新着Pick
SPD3LRZNHRSWSI21
バイオ燃料
ALL

バイオ燃料 業界

世界
業界一覧
>
エネルギー
>
再生可能エネルギー源
>
バイオ燃料
バイオ燃料を製造する企業群。但し、電力向けを除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
世界初、石油の代替となるバイオ燃料を合成可能な植物プランクトンを発見
大学ジャーナルオンライン
|
海洋研究開発機構(JAMSTEC)、豊橋技術科学大学、生理学研究所のグループが、石油と同等の炭化水素(炭素数10から38までの飽和炭化水素)を合成する能力をもつ植物プランクトンを世界で初めて発見した。 世界初、石油の代替となるバイオ燃料を合成可能な植物プランクトンを発見
97Picks
ガソリンと同じ成分作る植物プランクトン発見
NHKニュース
|
【NHK】ガソリンと同じ成分を体内で作る植物プランクトンを海洋研究開発機構の研究グループが北極海で発見し、新たなバイオ燃料の開発に…
137Picks
「第5次産業革命はバイオからやってくる」生命の限界を超える合成生物学
Business Insider Japan
|
人工クモ糸を合成し繊維へと加工する技術で有名な国内ユニコーンのスパイバーに、ミドリムシからバイオ燃料を作るユーグレナ。 こういった注目の国内ベンチャーに共通している要素は、何だと思いますか? これらの企業はみな「バイオ技術」を基盤技術としています。 実は今、このように産業の現場でも重宝されているバイ...
10Picks
バイオ燃料で日本牽引 ユーグレナが民間機フライトを実現
Forbes JAPAN
|
脱炭素社会に向け、二酸化炭素の排出量削減は待ったなしだ。国土交通省によると、国内の総排出量の18.5%が運輸部門であり、うち5%は航空輸送であるという。自動車に比べると環境負荷は軽微なものの、鉄道では約4%と、ほぼ同等だ。国内大手は環境対策・・・
14Picks
ウンチがお金に変わるトイレが開発される - ナゾロジー
ナゾロジー
|
ウンチをメタンに変えて建物にエネルギーを供給 ジェウェン氏が設計した「BeeVi(“蜂”と“ビジョン”の混成語)トイレ」は、真空ポンプを使用して排泄物を地下タンクに送ります。 その後、微生物が排泄物をメタンに分解。 このメタンはバイオ燃料になるため、ストーブや温水ボイラー、燃料電池に活用できます。
19Picks
「まだミドリムシを使う気はない」ユーグレナ、バイオ燃料事業の本質
Business Insider Japan
|
「テックベンチャーが打ち破らなければならない壁として、物理的達成の壁があります。ただ、社会実装するには物理的達成とは関係なくいくつか別の壁があると思っています。今回、それを乗り越えられたということは、とても大きなことだと思います」 バイオベンチャー・ユーグレナの永田暁彦副社長はBusiness In...
40Picks
エンジン車でも脱炭素の切り札!? バイオエタノール燃料はなぜ日本で普及しないのか
ベストカーWeb
|
実はエンジンを使ったクルマでも燃料でカーボンニュートラル可能!?  ブラジルや米国ではクルマの燃料として普及。トウモロコシやサトウキビを原料としたバイオエタノール燃料はなぜ日本で普及しないのか? そして研究が進む次世代バイオ燃料の現状と日本での今後の可能性は?
10Picks
ミドリムシ空を飛ぶ。ユーグレナ、バイオジェット燃料で初飛行
Business Insider Japan
|
6月4日、17時頃、愛知県にある中部国際空港に1機の飛行機が着陸した。 バイオベンチャー・ユーグレナが研究開発を続けていた、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を原料の一部として作られたバイオジェット燃料を搭載した飛行機が、初めてのフライトを成功させた瞬間だ。 この成功によって、「ミドリムシで空を...
19Picks
ユーグレナ社のバイオ燃料を使用した初フライト実現!国土交通省が保有・運用する飛行検査機において、バイオジェット燃料を導入したフライト・飛行検査業務を実施
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
株式会社ユーグレナのプレスリリース(2021年6月4日 18時00分)ユーグレナ社のバイオ燃料を使用した初フライト実現!国土交通省が保有・運用する飛行検査機において、バイオジェット燃料を導入したフライト・飛行検査業務を実施
22Picks
ENEOS・三井化学・ホンダなど参戦、藻類の量産・製品化事業は脱炭素への足がかりになるか
ニュースイッチ
|
バイオ企業群を束ねる、ちとせバイオエボリューション(シンガポール)は、ENEOSや三井化学、ホンダなど企業16社を含めた20社・団体と藻類の量産と製品化で連携すると発表した。2025年には藻類を年14万トン(乾燥状態)供給できる世界最大の量産設備を建設する。化石資源に頼らずに藻類から燃料やプラスチック、食品の原料を生産し、温室効果ガス排出量を実質ゼロにする脱炭素に貢献する。 他にも花王や日本...
589Picks
バイオ燃料を「完成」したユーグレナが明かさない3つの秘密
NewsPicks編集部
|
3月15日、ユーグレナ(本社・東京都港区)が2021年中にバイオジェット燃料の供給を開始すると発表した。ユーグレナは2010年からおよそ10年をかけて、バイオ燃料の開発に取り組んできたが、ジェッ...
668Picks
【図解】脱炭素の鍵となる「バイオ燃料」の現在地
NewsPicks編集部
|
ユーグレナが「ミドリムシを原料としたバイオジェット燃料を完成させた」と発表。バイオ燃料とは何か。なぜ「藻」がこれほどまでに注目されるのか。その背景を一から図解する。
120Picks
給油所でバイオ燃料を販売 ユーグレナ、3日間限定
共同通信
|
給油所でバイオ燃料を販売 バイオベンチャー企業のユーグレナは9日、藻類のミドリムシと使用済みの食用油から作ったバイオディーゼル...
14Picks
ミドリムシが原料のバイオ燃料をバイオベンチャーのユーグレナが販売 次世代エネルギー事業の今後は
FNNプライムオンライン
|
一般向けに発売ミドリムシを原料の一部にした燃料が、初めて一般向けに発売。 西村昌樹記者:こちらのミド...
11Picks
外面はバイオ燃料ベンチャーで内実は健康食品屋のユーグレナ、青汁キューサイの買収資金欲しさに希薄化22.55%の海外向け株券印刷 : 市況かぶ全力2階建
市況かぶ全力2階建
|
ぱりてきさす@paristexas2009ユーグレナはジェット燃料に投資せずに青汁に投資して、それで株主の人たちは満足なんかな。2020/12/14 15:27:312021/04/07 15:30 ユーグレナ海外募集による新株式発行に関する補足説明資料https://www.euglena.jp/ir/news/矢澤にこ@nicoDisclo
513Picks
ユーグレナ、バイオジェット燃料「完成」を発表 年内に商業フライト実現へ
Business Insider Japan
|
ミドリムシを利用したバイオ燃料の製造などを手がけるユーグレナは3月15日、神奈川県横浜市に保有しているバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで、米国材料試験協会が定めた国際規格である「ASTM D7566 Annex6 規格」(以下、ASTM規格)に対応したミドリムシ由来のバイオジェット燃料...
10Picks
Shellの気候計画における柱はEV充電ステーション、バイオ燃料、水素転換、化学物質
TechCrunch Japan
|
世界最大の上場石油製造会社の1社であるRoyal Dutch Shell Groupが、温室効果ガス排出ゼロの気候に配慮した社会の中で同社がいかに生き残って行くかについての計画を発表した。
バイオ燃料 概要
世界
中華人民共和国
マレーシア
タイ
フィリピン
インド
アメリカ合衆国