新着Pick
SPD2T81ZLCS391WH
半導体テスト・後工程受託
CHN

半導体テスト・後工程受託 業界

中華人民共和国
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体テスト・後工程受託
半導体製造プロセスにおいて、前工程は行わず、テスト・ボンディングなど後工程を専業で行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
中国からの生産移管先として企業がベトナムを選ぶ3つの理由
ニュースイッチ
|
産業の高付加価値化 必須 ベトナム経済は、2021年入り後も輸出をけん引役に持ち直している。1月の通関輸出は前年同月比プラス55・3%の大幅増であった。この背景には、前年の反動もあるものの、欧米を中心に活動制限の再強化でテレワークがさらに普及し、パソコンや半導体などIT関連輸出財に特需が発生したという需要面の要因が挙げられる。加えて、近年の米中対立の激化を受け企業が中国から生産拠点を移し、こ...
10Picks
五輪テスト大会で選手の入国検討 宣言解除後、待機措置緩和も
共同通信
|
五輪テスト大会で選手の入国検討 政府が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全面解除後、原則入国が停止されている海外選手について東京...
96Picks
建設費は6倍、人件費は3割高い。台湾TSMCが米国工場計画で二の足
ニュースイッチ
|
半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が進める米国アリゾナ州の先端半導体工場計画が早くも難路にかかる。建設費用が当初想定の数倍に膨れ上がりそうなほか、材料などのサプライチェーン(供給網)構築でも課題山積だ。同社と取引のある日系サプライヤーも多いが、高リスクから米国進出に二の足を踏む可能性がある。 「TSMCのアリゾナはえらい苦労しているようだ。業者から見積も...
75Picks
『報ステ』がインタビューを歪曲報道修正依頼を無視、TSMCの日本進出報道でミスリード
ビジネスジャーナル
|
2月9日付日本経済新聞が、台湾の受託生産会社(ファンドリー)大手のTSMCが茨城県つくば市に、約200億円を投じて、半導体の後工程の開発拠点をつくる方向で調整に入ったことを報じた。同日の午後、この件に関して『報道ステーション』(テレビ朝日系)のニュースデスクを名乗る人物から、イン...
43Picks
レーザーテック【6920・東1】半導体用マスク検査装置で世界シェア独占 リーマンショック後11年で時価総額は100倍に拡
ZUU online
|
5G通信の普及、テレワークによるデータセンターのサーバ需要、自動運転などの発展に伴い、半導体チップ上に描かれる回路の量がますます増加することで、さらなる微細化が求められる。
13Picks
TSMCが5月に半導体2割増産計画も材料調達に不安
ニュースイッチ
|
半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が2021年5月から先端半導体を従来比で20%増産する計画が分かった。全世界で自動車向けを中心に半導体不足が深刻で、日米欧など主要国政府も台湾当局に協力を要請した。21年後半まで品不足問題は解消しないとの見方が多く、最大手の増産は車減産の広がる自動車産業にとって吉報となりそうだ。 TSMCは先端半導体を製造する台湾の複数...
34Picks
共通テストで「実はコロナ陽性黙ってた」 受験生のウソ投稿が拡散→試験会場に本人謝罪
J-CAST ニュース
|
大学共通テストの受験生が2021年1月17日、SNS上で新型コロナウイルスへの感染を装った虚偽の投稿をし、受験会場となった奈良学園大が対応に追われた。大学によれば、電話やメールで問い合わせがあり、警察にも相談した。その後、本人から投稿内容は事実でないと謝罪があったという。受験したのは事実だが...浪人生を名乗る投稿者が17日の夜中に「実はコロナ陽性で黙ってた」とツイッターに書き込んだ。試験会場内で
26Picks
台湾TSMC、日本に材料研究開発センター設置を検討 工場建設の報道を否定
japan.cna.com.tw
|
(新竹中央社)半導体の受託生産最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本への材料研究開発センター設置を検討中だと明らかにした。工場建設は計画していないと説明し、日本に新工場設置を検討しているとの報道を否定した。同社が関連報道にコメントするのは初めて。
231Picks
半導体で“日台連合”実現か?受託生産最大手のTSMC、つくばに開発センター新設へ
ニュースイッチ
|
半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、2021年内にも茨城県つくば市に先端半導体製造の技術開発センターを新設する計画が分かった。日本の製造装置・素材メーカーと共同開発に乗り出す。また、北九州市を有力候補として25年をめどに工場建設を検討する。日本政府も支援する。第5世代通信(5G)や人工知能(AI)に使う先端半導体は米中貿易摩擦の主戦場であり、関連産業の...
35Picks
TSMC、10-12月売上高は過去最高-5G対応iPhoneの需要好調
Bloomberg
|
半導体の受託生産最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の昨年10-12月(第4四半期)の売上高は四半期ベースで過去最高となったことがブルームバーグの集計で明らかになった。米アップルの第5世代移動通信(5G)対応の新型「iPhone(アイフォーン)」への旺盛な需要を示唆している。
10Picks
半導体のEUV露光で高まる日本メーカーの存在感、普及はどこまで進む?
ニュースイッチ
|
微細化追求 見極め重要 半導体回路の微細化で欠かせない「極端紫外線(EUV)露光」の周辺工程で、日本の装置メーカーの存在感が増している。最も重要な露光装置は蘭ASMLが市場を独占するものの、検査や感光剤の塗布・現像など周辺装置分野では日本勢が高いシェアを持つ。ただ先端のEUV関連装置は高額で、半導体メーカーにとって投資負担が大きい。長期的には、どこまでEUVの導入拡大が続くのか不透明な面もあ...
85Picks
台湾TSMCが米アリゾナ州に新工場を建設 第1陣として300人を派遣
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
半導体製造ファウンドリ(受託生産)の世界最大手「TSMC(台湾積体電路製造;台積電)」が米国で20年ぶりとなる工場建設のため、大規模な採用活動を開始した。初期段階ではエンジニアや責任者を含む600人以上の人員を投入するという。 TSMCの劉徳音(Mark Liu)会長は、2021年からアリゾナ州で工場建設を開始し、工場
39Picks
Virgin Galacticのテスト飛行は宇宙に到達せず中断、フェールセーフが発動
TechCrunch Japan
|
Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)は米国時間12月13日土曜日にSpaceShipTwo Unity宇宙船のテスト飛行を試みたが、宇宙船が輸送機から切り離された後に飛行は中断された。これはロケットを監視しているコンピューターがエンジンとの接続を失ったため、フェイルセーフ(安全装置)が発動しロケットエンジンの燃焼を妨いだ結果だと、同社は12月14日月曜日に明らかにし...
25Picks
「半導体の前工程製造装置は過去最高に」東京エレクトロン社長の読み筋
ニュースイッチ
|
半導体製造装置市場が活況を呈している。第5世代通信(5G)、IoT(モノのインターネット)向け半導体需要増に伴い、半導体メーカーの投資意欲が旺盛だ。新型コロナウイルス感染拡大や米中貿易摩擦などが不安材料となるものの、中長期での成長が期待されている。市場の見通しや環境変化への対応などについて、各社トップに聞いた。初回は東京エレクトロンの河合利樹社長。 ―市場の見通しは。 「2020年は5G携帯...
81Picks
台湾TSMC、7-9月売上高は過去最高-22%増と予想上回る
Bloomberg.com
|
半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の7ー9月(第3四半期)売上高は予想を上回る増加となり、過去最高を更新した。米アップルなど大口顧客からの受注が寄与した。
83Picks
中国SMIC、米国サプライヤーが米政府の輸出制限対象だと明かす
Bloomberg
|
半導体受託生産で中国最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は、同社の米国サプライヤーが、米追加輸出制限の対象であるとの通知を受けたと明らかにした。
150Picks
テスラ株が大幅下落、時間外取引で-S&P500種銘柄に採用されず
Bloomberg
|
4日の米国株市場の時間外取引で米テスラの株価は一時8%の大幅安。同株が今年急騰する中でS&P500種指数銘柄への採用が期待されていたが、実現しなかった。  テスラは7月に発表した4-6月期(第2四半期)決算が4四半期連続の黒字となり、S&P500種への採用に向けた最後の大きなハードルを乗り越えた後で、クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レビー氏らが4日にテスラ株の追加が発表される可能性があると述べていた。  同指数にはオンライン市場を運営するエッツィと半導体検査機器メーカーのテラダイン、医療関連会社キャタレントが採用された。H&Rブロックとコティ、コールズが除外される。時間外取引でエッツィは一時4.8%高、テラダイン3%高、キャタレント3.6%高。   S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズのスポークスマン、レイ・マッコンビル氏は同日、S&P500種指数について、四半期ベースで調整するが、構成銘柄はより頻繁に変更される可能性があると電話で語った。
半導体テスト・後工程受託 概要
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
フィリピン
アメリカ合衆国