新着Pick
SPD2YC3AOQZTJ20I
半導体(パワー)
JPN

半導体(パワー) 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体(パワー)
モーター駆動、バッテリー充電、またはマイコンやLSIを動作させるなど、電源(電力)の制御や供給を行うことを目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も
高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も | いま、注目のテーマ | マネクリ - お金を学び、マーケットを知り、未来を描く | マネックス証券
|
デジタルシフトや脱炭素で次世代化合物半導体への期待高まる。省エネ性能が高く、高電圧・高温下にも強いSiC(炭化シリコン)。昭和電工、ローム、富士電機などがSiCに注力
91Picks
経産省が産業再興へ支援。新潟「パワー半導体共同工場」の全貌
ニュースイッチ
|
新潟県での電力制御用パワー半導体共同工場計画が明らかになった。国内メーカー中心に参加を募り、大量生産によるスケールメリットを追求する。世界のパワー半導体市場では欧米大手に比べて日本勢は大規模投資に及び腰で、今後の国際競争力低下が懸念される。ロジックを含めて何度も浮かんでは消えた共同ファブ構想が日本の半導体産業再興に一役買うか注目だ。 計画主体となる合同会社ジャパンスペシャリティファンダリ(東...
12Picks
「GaNパワー半導体」関連銘柄は、省エネ&CO2削減に 欠かせない“国策テーマ株“! 半導体市場で日本企業が シェアを拡大するカギとなる「次世代半導体」に注目! - 「お宝銘柄」発掘術!
Diamond Online
|
「GaNパワー半導体」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。半導体の世界市場が拡大しているなか、日本の半導体産業は世界的にシェアが低下しています。半導体の需要が増し、世界市場が拡大している一方で、日本の半導体産業は世界的にシェアが低下しています。半導体は、5GやAI、IoT、自動運転、ロボティクス、スマートシティなどに利用され、デジタル社会を支える重要な基盤となっています。また、...
(15件の記事)
20Picks
豊田通商と関学大、次世代パワー半導体基板の欠陥を無効化する技術
ニュースイッチ
|
関西学院大と産学連携 豊田通商は関西学院大学と共同で、次世代パワー半導体材料の炭化ケイ素(SiC)基板の欠陥を無効化する「Dynamic AGE―ing(ダイナミック・エイジング)」技術を開発した。その実用化に向け、さまざまな企業が技術開発に参加できるオープンイノベーションを推進。自社で技術を囲い込まず、各企業が専門的な知見を生かせるプラットフォーム構築を目指す。(森下晃行) 社内ファンド ...
17Picks
GaN基板の売上高100億円超へ、住友化学が狙う領域は?
ニュースイッチ
|
住友化学は5年後をめどに気相成長(HVPE)法による窒化ガリウム(GaN)単結晶基板の売上高を現在の3倍強の100億円超へ引き上げる。2022年にもパワー半導体向けに4インチサイズの単結晶基板の量産販売を始める。100億円規模の投資も視野に、24年頃に国内で本格的な4インチ基板拡大に必要な生産体制を整える。 同社は高輝度プロジェクターなど向けのレーザー光源用2インチ基板で高シェアを握る。技術...
14Picks
大口径GaN基板を量産化へ。三菱ケミカルがEVの新たな可能性を切り開く
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルなどが大口径の窒化ガリウム(GaN)単結晶基板の量産化にめどを付けたことで、走行中に電気自動車(EV)を非接触充電する次世代EV技術が実現に近づいてきた。同基板はより大電流動作が可能な高耐圧パワー半導体を実現でき、電子機器などを効率化、小型化できるからだ。新素材がEVの新たな可能性を切り開く。(梶原洵子) 走行EVを充電 現在パワー半導体はシリコンや炭化ケイ素(SiC)基板上にG...
111Picks
東芝が開発、電力損失を最大40.5%低減できるパワー半導体
ニュースイッチ
|
東芝は、電力のオンとオフが切り替わる際の電力損失を最大で従来比40・5%低減できるパワー半導体を開発した。再生可能エネルギーシステムや電気自動車(EV)、鉄道、産業機器などに搭載される電力変換器を高効率化できる。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)社会の実現に貢献する。 東芝が開発したのは、パワー半導体の一種である「IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)」。ゲート電極を三...
27Picks
2020年のパワー半導体企業売上高ランキング、トップ10に日本勢は4社 Omdia
TECH+
|
市場動向調査会社である英Omdiaによると、2020年のパワー半導体市場は前年比2.6%増の144億6000万ドルとなったという。
169Picks
半導体製造の契約期間を最長5年に変更するTSMCの強気
ニュースイッチ
|
半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が主要顧客に対して契約期間の単位を従来の1年間から3―5年間に変更すると通知したことが分かった。市況の需給逼迫(ひっぱく)を踏まえた強気の方針転換だが、半導体不足の深刻な自動車メーカーなどにとっては“条件改悪”となり、生産計画などの自由を奪われかねない。最近顕在化した産業界のパワーバランスの変化を如実に現す。 TSMCは...
14Picks
炭化ケイ素製「特殊ねじ」、鍋屋バイテックがパワー半導体や航空用途に量産化
ニュースイッチ
|
鍋屋バイテック(岐阜県関市、岡本友二郎社長)は、炭化ケイ素(SiC)製の「特殊ねじ」を開発した。耐熱性、耐薬品性に優れ、高硬度という特性を生かし、次世代半導体として期待が高いパワー半導体関連や、航空宇宙関連での採用を提案する。2021年度末の量産化を計画し、初年度1億円の売り上げを目指す。 車載部品など、さまざまな環境下で使われる部品の増加に伴い、従来にない特性や機能を備えた特殊ネジの需要が...
15Picks
半導体:起死回生 ソニー、ルネサス、キオクシア、ローム 四天王の戦略解剖=若林秀樹 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
現在1桁台まで世界シェアが落ち込んだ日本半導体だが、NAND型フラッシュメモリー、センサー、パワー半導体では、依然国際競争力を保っている。世界市場は2021年に50兆円超と見込まれ、新たな成長段階に入る。特に、自動車関連などでは、パワーやアナログ半導体、センサーが大きく伸び、追い風だ。
12Picks
韓国がパワー半導体のSiC素材検査技術を国産化…「日本の半分のコストで開発」 - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
韓国電気研究院(以下KERI)の研究のチームが、パワー半導体素子の開始点である炭化ケイ素(SiC、 Silic […]
316Picks
テスラ、自律走行技術を全面的にライセンス供与へ
Forbes JAPAN
|
イーロン・マスクは、テスラの最先端テクノロジーでウォールドガーデンを構築するつもりがないようだ。モノリシック・パワー・システムズ(Monolithic Power Systems)のような半導体企業にとって、これは朗報だ。マスクは2月3日、・・・
22Picks
日本企業、世界のパワー半導体市場で存在感高まる“すり合わせ”技術、競争力の源泉に
ビジネスジャーナル
|
近時、パワー半導体分野で新しい取り組みを進める日本企業が増えている。広島県にて、三菱電機はパワー半導体の新しい製造拠点の稼働を目指している。東芝も国内での生産能力の増強に取り組む姿勢を鮮明にしている。また、富士電機は中期経営計画のなかでパワー半導体の成長力強化に取り組むことを明記...
347Picks
世界を一変させる日本発、画期的半導体 京都大学初のベンチャー、酸化ガリウムの新技術
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
現在、電力制御を行うパワー半導体の世界では、シリコンより半導体物質としてのパフォーマンスが高い炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)を活用する開発が進み、成果を出している。しかし、早くもその先を行く画期的な半導体の新技術が開発されている。しかも日本発だ。
半導体(パワー) 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール