
>
食品
>
農業
>
農場運営・支援
フルーツや野菜などの農場の運営主体として農業に従事する企業群や外部の農場運営を支援する企業群。畜産業を除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
「僕の倫理観からするとアウト」──WEIN騒動・本田圭佑氏が胸中を語る
DIAMOND SIGNAL
|
2020年5月に設立発表から、わずか9カ月で組織崩壊の危機に瀕しているベンチャー支援・ファンド運営のWEIN。立ち上げ人の1人であり、2月19日にファンドのGP(ゼネラルパートナー)を退任した本田圭佑氏に話を聞いた。
25Picks
なぜ、9カ月で内部崩壊が起きたのか──WEIN騒動・溝口勇児氏の言い分
DIAMOND SIGNAL
|
なぜ、ベンチャー支援・ファンド運営のWEINグループが内部崩壊の状態に陥っているのか。グループの立ち上げ人であり、現在資産管理会社WEiN、実質的ホールディングスのWEIN、グループ会社のWEIN Financial Group(WEIN FG)の代表取締役と、ファンド「WEIN挑戦者0号FUND」のGPを務める溝口勇児氏に話を聞いた。
88Picks
【単独】スター経営者集団「WEIN」はなぜ信頼崩壊したのか高岡浩三氏、溝口氏が語る“対立”
Business Insider Japan
|
FiNC Technologies(以下FiNC)創業者の溝口勇児氏が立ち上げ、本田圭佑氏、元ネスレ日本社長の高岡浩三氏といった経営者、著名な投資家らが参画する、ファンド運営・スタートアップ支援会社WEINグループが9カ月で「崩壊」したことが話題を集めている。 名前自体が看板になるほどの経営者や起業...
1294Picks
「スタートアップのガバナンスに一石を投じる問題」挑戦者支援のWEINが崩壊──本田圭佑氏らもすでに退任
DIAMOND SIGNAL
|
ネスレ日本代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏、プロサッカー選手であり事業家・投資家としても活躍する本田圭佑氏、FiNC Technologies創業者の溝口勇児氏──ベテラン経営者、ビジネスにも明るい著名人、スタートアップ起業家がタッグを組み、鳴り物入りでスタートしたはずだったベンチャー支援・ファンド運営のWEINグループが大きく揺れている。
72Picks
電通、サークル支援を通じて企業が学生にオファーできる「サークルアップ」共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
電通は、全国80大学に支部を持つ就職活動支援団体「エンカレッジ」を運営するRECCOOと共同で、企業が学生とサークル単位で接点を持つダイレクトオファー機能による採用ブランディングサービス「サークル
20Picks
4大陸18カ国に展開しているAI農業プラットフォームの南アフリカ発Aeroboticsが17.6億円調達
TechCrunch Japan
|
予想される人口増加と食糧需要に応えるために世界中で農業が背伸びをし、地球温暖化によって食糧安全保障がより差し迫った課題となっている中、南アフリカ発のスタートアップが人工知能を使い農場や樹木、果物の管理をすることで農家を支援している。 世界の農業にインテリジェントなツールを提供する南アフリカのスタートアップ、Aeroboticsは応募超過となったシリーズBラウンドで1700万ドル(約17億60...
78Picks
極右に人気の米SNSパーラーが一部再開、ロシアIT企業が支援
Reuters
|
[18日 ロイター] - 米国の極右勢力が多く利用する米新興SNS(交流サイト)「パーラー」の運営会社は、ロシア人が所有するIT(情報技術)企業の支援を得て、サイトを部分的に再開した。
49Picks
グーグルが300万ドルの基金創設、コロナワクチン巡る誤情報に対処
Reuters
|
[12日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルが運営するメディア支援事業、グーグル・ニュース・イニシアティブは12日、最大300万ドル相当の国際的な基金を創設したと発表した。
224Picks
緊急事態宣言 飲食店運営資金をクラウドファンディングで支援
NHKニュース
|
【NHK】1都3県を対象に緊急事態宣言が出されて影響を受ける飲食店などが、当面の運営資金を確保できるよう、インターネットのクラウド…
17Picks
noteがBASEとの資本業務提携を発表、クリエイターのファン形成・集客・販売を支援
TechCrunch Japan
|
メディアプラットフォーム「note」(ノート。Android版・iOS版)を運営するnoteは1月12日、Eコマースプラットフォーム「BASE」(ベイス)を提供するBASEを引受先とする第三者割当増資による資金調達と、資本業務提携契約の締結を発表した。今回の提携により、D2Cビジネスを手がけるクリエイターや、個人やスモールビジネスで活動するクリエイターのファン形成・集客・販売を両社で支援して...
10Picks
子ども向けプログラミング教室では「圧倒的に」女子が少ない――関係者が課題解決のヒントを探る
EdTechZine(エドテックジン)
|
次世代に活躍する人材の育成が求められている昨今、デジタル分野や工学分野などで活躍する女性が少ないことは日本の大きな課題とも言われている。この比率を上げるためには、子ども時代のプログラミング教室体験や理数系教育において、女子の参加を促すことが不可欠だ。この課題感のもと、11月25日に子ども向けプログラミング教室の開設・運営の支援を行うアフレルの主催によるオンライン座談会「Afrel ONE M...
222Picks
小規模自治体に公認会計士ら「経営のプロ」派遣…上下水・公共施設の運営支援
読売新聞オンライン
|
総務省は来年度、市町村による上下水道や公共施設の運営を支援するため、公認会計士や経営コンサルタントら「経営のプロ」を派遣する取り組みを始める。ノウハウや人材不足に悩む小規模な市町村など約500か所
12Picks
【独自】小規模自治体に公認会計士ら「経営のプロ」派遣…上下水・公共施設の運営支援 : 社会 : ニュース
読売新聞
|
総務省は来年度、市町村による上下水道や公共施設の運営を支援するため、公認会計士や経営コンサルタントら「経営のプロ」を派遣する取り組みを始める。ノウハウや人材不足に悩む小規模な市町村など約500か所に送る計画だ。施設の老
19Picks
EC業界カオスマップ2020 - 物流サービス編
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
|
EC業界は年々進展を続け、ECサイト運営事業者を支援する各サービスジャンルにも多くのサービスが乱立している。このEC業界カオスマップでは、eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化することを目的としている。2020年度版の5回目のサービスジャンルは「物流サービス」編となる。
55Picks
マイクロソフト、eスポーツプラットフォームのSmash.ggを買収
CNET Japan
|
マイクロソフトが、ゲーム大会の開催や運営を支援するサービスを提供するサイト、Smash.ggを買収したことが明らかになった。
23Picks
海外留学で考え方が変わった!下を向いて働いている若者に働き方や生き方の支援を行いたい
TRY BASE
|
今回は、当メディアTRYBASEを運営されている株式会社MIRAIDの代表取締役の小山大湖さんにインタビューさせて頂きました。起業支援や若者のベンチャーキャピタルとしてのポジションを確立させるべく、日々お仕事に励んでいらっしゃいます。
64Picks
GoTo電子クーポン不正取得 JTB「るるぶトラベル」で被害続出
文春オンライン
|
政府の観光支援策「GoToトラベル」事業で、「地域共通クーポン」の不正取得が相次いでいる問題。中でも、大手旅行代理店JTBが運営する「るるぶトラベル」を経由した予約を通じて、不正取得が続出していること…
37Picks
大学キャリアセンターの7割「就活状況の把握難しい」。企業から大学へのアプローチも激減
Business Insider Japan
|
「就活がうまくいっていない学生のフォローができない」 —— 。 就活支援サービスを運営するディスコでは、全国の大学455校のキャリアセンターを対象にアンケートを実施。7割以上が「就活状況の把握が困難」と感じているなど、大学が行うキャリアサポートの難しさが浮き彫りになった。 企業の採用意欲、6割が「低...
50Picks
スポーツ特化型ギフティングサービスの「エンゲート」が資金調達を実施
TechCrunch Japan
|
スポーツ特化型ギフティングサービス「エンゲート」を提供するエンゲートは11月2日、第三者割当増資として、資金調達を実施したと発表した。引受先は、SBIインベストメントが運営するファンド、セゾン・ベンチャーズ、セガサミーホールディングス、MPandCの4社。 エンゲートはスポーツファンがチームや選⼿を「応援する気持ち」を「ギフティング」(投げ銭)を通じて応援するサービスを提供。 応援したいチー...
143Picks
「GoToイート」開始2週間 負担懸念、参加に二の足―混乱各所で、店から苦言
時事ドットコム
|
新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店に対する政府の支援策「Go To イート」キャンペーンが始まって2週間が過ぎた。だが、オンライン予約サイトの手数料など新たな負担が必要で、参加に二の足を踏む店も少なくない。制度運営に混乱もあり、登録店側も戸惑いを隠せない。
農場運営・支援 概要
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
オーストラリア
アメリカ合衆国