新着Pick
SPD3FU25206LXZAJ
業務用食品・食材卸
JPN

業務用食品・食材卸 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
食品専門卸
>
業務用食品・食材卸
主に外食・旅館・ホテル向けに、業務用の加工食品、加工食材、飲料・酒類の卸売りを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
バイトダンスも注目の業態は火鍋×コンビニ?新基軸の生鮮食品チェーンが約16億円を調達
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
火鍋用の食材に特化した生鮮食品小売チェーンを展開する「懶熊火鍋(Lazy Bear Hot Pot)」がシリーズAで約1億元(約16億円)を…
18Picks
旅客便「運休続出」で大打撃…機内食向け食材卸、負債48億円で事業停止
読売新聞
|
帝国データバンク千葉支店は12日、機内食向け食材卸業「ムツミグローバルフーズネットワーク」(東京都中央区)と関連会社「フードリンケージ」(千葉県八街市)が10日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したと発表した。負債
17Picks
伊藤忠、大手卸と食品サプライチェーンDX推進 食品ロス・機会ロスを削減
環境ビジネスオンライン
|
伊藤忠商事(東京都港区)は2月1日、グループ会社で食品卸大手の日本アクセス(東京都品川区)と連携し、食品サプライチェーンDX(デジタルトランスフォーメーション)を本格的に展開すると発表した。日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測と発注最適化のソリューションを導入する。
12Picks
伊藤忠商事、AI需要予測と発注最適化を導入 発注業務を半分に - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
伊藤忠商事株式会社は2月1日、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に、人工知能(AI)を用いた需要予測および発注最適化のソリューションを導入開始したと発表。関連記事:ライフ、AI需要予測を導入 作業時間を年間15万時間も削減伊藤忠商事は2020年から、株式会社ブレインパッドやグループ会社の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と連携。...
28Picks
伊藤忠商事、食品サプライチェーンDXを本格的に展開へ
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠商事株式会社は、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測及び発注最適化のソリューションを導入...
57Picks
居酒屋大手ワタミが野菜の宅配 巣ごもり需要狙いも
テレ朝news
|
あの「ワタミ」が、今度は野菜の宅配を始めます。  居酒屋大手のワタミは自社の食事宅配サービス「ワタミの宅食」を使い、22日から野菜の宅配を始めます。  業務用野菜卸大手のデリカフーズと提携し、7種類以上の国産野菜や果物が詰め合せになった「旬の野菜BOX」を週替わりで届けるということです。  ワタミは緊急事態宣言に伴う外出自粛の要請を受けて買い物の負担を軽減したいとしていますが、居酒屋事業が苦...
494Picks
【業務スーパー 社長】過去最高売上高を更新中、人気の秘密は?
NewsPicks編集部
|
「業務スーパー」をご存じでしょうか。「業務用の店じゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、「一般のお客様大歓迎」の食品スーパーです。
36Picks
大阪を中心に暗躍する「取り込み詐欺会社」の呆れた実態
Diamond Online
|
コロナ禍で飲食店やホテルの苦境は言わずもがなだが、こうした外食産業に食材を納める業務用の食品卸業者にも当然厳しさは波及している。とくに高級食材を扱うところほど「巣ごもり消費」の恩恵が乏しく、売り上げが落ち込んでいる。そこを狙いすまして活動するのがBtoBの領域で活動する「取り込み詐欺」だ。
415Picks
食品廃棄率1/20、農家の取り分1.5倍 —— 食材流通テックが挑む非効率ただす「中抜き革命」
Business Insider Japan
|
店頭に並ぶも、口に運ばれることなく廃棄された大量の恵方巻きの「食品ロス」が世の中を騒がせている。 恵方巻きの一件はわかりやすい例だが、実は私たちがほぼ目にすることがない業務用青果流通でも、日々大量の食品ロス(廃棄)が発生している。例えば、レストランなどへのB2B流通にまつわる廃棄だ。一般的に、青果の...
398Picks
ニューヨークで“NATTO(納豆)”起業家が誕生
NewsPicks編集部
|
“NY発”のグルメは、米国のみならず日本、世界でもヒットするものが少なくありません。 また、味にうるさいニューヨーカーは、健康志向が強く、値段が少々高くても「安心・安全」の食材や食品を買うと言わ...
358Picks
アマゾン「レシピ付き食材配達サービス」を準備中
Business Insider
|
アマゾンは食品配達事業の拡大を狙っているようだ。食肉加工大手のタイソン・フーズと提携し、レシピ付き食材配達サービスを開始しようとしているという。 タイソン・フーズのドナルド・スミス最高経営責任者...
324Picks
ヤフー、料理動画食材購入可能に 社長が方針明らかに
共同通信
|
ヤフー、料理動画食材購入可能に ヤフーの川辺健太郎社長が25日までに共同通信のインタビューに応じ、生鮮食品を扱うインターネットスーパー事業と、料理の作り方を紹介するレシピ動画配信サービスを連動させる方針を明らかにした。「レシピの食材...
319Picks
「食品ロス」減へ スーパーの食材を「子ども食堂」に
NHKニュース
|
売れ残りなどによって食材が捨てられる「食品ロス」を減らそうと、東京 荒川区はスーパーで賞味期限が近づいた食材などを地域で…
251Picks
全体の6割を占める?年収400万円未満の世帯をターゲットに料理・盛り付け提案
ニュースイッチ
|
三菱食品は年収400万円未満の世帯に着目した提案を具体化する。この世帯を「ニューエコノミカル層」と位置付け、今後増加を予想する。手軽に買える食材で少しの手間を掛けて作ることができる料理の提案や、会員制交流サイト(SNS)を意識した包装容器や盛り付けの導入などを、卸先である食品スーパーマーケットなどに促す。 厚生労働省の国民生活基礎調査によると、2015年は年収400万円未満の世帯が全体の46...
225Picks
クックパッド、近隣スーパーのクーポン配信 レシピ検索と連動
www.nikkei.com
|
 レシピ検索サイトのクックパッドは食品スーパーで使える割引クーポンの配信を11日から始める。利用者が閲覧したレシピに使用する食材のクーポンをサイトやスマートフォン(スマホ)アプリに表示する。利用者は居
225Picks
“年収400万円時代”に先手を打つ
NHKニュース
|
「2020年には全世帯の6割が年収400万円未満になる」こう予測したのは役所でもシンクタンクでもなく、消費者にとってはなじみが薄い食品卸の最大手「三菱食品」です。製品をみずから作り出しているわけでもなく、消費者に直接商品を売っているわけでもない卸売りの会社が、独自の調査・分析をもとに未来を予測している…、そんな情報を耳にして一体どのような未来を想定し、どんな一手を打ち出そうとしているのか、取...
203Picks
食品衛生法、15年ぶりの大改正。影響のある業種と対応すべきこと
フーズチャネル
|
外食、製造、卸、小売など、食品業界すべての事業者に関わる「食品衛生法」が2018年6月に改正された。HACCPの制度化や食品リコールの報告義務化など、大きな見直しが行われている。どのような対応が求められるか、専門家の見解とともに見てみよう。
156Picks
日本製粉の弁当ロボット、毎時4400食分の総菜供給
ニュースイッチ
|
日本製粉は食品業界向けの双腕ロボット「ニトロン」の拡販に乗り出す。人手不足問題を解決するため開発したロボットで、双腕を使用した場合、毎時4400食分の総菜の供給といった高速処理が可能。食材やメニューが多様なコンビニエンスストア向けの弁当・総菜会社や、スーパーマーケットの調理場などでの省人化需要を見込む。これらの分野は食品業界の中でも人海戦術が中心で、ロボット導入が遅れている。ロボ価格は150...
153Picks
AIがレシピ考えた「日清カレーメシ」はトマトベースでチキン入り
ニュースイッチ
|
日清食品(東京都新宿区、安藤徳隆社長、03・3205・5111)は20日、インスタント食品「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた=写真」を9月3日に発売すると発表した。人工知能(AI)が2400万通りの食材の組み合わせから最適なレシピを選定し、商品化。価格は220円(消費税抜き)。 同商品は湯を注ぎ、かき混ぜて、とろみのあるカレーが調理できる。カレールーにはトマトをベースにチキンのうま味...
業務用食品・食材卸 概要
日本
フィリピン