新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
VRで顔を触られた感覚が体験できる!電通大が吸盤式触覚システム開発
ニュースイッチ
|
電気通信大学の亀岡嵩幸大学院生と梶本裕之教授らの研究グループは、顔を触られたような感覚が体験できる吸盤式触覚システムを開発した。吸盤の吸引径と吸引強度で触覚や圧覚を制御する。ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)に搭載することで、「顔に触れる」「風を感じる」といった仮想現実(VR)での演出ができると期待される。 HMDに直径2ミリ―12ミリメートルまでの吸盤を貼り付けてポンプで顔の皮膚を吸...
7Picks
HarvestXがイチゴの完全自動栽培ロボットシステムの研究開発施設「HarvestX Lab」開設
TechCrunch Japan
|
ロボットによる受粉と収穫で植物工場での果菜類の完全自動栽培を目指す農業機器開発スタートアップHarvestX(ハーベストエックス)は6月21日、イチゴの完全自動栽培ロボットシステムの研究開発施設「HarvestX Lab」を、東京大学本郷キャンパス内のアントレプレナーラボに開設したと発表した。
10Picks
「オンラインだから伝わらない」ではなく、課題が明確になっただけ──『具体と抽象』細谷功さんに聞く、会話のコツ
サイボウズ式
|
細谷 功(ほそや・いさお)さん。東京大学工学部卒業後、株式会社東芝を経てコンサルティングファームで業務改革(新製品開発、営業・マーケティング、生産領域)や戦略策定(技術領域、システム領域など)、グローバルERP導入、プロジェクトマネジメント、チェンジマネジメントなどに携わる。近年は著述・企業研修を中心に活動中。ロングセラーとなった『地頭力を鍛える〜問題解決に活かすフェルミ推定』(東洋経済新報...
1Pick
発見が難しい超微細な不良を人とAIが協働で検出するシステムを開発
MONOist
|
トライアートは、トヨタ自動車九州と共同で、熟練工が感覚的に発見するような超微細な生産ライン上の不良を、人とAIとが協働で検出する「不良予兆感知システム」を開発し、レクサス製造ラインにおいて試行開始した。
2Picks
ヤマハ発動機ら9機関、セキュリティー機能を持つ農業用ドローン市販化に挑む
ニュースイッチ
|
ヤマハ発動機やヤンマーアグリ(岡山市中区)、ナイルワークス(東京都千代田区)など国内9機関で構成する飛行ロボット(ドローン)の開発コンソーシアムが、農業・食品産業技術総合研究機構から農業用ドローンの技術開発を受託した。 2023年度までにセキュリティー機能を持つ農業用ドローンを開発して市販化するとともに、取得データを農作物の栽培管理に用いて10%の収量向上を図る。 開発ではセキュリティー向上...
2Picks
日本初!Shopifyベースのホテル・旅館向けD2C宿泊予約システム「くじらブッキング™」を開発
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
くじらキャピタル株式会社のプレスリリース(2021年6月21日 12時41分)日本初!Shopifyベースのホテル・旅館向けD2C宿泊予約システム[くじらブッキング(TM)]を開発
5Picks
国交省、日本の海外展開分野に「MaaS」を追加 「行動計画2021」に明記
自動運転ラボ
|
国土交通省はこのほど、インフラシステムの海外展開に向けて取り組むべき主な施策などをまとめた「国土交通省インフラシステム海外展開行動計画2021」を公表した。 2021年版では、鉄道や港湾、航空、都市開発・不動産開発、道路 […] The post 国交省、日本の海外展開分野に「MaaS」を追加 「行動計画2021」に明記 first appeared on 自動運転ラボ.
166Picks
なぜ、ウォルマートは、 IT部門をアウトソーシングせず 内製化するのか? - 経営トップの仕事
Diamond Online
|
IT部門の実質的なアウトソーシングにより、この自社で培うべき強みの部分が丸ッと外注されてしまっている企業を見ることもある。すべての企業で見ても事業規模で世界一になっている超優良企業が米国のウォルマートだ。アマゾンを向こうに回し、ITと物流を利用した合理的な小売業の姿を目指している企業だが、このウォルマートは、テクノロジーセンターにシステム開発とデータ分析担当が1.5万人以上、さらにプログラマ...
5Picks
ヒグマもAIで「顔認証」 標津のNPO 国内初、識別実験:北海道新聞 どうしん電子版
北海道新聞 どうしん電子版
|
【標津】根室管内標津町のNPO法人南知床・ヒグマ情報センターが、ヒグマの顔を撮影し、人工知能(AI)を使って個体識別する実験を行っている。カナダの研究グループが開発したクマの「顔認証システム」を使う...
43Picks
余った新型コロナワクチンを地図に表示 足りない医療施設とマッチング 福岡市で実証実験
ITmedia NEWS
|
アルカディア・システムズは6月17日、予約のキャンセルなどで新型コロナワクチンが余っていたり、逆に足りなかったりする医療機関をWeb地図上に表示するシステムを開発したと発表した。
10Picks
「のど」撮影画像の解析で診断、アイリスがインフルエンザを判定可能な感染症診断AI搭載医療機器を日本初承認申請
TechCrunch Japan
|
医療機器の研究開発・製造、機械学習の技術開発を手がけるアイリスは6月16日、咽頭(のど)画像の解析を基にインフルエンザ判定を行うAIアルゴリズムを開発し、咽頭カメラを含むAI搭載システムを「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)に基づき、厚生労働大臣宛て医療機器製造販売承認申請をしたと発表した。 今回申請した機器では、AIプログラムのみならず、...
180Picks
ホンダ 宇宙空間で水 酸素 水素を循環し活用 JAXAと研究開発へ
NHKニュース
|
【NHK】自動車メーカーのホンダが、宇宙空間で水から酸素や水素をつくり、電源などとして活用するシステムの研究開発をJAXA=宇宙航…
61Picks
個人デスク機能をオンライン上に再現!「仮想オフィス」実証開始
ニュースイッチ
|
日立ソリューションズ・クリエイト(東京都品川区、竹田広光社長)は働き方改革推進の一環として、自社開発した仮想オフィスの実証実験を始めた。当初参加予定だった営業・システム技術者(SE)・スタッフ部門約400人に加え、社長や常務ら経営層も参加し検証している。利用者の声に応え、実証期間中に新機能を追加。オンラインでのコミュニケーションが活発になり、好感触を得ている。 「360度パノラマビュー」「ワ...
19Picks
総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追加情報および解説
www.rite.or.jp
|
総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追加情報および解説 | RITEシステム研究グループは地球温暖化への対応方策や政策の方向付け等に関するシステム的研究やRITEで研究開発されている地球温暖化対策技術の全体システム検討、総合的評価や導入シナリオの検討を行っております。
84Picks
IBMと東京大学が量子コンピューター実用化に必要な部品の試験を行うハードウェア・テストセンターを開設
TechCrunch Japan
|
IBMは、6月7日、将来の量子コンピューター技術の研究開発を行うハードウェア・テストセンター「The University of Tokyo – IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学浅野キャンパスに開設し、量子コンピューター動作環境を再現するプラットフォーム「量子システム・テストベッド」を設置したことを発表した。
101Picks
TSMCと協業の形、半導体企業は検討を-甘利氏「自前は無理」
Bloomberg.com
|
自民党の半導体戦略推進議員連盟で会長を務める甘利明税制調査会長は、半導体産業強化のため、日本企業は海外勢と共同で国内に開発製造拠点を作るべきだとの考えを示した。具体的な提携候補として、世界最大の半導体受託生産企業である台湾積体電路製造(TSMC)を挙げた。
22Picks
私が養殖ベンチャーに転職した理由。持続可能な漁業を目指して
Business Insider Japan
|
2年前までIT企業でシステム開発をリードしていた女性の生活は、船で沖に出る日々へと変わった。 水産養殖×テクノロジー取り組むスタートアップ、ウミトロンで働く野田愛美さんの肩書きは、Field Success/Product Manager。水産養殖の成長に必要なサポートを、現場の事業者から聞き取りし...
199Picks
海外勢と半導体工場設立、経産省 産業再興へ新戦略策定
共同通信
|
経済産業省は4日、半導体の開発や生産体制の強化に向けた新戦略を発表した。海外の受託製造企業と連携して工場を設立し、日本国内の製造能力を整備する。米国と中国の技術覇権対立や供給不足などを背景に経済安全保障上の重要性が増しており、国際的な存在感が低下した半導体産業の再興を狙う。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム