新着Pick
SPD393CQV4CC00D9
半導体・液晶製造装置(前工程)
ALL

半導体・液晶製造装置(前工程) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体・液晶製造装置(前工程)
半導体及び液晶、太陽電池の製造に使用される装置及びその検査装置の内、前工程で使用される装置を製造する企業群。前工程とは、リソグラフィ技術を中心とした微細加工工程
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
三菱ケミカルが半導体関連事業で攻める!需要急増の精密洗浄サービスなどを強化
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルは、欧州の半導体製造装置向け精密洗浄サービスの拠点拡張などで、半導体関連事業を拡大する。2021年度にドイツで新工場を建設して処理能力を従来比2倍に、フランスでは同3割増強する。窒化ホウ素を使った放熱シートは21年度に国内で量産設備を立ち上げ、半導体用薬品は21年夏に台湾で生産能力を同5割増強する。 半導体製造装置の精密洗浄サービスは、半導体の生産拡大に伴い需要が増えている。欧州...
7Picks
デジタル出力非対応の旧型半導体製造装置、京セミが取り組んだIoT化の道のり
MONOist
|
京都セミコンダクターはIoT化プロジェクト「スマートFAB」を推進中だ。同社はRaspberry Piなどの各種センサーを用いて、25年以上前から使用を続けるプラズマCVD装置などをIoT化した。これにより各種装置の稼働状況やクリーンルームの環境情報に基づいた早期の異常検知を実現している。
195Picks
半導体製造装置メーカーが最大の勝ち組に浮上、供給危機が強材料に
Bloomberg.com
|
突然の半導体不足は自動車生産に混乱をもたらし、米アップルの売上高の伸びを抑制している。一方で半導体製造装置メーカーの株価にとっては強材料となっている。
4Picks
米、中国SMICへの米製品輸出許可手続きが停滞
Reuters
|
[4日 ロイター] - 米政府による中国半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)の事実上の禁輸リスト指定を受け、半導体製造装置メーカーのラム・リサーチやアプライド・マテリアルズなど米企業が政府に申請したSMICへの輸出許可の承認手続きが滞っていることが明らかになった。
3Picks
米、中国SMICへの米製品輸出許可手続きが停滞 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[4日 ロイター] - 米政府による中国半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)の事実上の禁輸リスト指定を受け、半導体製造装置メーカーのラム・リサーチやアプライド・マテリアルズなど米企業が政府に申請したSMICへの輸出許可の承認手続きが滞っていることが明らかになった。複数の業界筋によると、米メーカー側は推定計50億ドル相当の半導体関連装置および材料の輸出を申請しているが、多くはまだ承認...
12Picks
半導体が「スーパーサイクル」再突入、装置メーカーがとにかく強気だ!
ニュースイッチ
|
半導体の需要が増え続ける「スーパーサイクル」に再突入したことを背景に、半導体製造装置市場の活況が続いている。2017―18年の第1次に続く2回目の突入で、第5世代通信(5G)の普及やデータセンターなど向けの先端半導体需要がけん引し、20―22年は3年連続で市場拡大が続く見通しだ。自動車の減産を招いている車載用半導体の供給不足も、中長期では追い風になりそうだ。装置各社は強気の姿勢を示す。(張谷...
14Picks
ダイキンが韓国に40億円投じて新工場、半導体用エッチングガスを生産
ニュースイッチ
|
ダイキン工業は韓国・忠清南道に半導体製造用のフッ素系エッチングガスの新工場を建設し、2022年10月をめどに稼働する。現地の半導体製造装置メーカー、C&Gハイテックと設立する合弁会社を通じ、韓国サムスン電子やSKハイニックスなどの半導体メーカーに供給するとみられる。総投資額は5年間で40億円弱(約420億ウォン)。19年に韓国への輸出管理が強化された製品に該当しておらず、需要地に生産体制を構...
232Picks
半導体で“日台連合”実現か?受託生産最大手のTSMC、つくばに開発センター新設へ
ニュースイッチ
|
半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、2021年内にも茨城県つくば市に先端半導体製造の技術開発センターを新設する計画が分かった。日本の製造装置・素材メーカーと共同開発に乗り出す。また、北九州市を有力候補として25年をめどに工場建設を検討する。日本政府も支援する。第5世代通信(5G)や人工知能(AI)に使う先端半導体は米中貿易摩擦の主戦場であり、関連産業の...
10Picks
半導体のEUV露光で高まる日本メーカーの存在感、普及はどこまで進む?
ニュースイッチ
|
微細化追求 見極め重要 半導体回路の微細化で欠かせない「極端紫外線(EUV)露光」の周辺工程で、日本の装置メーカーの存在感が増している。最も重要な露光装置は蘭ASMLが市場を独占するものの、検査や感光剤の塗布・現像など周辺装置分野では日本勢が高いシェアを持つ。ただ先端のEUV関連装置は高額で、半導体メーカーにとって投資負担が大きい。長期的には、どこまでEUVの導入拡大が続くのか不透明な面もあ...
52Picks
アプライド、KOKUSAIへの買収提示額59%引き上げ-3600億円に
Bloomberg
|
半導体製造装置メーカー大手の米アプライド・マテリアルズは、米投資会社KKR傘下の日本企業KOKUSAI ELECTRICに対する買収提示額を59%引き上げた。成長産業におけるバリュエーション(企業評価)の上昇を理由に挙げている。買収期限も約3カ月延長した。
862Picks
【教養】日本人が忘れている「レアメタル」をあなどるな
NewsPicks編集部
|
究極の「川上」は、中国の手中にある──。半導体をめぐる米中の覇権争いが激しさを増している。アメリカは、自国製の半導体や製造装置を事実上禁輸するなど、中国に対して厳しい制裁を加えている。中国は現在...
25Picks
「半導体の前工程製造装置は過去最高に」東京エレクトロン社長の読み筋
ニュースイッチ
|
半導体製造装置市場が活況を呈している。第5世代通信(5G)、IoT(モノのインターネット)向け半導体需要増に伴い、半導体メーカーの投資意欲が旺盛だ。新型コロナウイルス感染拡大や米中貿易摩擦などが不安材料となるものの、中長期での成長が期待されている。市場の見通しや環境変化への対応などについて、各社トップに聞いた。初回は東京エレクトロンの河合利樹社長。 ―市場の見通しは。 「2020年は5G携帯...
12Picks
半導体製造装置、前年同期比で30%増と急成長
EE Times Japan
|
2020年第3四半期(7~9月)の半導体製造装置(新品)世界総販売額は、約194億米ドルになった。前期に比べ16%増となり、前年同期比では30%の増加となる。SEMIが発表した。
17Picks
半世紀に一度のゲームチェンジが起こる半導体業界、「日本が戦う新しい舞台に」
EE Times Japan
|
半導体の設計研究センター「d.lab」センター長、先端システム技術研究組合(略称RaaS:ラース)理事長を務める黒田忠広氏、SEMIジャパン社長を務める浜島雅彦氏とオンラインで対談。半導体業界の展望や両組織での取り組みおよび半導体製造装置/材料業界に求められることなどを語った。
22Picks
東京エレクトロンの時代到来、日本経済の牽引役に世界の半導体産業を支える重要企業
ビジネスジャーナル
|
10月29日、大手半導体製造装置メーカーである東京エレクトロンが、2021年3月期の通期の業績予想を上方修正した。それは、同社の競争力が高まっていることを示す。コロナショックによって日本の経済は依然として厳しい状況にあるが、東京エレクトロンのように製造技術を強みに競争力を発揮する...
32Picks
半導体巡り米中の「縄張り」争いが激化-日欧も囲い込み図る
Bloomberg.com
|
8月のとても暑い日だった。オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが約1600万ドル(約17億円)をかけて台湾南部の台南に建設したトレーニングセンターの開所式が行われ、当局の高官や業界幹部が集まった。
124Picks
ニコン、今期750億円の営業赤字に カメラ苦戦続く
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - ニコン<7731.T>は6日、2021年3月期の連結業績が750億円の営業赤字(前年は67億円の黒字)になりそうだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、カメラ事業が引き続き苦戦。半導体製造装置も、海外取引先に搬入するための技術者を派遣できないなどの理由で中期経営計画の想定を下回る。
212Picks
ロームが大方針転換、半導体で自前主義脱却の理由
ニュースイッチ
|
ロームは垂直統合型のビジネスモデルを転換し、半導体受託製造(ファウンドリー)や半導体後工程請負業(OSAT)などへの外注比率を2021年めどに約30%(現状は8%程度)まで高める。市況や顧客からの受注量急増といった変化への対応力強化と固定費の抑制が目的。企業名などは明らかにしていないが、台湾や中国本土などのファウンドリー4社、OSAT11社とすでに協議を始めている。 ロームはウエハー製造から...
214Picks
この5年で最も勢いがある製造業は半導体製造装置だった!
ニュースイッチ
|
5年前からの我が国製造業を振り返ってみると、景気後退局面から始まり、アベノミクス、消費税率引上げなど色々なことがあったが、どんな製品が下支えしていたのだろうか。経済ニュースでは自動車やスマートフォン部品のことが、よく話題にあがる。たしかにこれらも主役だったが、実は半導体製造装置の存在感が意外にも大きいことを御存知だろうか? 下の図は、鉱工業生産指数を用いて、5年前の2012年度平均の水準を1...
179Picks
思わぬ壁にぶつかる「次世代の半導体製造技術」
Bloomberg Businessweek
|
半導体製造の進歩が物理的限界という壁にぶつかり、製造コストの上昇が危惧されるなか、半導体業界のリーダーたちはASMLという名のオランダ企業に大きな信頼を寄せている。 ASMLは10年近く前から、...
半導体・液晶製造装置(前工程) 概要
世界
シンガポール