新着Pick
SPD2T81ZLCS391WH
半導体テスト・後工程受託
CHN

半導体テスト・後工程受託 業界

中華人民共和国
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体テスト・後工程受託
半導体製造プロセスにおいて、前工程は行わず、テスト・ボンディングなど後工程を専業で行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
有機廃棄物をバイオプラスチックに変えるVEnvirotechが大規模なパイロットへ
TechCrunch Japan
|
非上場企業VEnvirotechで1年間さまざまな環境技術をテストしてきた共同創業者のPatricia Ayma(パトリシア・アイマ)氏が、バクテリアを使ってバイオプラスチックを作る工程を開発した。そのシステムは生ゴミや食品廃棄物などの有機物を、生物分解性のある使い捨てのプラスチックとして使える製品に変える。「世の中に訴えるのはおこがましいほど単純な技術だけど、みんなの役に立つ」と彼女は語る...
1Pick
台湾のキャッシュレスレス - 川北英隆
BLOGOS - 最新記事
|
台湾は半導体関係の生産で有名である。半導体分野でのファブレス企業(工場を持たない企業)のため、その受託生産を行う企業(ファウンドリ)で有名だから、キャッシュレスがどの程度進んでいるのか興味があった。結論は、現金がないと生活できない。台湾、事前の予想ではキャッシュレスが相当程度進んでいるだろうと思っていた。とはいえ、夜市などの屋台では現金払いだった記憶があるので、多少の両替が必要だろうと思い、...
7Picks
半導体用シリコンウェハの話 - 吉川明日論の半導体放談(108)
マイナビニュース
|
私は24年間のAMDでの勤務後、シリコンウェハの世界に転職した。半導体デバイスでの十分な経験があれば、その材料のシリコンウェハのビジネスも何とかなるだろうくらいに思って、あまり深く考えずに飛び込んだ世界だったが、実は全く異なる世界だった。
14Picks
TSMC、ファーウェイ向け供給を継続へ-米国からの圧力は承知せず
Bloomberg.com
|
半導体ファウンドリー(受託生産)の台湾積体電路製造(TSMC)は4日、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)向けに半導体製品の生産を続ける方針を明らかにした。
11Picks
Galaxy Foldをメディアが折り曲げテスト、20万回到達前に破損
Engadget 日本版
|
米メディアのCNETは、韓国サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」の折り曲げテストを実施。その結果、公式にうたわれてる20万回の折り曲げに到達する前に端末が破損してしまいました。 Galaxy Foldは内側に7.3インチの折りたたみディスプレイを配したスマートフォンで、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用できるのが特徴です。端末の発表後にはレビュアーからディス...
20Picks
YMTCなど中国新興メモリーが商業生産へ、後工程の生産体制は?
LIMO
|
国産化率アップに向けて、巨額の政府補助金を投じてきた中国半導体産業。もともと、SMICなどのロジックファンドリーは市場でも存在感を見せていたが、今回の投資バブルではメモリーの国産化に焦点が当てられた。2018年11月の米国政府による製造装置の輸出規制に伴い、福建省泉州で工場建設を進めていたJHICC(晋華集成電路)は立ち上げがストップ。現在も身動きが取れない状況が続くが、残る2社のYMTC(...
19Picks
半導体製造に欠かせない「石英ガラス」、市場規模は拡大一途
LIMO
|
半導体製造工程に幅広く使われている石英ガラス製品。熱処理成膜工程で使う石英チューブをはじめ、エッチング工程の石英リング/プレート、さらにはエピタキシャル成長や露光工程でも使われており、半導体を作るうえでは欠かせない部材の1つだ。
12Picks
LGディスプレーが日本製フッ化水素の代替実現-毎日経済
Bloomberg.com
|
LGディスプレーはテストに成功後、韓国製の原料で製造したフッ化水素を生産プロセスに最近使用し始めたと、韓国紙の毎日経済新聞が伝えた。
58Picks
IOCも想定外? 五輪テスト大会でわかった日本の暑さ
朝日新聞デジタル
|
東京五輪の招致委員会が「温暖で理想的な気候」としていた東京の夏は、猛烈な暑さだった。各競技団体や選手は今夏、テスト大会で様々な「暑さ対策」を講じ、1年後の本番に備えているが、開始時間やコースの変更を…
13Picks
韓国への半導体材料の輸出、日本が再び許可 サムスン分
朝日新聞デジタル
|
韓国政府関係者は20日、日本政府が韓国向けの輸出手続きを厳しくした半導体材料のうち、基板に塗る感光材の「レジスト」の輸出を再び許可したと明らかにした。日本政府は今月上旬、手続きを厳格にした後初めてレ…
24Picks
秋葉原に3Dプリンタの体験型ショールームを開設
MONOist
|
DMM.comは、総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」内に産業用3Dプリンタのショールームを開設した。導入を検討中の法人向けに、3Dプリンタの出力設定や造形後の後加工工程を体験できるワークショップも実施する予定だ。
25Picks
日経平均は続伸、ハイテク株の見直し買い継続 上海株高も支え
Reuters
|
[東京 24日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸した。米国株主要3指数が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から買いが先行。米中貿易協議に対する懸念がやや後退する中、中国株がしっかり推移したことも日本株の支えとなった。半導体・電子部品などのハイテク株への見直し買いが継続したほか、トヨタ<7203.T>が年初来高値を更新するなど主力大型株が上昇して指数をけん引した。引け後の日本電産<6594.T>の決算発表を控え、後場は狭いレンジでもみ合った。
81Picks
サムスンはなぜ中国からフッ化水素を調達したのか?(特別寄稿)
アゴラ 言論プラットフォーム
|
① 本稿の趣旨 前々回に続き前回の寄稿も好評を得たようなので、今回も引き続き一連の半導体材料の輸出管理見直しに関する分析記事を書かせていただこうと思う。 今回は随所で報じられている「サムスンが中国産のフッ化水素のテストを
12Picks
専門領域を深堀り、AIベンチャーの生きる道
ニュースイッチ
|
人工知能(AI)ベンチャーで業務の深掘りが進んでいる。特定サービスに事業を集中させ、業務に合わせてAIを開発している。自社でサービスを展開し、AI開発のテストベッドにするベンチャーもある。AIシステムの受託開発を続けたり、技術でプラットフォーマーを目指したりするよりも、地に足のついたビジネスになる可能性がある。AI開発は局地戦に移ろうとしている。(文=小寺貴之)FRONTEO 資料読み込み効...
22Picks
日経平均は反発、円安が支え 電子部品や半導体などは下落
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。1ドル108円後半まで進んだ円安に反応し、朝方から先物買いが先行。上げ幅は一時150円を超えたが、半導体関連株やアップル<AAPL.O>関連の電子部品株が売られて指数を押し下げた。後場、上海株や米株先物の下落を横目にマイナス転換する場面もあったが、その後、それほど下押しは強まらず、終値ではプラス圏を維持した。
18Picks
日経平均は3日ぶり反発、米中摩擦の緩和期待 円安・アジア株高も追い風
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。前日の米国株市場の流れを引き継ぎ、朝方から半導体・電子部品株に買いが先行した。その後、米中が暫定的な貿易戦争の停戦で合意したという香港紙の報道が伝わると上げ幅を拡大。為替が1ドル108円台まで円安に振れたことや、香港・上海などアジア株の上昇も追い風となった。後場にかけて200円超高となり、きょうの高値で引けた。
16Picks
日経平均は小幅続伸、香港株高・円安が支え 半導体関連は弱い
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。前週末の米国株市場で半導体関連が下落した流れを引き継ぎ、東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>などが売られて安く始まった。その後、大規模デモの影響が懸念された香港のハンセン指数<.HSI>が高く始まると安心感が広がった。為替の円安も支えとなりプラス圏に浮上したが、午後は重要イベントを控えて様子見ムードが強まった。
106Picks
2019年iPhone用「Apple A13(仮)」チップ、5月から量産開始? 背面でAirPodsが充電できるとの噂
Engadget 日本版
|
台湾の半導体大手TSMCが、今年秋に発売と見られている次期iPhone用として、新チップをテスト生産開始したと報じられています。米Bloombergの匿名情報筋によると、「A13」と名付けられたプロセッサは4月にテスト生産に入り、5月の早い時期に大量生産をスタートするとのことです。 TMSCはiPhone2019年モデルに搭載されたA12 Bionicチップ生産も一手に引き受けています。これ...
503Picks
Google、Apple、Facebook、Amazonの買収戦略から見える現在と未来
SmaList
|
最近、米アマゾン、ゲーム実況配信のトゥイッチを9.7億ドルで買収というニュースがネットを賑わせていました。盛り上がりを見せたのは、7月にTwitchはGoogleが買収するという情報があったためです。また、ゲーム配信サービスを手に入れたことでついにAmazonがゲーム市場に参入するのかという推測もされています。 このニュースを見ていてふと「あれ、9.7億ドルでの買収って高いんだっけ?」という疑問がよぎりました。海外では企業による買収が盛んに行われていますが、最近の買収の傾向やIT業界の進もうとしている方向についてあまり分からなかったので、今回はIT企業の代表格であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonが過去に買収した企業とその買収額、そしてその傾向について調べ、今後の予想を考えました。 ■目次 巨人IT企業たちの買収からその先を考える  1.IT企業4社の過去6年の買収企業一覧  2. Googleによる買収  3. Appleによる買収  4. Facebookによる買収  5. Amazonによる買収  1. IT企業4社の過去6年の買収企業一覧 各企業ごとの買収戦略に関する考察は後述するとして、まずはIT企業4社の過去6年間の買収企業を、公表されている買収額順に一覧化しました。トップから順に並べてはいますが、その額にはかなりの差があります。 (wikipediaとCrunchBaseを参考に筆者作成) 基本的には2011~2014年の間で高額な買収が行われています。この4社の中で買収額の大きさで言えば、世界時価総額ランキング(2014年8月末時点)1位のAppleや3位のGoogleを差し置いて、WhatsAppを190億ドル(1兆9000億円)で買収したFacebookが頭一つ抜きん出ていますね。続いて125億(1兆2500億円)ドルでMotorolaを買収したGoogleが続きます。その後、100億ドルを超える買収は行われませんでした。 それでは、それぞれの企業が近年どのような買収をしているかを見ていきましょう。  2. Googleの買収企業 まずは、ハードウェア系を主として圧倒的買収企業数を誇るGoogleからです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Google)(wikipediaを参考に筆者作成) まず、Googleは他の3社と比べて、買収した企業数が圧倒的に多いことがあげられます。Googleは自社内のリソースに満足せず、積極的に買収を行っています。その数は2012年、2013年には少し落ち込んだものの、2011年と2014年には25社以上にのぼっています。 上のグラフを見ると、ここ2年の傾向としてハードウェア周りを強化していることが分かります。これは、Googleの秘密施設にて次世代技術の研究を行うGoogle Xプロジェクトのためでしょう。このプロジェクトでは、仮想空間でのテストが行われているとされる「自動運転車」や、ウェアラブルデバイスの呼称とともに世界を期待感で包んでいる「Google Glass」などの研究開発が行われています。 この期間に買収した中で、とりわけ買収額の大きかったのは以下の2社です。 Motorola Mobility : 125億ドル(http://www.motorola.co.jp/) 1位はダントツで、2011年に125億ドル(1兆2500億円)で買収したモバイルデバイスメーカーのMotorola Mobilityです。これは1998年創業のGoogle史上、最高額での買収になりました。これはAndroidのエコシステムを競合企業との特許紛争から保護することに主眼を置いた買収でした。そして2年と経たず、特許の多くは手元に置いたまま約30億ドル(3000億円)で中国PCメーカーのレノボに売却しています。この売却には先端技術開発部門(ATAP)は含まれていないので、この部門のメンバーは引き続きGoogleのもとで開発することになるのでしょう。 Nest : 32億ドル(https://nest.com/) 次に額が大きかったNestはスマートサーモスタット(温度調整デバイス)や煙と一酸化炭素の検知器を製造する企業で、2014年1月に32億ドル(3200億円)で買収されています。IoT(モノのインターネット)の時代がやってくると囁かれていたタイミングでの買収だったので、Googleが買収したというニュースは多くの人を興奮させました。その一方で、同じくスマートデバイスなどを開発していこうとしているAppleはなぜ買収しなかったのかという議論もあったようです。 今後の展開予想 今年買収を発表したデザイン会社のGeckoを手に入れたことから、現在取り組んでいるスマートデバイスのデザインを、現在のタイプから更にユーザーにとって親しみやすく、かつ使い勝手の良いものにしていくのでしょう。「Google Glass」に代表されるスマートデバイスは、まだまだ生活の一部として使用するには特異な形をしているため、きたるウェアラブルの波を制するためにも馴染みやすいデザインが重要になってきます。スマートカーやスマートウォッチなど、Appleとの競合関係は更に激化していくことが予想されます。 Google Xで開発しているプロジェクトは、前述の「Google Glass」「自動運転車」のほか、「ARヘッドマウントディスプレイ」「ドローン(小型無人飛行機)」「空中風力発電」「血糖値管理のコンタクトレンズ」「ネットワーク接続のため成層圏に飛ばす気球」「音声認識」「人工知能」などが公表されています。Googleの持つ技術・知能・資金を結集したプロジェクトに、否が応でも期待が高まりますね。  3. Appleの買収企業 次にソフトウェア・ソーシャル系の企業を買収しているAppleについてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Apple)(wikipediaを参考に筆者作成) Googleと比較すると買収数は少な目です。ここ2年ではソフトウェア、ハードウェア、ソーシャル系の企業を多く買収しています。Tech Crunchによると、ソフトウェアでは本の内容解析サービスBookLampの買収により、AppleのiBookでも内容解析が可能になったり、Amazonのような本のサジェスト機能がついたりするかもしれないそうです。後述しますが、ハードではやはりBeats Electronicsの買収が大きいですね。 また、2013年にはソーシャル系の数字が高くなっています。地図系サービスを展開している企業を数社買収し、地図アプリ「Maps」の強化を図ろうとしていて、Googleの「Google Maps」とシェアを取り合っています。 さて、2011年~2014の間に買収された企業のうち、買収額でトップだったのは以下の企業です。 Beats Electronics : 32億ドル(http://jp.beatsbydre.com/home) 今年5月にAppleが高級ヘッドフォンブランドであるBeats Electronicsを32億ドル(3200億円)で買収すると発表したことは記憶に新しいと思います。iPodの成功によって大きく成長したAppleは「音楽は重要」だと位置づけていますが、もはや音楽ダウンロードサービス「iTunes」の売上は頭打ちで、また逆に近年存在感を増している「Sportify」などの音楽ストリーミングサービスの台頭に脅かされつつあるようです。今回AppleはBeats Electronicsを買収することで、同社の持つ音楽ストリーミングサービス「Beats Music」も手にすることになります。小さな買収を繰り返してきたAppleが32億ドルという巨額を投資したのは、成長の望めない音楽ダウンロードからストリーミングサービスへ舵を切るためだっとと言えますね。 Anobit : 3.9億ドル(http://www.technobuffalo.com/tag/anobit/) Anobitはイスラエルの半導体スタートアップで、2011年に3.9億ドルで買収されました。Anobitはフラッシュメモリー技術を得意としていますが、フラッシュメモリーはAppleにおいてもiPhoneやiPad、MacBookAirの記憶装置として使用されています。そしてこの技術によってデバイスの軽量化、薄型化に成功しています。Tech CrunchによればAppleがAnobitを買収したのは、前述したようにフラッシュメモリー技術がAppleにとって重要であること、そしてもう一つはAnobitの抱えるチップエンジニアを擁したいという目的のためだとしています。 今後の展開予想 2011年にCEOがスティーブ・ジョブズからティム・クックに代わり、Appleの戦略も変わってきました。「iPhone」「iPad」「Apple TV」「Mac」などのAppleデバイスとAppleのOSでのみ動作するアプリを今後も開発し、デバイス間の連携も強めていくでしょう。これこそAppleが自前主義と言われる所以です。 また、9月9日に発表されるiPhone6に搭載されるiOS8では、ヘルスケアアプリが新しく追加されるようです。健康管理系アプリは、ウェアラブルデバイスとの相性が非常に良く、例えばスマートウォッチで毎日の脈拍を図り記録し、その情報を元により良い生活のためのアドバイスをくれたりするでしょう。Appleは自社製品が人々の生活の中に自然に入り込んでいくようにし、Apple製品での囲い込みを進めるはずです。  4. Facebookの買収企業 そしてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Facebook)(wikipediaを参考に筆者作成) Facebookは2012年に上場していますが、その前後での買収数が非常に増加していて、2009年以前はほとんど買収を行っていません。自社に必要な技術を見つけると、素早く買収するのがFacebookの買収スタイルの特徴と言えます。 上のグラフから、Facebookはここ数年でモバイル分野の企業を多く買収していることがわかります。Investor ...
半導体テスト・後工程受託 概要
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
フィリピン
アメリカ合衆国