新着Pick
SPD2R8K5040KPXAO
電子材料
JPN

電子材料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
電子材料
電子製品に用いられる電子材料や高純度物質を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
29Picks
BtoB材料の法人海外営業で磨いた製品提案の3つのコツ
kikidiary’s eye
|
「BtoB営業として海外エンド顧客に対して電子材料を提案する中でのノウハウってどういうものがあるんですか?」 DX営業のノウハウを発信・伝播してらっしゃる野村さんにお時間をいただいてお話を伺っている中でふと聞かれて少ししゃべっていたところ、 「Kikiさんが普段、いつも通りにやられていることを「面白い」と思う人もいると思うので、ぜひ発信してみることをお勧めします!」というありがたいコメントを...
311Picks
義手や義足に「触覚」を伝える電子皮膚の可能性
MIT Technology Review
|
感覚データを処理する電子素材で包むスタンフォード大学の教授、ゼナン・バオ(鮑哲南)の研究室では、触覚を持つ義肢向けの素材を開発している。ヒトの手にはわれわれがモノを手に取って、物理的な世界とつな...
259Picks
光合成、植物超す効率で燃料生成 パナソニックが実証実験へ
s.nikkei.com
|
 パナソニックは太陽光と二酸化炭素(CO2)、水を使ってメタンやエタノールといった燃料をつくり出す次世代技術「人工光合成」で、世界最高の変換効率を実現する電子材料を開発した。メタンなどの生産量が従来の
46Picks
産業界を支えるアルミパウダー
日刊鉄鋼新聞
|
自動車メタリック塗装や印刷用インキ、耐火煉瓦などに使われるアルミニウムペーストの原料であるアルミパウダー。近年では、粉末冶金用の合金パウダーやロケット燃料、電子材料に使用される窒化アルミニウムの...
41Picks
「営業利益を20年代に現在の倍以上にする」電子材料事業にAI・IoTの追い風
ニュースイッチ
|
非鉄金属各社の電子材料関連事業が好調だ。背景にあるのはIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、自動車の電動化などの技術の普及だ。銅製品や電池材料などの生産能力増強を各社が推進。将来有望な材料技術を持つ他社との資本提携や、M&A(合併・買収)を通じた事業強化に取り組む動きも増えている。 非鉄大手が発表した2018年4―6月期連結決算のうち、電子材料関連部門ではJX金属や住友金属鉱山の...
36Picks
富士フイルムの4─6月純利益は過去最高、インスタントカメラ好調
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 富士フイルムホールディングス<4901.T>が14日発表した2017年4─6月期連結決算は、営業利益が前年比21.5%増の358億円に拡大した。インスタントカメラ「チェキ」などのイメージングソリューション部門や、半導体関連の電子材料などを手掛けるインフォメーションソリューション部門が好調だった。
24Picks
日東電工と信越化学工業の株価の差を考察してみた。ヒントはROEと株主還元か
Longine
|
投資家に伝えたい3つのポイント 日東電工(6988)と信越化学工業(4063)の事業、財務、株価など、両社には多くの共通点があるように感じる。世界的トップシェアを有する電子材料事業、海外売上高比率、高い利益率、年間配当金、外国人株主比率等にそれを見ることが可能だ。 株価の変動トレンドも非常に似ている。ただ、2015年3月以降、日東電工の株価が信越化学を上回る現象が強まっている。日東電工の株価は1万円目前なのに対して、信越化学は年初来安値更新が続いている。 様々な指標を比較してみると、自己資本利益率(ROE)の格差が、株価の違いにつながっているという結論に達した。信越化学のROEに対する姿...
24Picks
「金」投資のメリット・デメリットを紹介! 投資初心者が「金」投資を始めるなら「純金積立」 「投資信託」「ETF」のどれが一番おすすめか? - 最新記事
Diamond Online
|
トランプ大統領の誕生や北朝鮮による核実験の可能性など、世界の政治・経済の行方が不透明な今、有事に強い「金」への投資に注目が集まっている。「金」投資の魅力と、投資初心者におすすめの「金」に投資できる商品を紹介! 投資を始める時に、最初から株に手を出すのは怖いと感じる人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、「金」への投資だ。金は宝飾品やスマホなどの電子材料として役割のほか、通貨の代替という役割...
22Picks
日本の板ガラス産業は生き残れるか。経産省は再編促すが・・
ニュースイッチ
|
日本の板ガラス産業は少子高齢化による市場縮小や新興国の過剰生産にさらされ、厳しい事業環境が続く。メーカーは化学品や電子材料に多角化を計り苦境の板ガラス事業を補うが、抜本的な改革は避けて通れない。特に国内の板ガラス市場は過剰設備の様相が色濃く、経済産業省が再編を促す事態となったが、メーカーが大同団結する動きはない。日本の板ガラス事業をどう立て直すのか。旭硝子など主要3社の戦略を探った。出荷額4...
17Picks
ナフサの価格決定構造に変化の兆し
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
木材や皮革のように見える素材でも、実は石油化学製品という例は多い。さらには電子部材や自動車材料など、身の回りの多くで石化製品が使われている。その基礎原料がナフサである。
14Picks
デクセリアルズ(株) 代表取締役社長 一ノ瀬隆氏
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|特別インタビュー
|
デクセリアルズ(株)は、旧ソニーケミカルにルーツを持つ電子材料メーカーである。3年前にソニーグループから離れ独立、見事短期間での上場にこぎ着けた。営業利益率が2桁に上り、異方性導電膜(ACF)や光学弾性樹脂(SVR/ハイブリッドSVR)などグローバルシェアの高い製品を揃える。「自分たちの手で未来を決める」と力強く語る代表取締役社長の一ノ瀬隆氏に今後の事業戦略を聞いた。
13Picks
中西日立が「日立化成」を売る相手
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
「売却を急いでいない」と言うが、「営業利益率10%」達成に向け、早期売却に踏み切るだろう。「営業利益率」で見切り 日立製作所が上場子会社(51%株式保有)の日立化成を売却する目論見だ。化成の側も、その日に備えて「独り立ちの準備」を始めており、後は経団連会長でもある「日立の総帥」中西宏明会長の決断待ちだ。昨年、前代未聞の不祥事を起こした化成だが、電子材料業界では世界の大手であり、売却金額さえ折...
1Pick
【プレスリリース】室温で結晶内の電子秩序が強誘電性を生み出すことを発見 超高速電子材料の実現へ
日本の研究.com
|
2021.02.22 東京工業大学 プレスリリース 要点強誘電体は現代産業の基幹材料の一つで、強誘電機能の抜本的向上が求められている。イッテルビウムと鉄を含むセラミックス材料で、結晶内の電子の秩序が室温で強誘電性を生み出すことを第二次高調波発生と中性子散乱実験から見出した。結晶のひずみを用いず電子移...
9Picks
R&Dは全固体電池などに集中、三菱ガス化学社長が目指す1兆円のエクセレントカンパニー
ニュースイッチ
|
成長へ積極投資継続 ―2021年度から新中期経営計画がスタートします。 「現中計の2000億円を上回る投資を行う。コロナ禍で気持ちがふさぎがちになるが投資を止めると10―20年後の成長が止まる。半導体パッケージ基板材料や電子材料薬品の増産のほか、基礎化学品の芳香族アルデヒドやメタキシレンジアミンの投資も進める」 ―主力のメタノール事業は。 「トリニダード・トバゴ新工場が完成し、21年度は収益...
9Picks
化学セクター銘柄は2015年の好調を継続できるか:2016年上期の注目銘柄
投信1(トウシンワン)
|
化学セクターは、原油安の恩恵による2015年の好調さを維持できるのか。2016年の見通しについて、総合化学、電子材料、スペシャリティー化学の3つのサブセクターに分けて解説します。...
7Picks
【プレスリリース】希土類を含まない世界最高クラスの酸素イオン伝導体を発見 -燃料電池・センサー・電子材料等の開発を加速-
日本の研究.com
|
2021.01.26 東京工業大学,高エネルギー加速器研究機構 プレスリリース 【要点】希土類を含まない六方ペロブスカイト関連酸化物の酸素イオン伝導体を発見し、世界最高クラスの酸素イオン伝導度、高い安定性と安全性を実現結晶構造とイオン拡散経路の解析により、高い酸素イオン伝導度の原因を解明革新的な燃料...
7Picks
コニカミノルタの有機EL特許をメルクが取得
FBC
|
電子材料大手の独メルクは24日、コニカミノルタから有機ELの特許を取得すると発表した。有機EL材料市場での競争力を強化する狙い。700件以上の特許を同日付で獲得する。…
7Picks
【プレスリリース】新しい電子材料であるビスマス含有半導体の高品質化の指針を明確にしました
日本の研究.com
|
2019.08.30 京都工芸繊維大学 プレスリリース 発表者吉本昌広(京都工芸繊維大学 理事・副学長(電子システム工学専攻担当教授))発表のポイント成果赤外線領域でのレーザなどの光素子への応用が期待されるビスマス含有半導体の高品質化の指針を明確にし、米国物理学協会の雑誌 Journal Appli...
7Picks
【中国】長瀬産業、恵州でエコカー向け部品合弁[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【中国】長瀬産業、恵州でエコカー向け部品合弁[車両] 化学品や電子材料などを手掛ける長瀬産業(東京都中央区)は11月30日、同社と中国企業1社、日本企業1社の合わせて3社で広東省恵州市に合弁会社を設立すると発表した。合弁会社はエコカー向け精密金属インサー...
電子材料 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
ベトナム