新着Pick
SPD2OM2NS5K6RHMW
専門食品卸(農作物卸)
JPN

専門食品卸(農作物卸) 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
食品専門卸
>
専門食品卸(農作物卸)
米穀、豆類等の農作物・製品の輸入、または国内中間流通を担う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
石垣食品子会社、カード情報流出の恐れ=224人分、通販サイトへ不正アクセス
時事通信社
|
 石垣食品は25日、子会社の新日本機能食品(岡山市)が運営する通信販売サイト「Kenko 卸.com」が不正アクセスを受け、顧客224人分のクレジットカード情報が流出し、一部で不正利用された恐れ...
2Picks
麦茶の石垣食品で個人情報流出 不正アクセス、224人分
共同通信
|
麦茶の石垣食品で個人情報流出 麦茶などを製造・販売する石垣食品は25日、子会社が運営する業者向け販売サイト「Kenko卸.com」...
4Picks
原子力新増設をタブー視せず 気候変動政策議論を進めよ - 遠藤典子 (慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート特任教授) - WEDGE Infinity
BLOGOS - 最新記事
|
[画像をブログで見る]昨年末の寒波が再到来した年明けの日本列島は、大規模停電一歩手前の危機的状況に陥っていた。多くの発電所で需要増に応える発電量(キロワット時)を確保することが難しくなったのである。安定供給の責務を負う大手電力の送配電事業会社は、地域を跨いで相互融通を行い、小売事業会社は鉄鋼メーカーなど自家発電設備を持つ事業者から卸電力取引市場を通じて調達するなどし、異例の急場を凌いだ。今回...
19Picks
「天然ガス在庫不足も需給逼迫も関係がない」電力の市場価格高騰、真の原因は 新電力からの発言
EnergyShift(エナジーシフト)
|
2020年末から2021年1月にかけての、卸電力市場の価格高騰は、とりわけ自社発電所をほとんど持たない新電力に大きな被害を与えた。そうした新電力の1つであるグリーンピープルズパワー代表取締役の竹村英明氏が、今回の価格高騰の原因としてどのような問題があったのか、独自の視点から指摘する。
10Picks
サントリーとユニ・チャーム静岡-福岡間における共同輸送を開始:時事ドットコム
時事ドットコム
|
[サントリーホールディングス株式会社]― 環境負荷低減を目指した取り組み ―サントリーMONOZUKURIエキスパート(株)とユニ・チャーム(株)は、物流における環境負荷低減を目指し、静岡―福岡間の鉄道コンテナによる商品輸送の一部を共同で実施し、2月中旬から本格稼働します。サントリーグループは、水や農作物など自然の恵みに支えられた食品酒類総合企業として、「水と生きる」をステークホルダーとの約...
18Picks
旅客便「運休続出」で大打撃…機内食向け食材卸、負債48億円で事業停止
読売新聞
|
帝国データバンク千葉支店は12日、機内食向け食材卸業「ムツミグローバルフーズネットワーク」(東京都中央区)と関連会社「フードリンケージ」(千葉県八街市)が10日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したと発表した。負債
15Picks
伊藤忠、大手卸と食品サプライチェーンDX推進 食品ロス・機会ロスを削減
環境ビジネスオンライン
|
伊藤忠商事(東京都港区)は2月1日、グループ会社で食品卸大手の日本アクセス(東京都品川区)と連携し、食品サプライチェーンDX(デジタルトランスフォーメーション)を本格的に展開すると発表した。日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測と発注最適化のソリューションを導入する。
11Picks
伊藤忠商事、AI需要予測と発注最適化を導入 発注業務を半分に - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
伊藤忠商事株式会社は2月1日、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に、人工知能(AI)を用いた需要予測および発注最適化のソリューションを導入開始したと発表。関連記事:ライフ、AI需要予測を導入 作業時間を年間15万時間も削減伊藤忠商事は2020年から、株式会社ブレインパッドやグループ会社の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と連携。...
28Picks
伊藤忠商事、食品サプライチェーンDXを本格的に展開へ
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠商事株式会社は、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測及び発注最適化のソリューションを導入...
19Picks
卸電力市場価格高騰問題と事情変更の法理について - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所
早稲田リーガルコモンズ法律事務所
|
本コラムはJEPXにおける卸電力市場価格の高騰により発生した再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の問題点について、法的な検討をしたものです。なお、本コラムに記載した法的見解は筆者独自のものであり、当事務所の見解を代表する … "卸電力市場価格高騰問題と事情変更の法理について" の続きを読む
57Picks
居酒屋大手ワタミが野菜の宅配 巣ごもり需要狙いも
テレ朝news
|
あの「ワタミ」が、今度は野菜の宅配を始めます。  居酒屋大手のワタミは自社の食事宅配サービス「ワタミの宅食」を使い、22日から野菜の宅配を始めます。  業務用野菜卸大手のデリカフーズと提携し、7種類以上の国産野菜や果物が詰め合せになった「旬の野菜BOX」を週替わりで届けるということです。  ワタミは緊急事態宣言に伴う外出自粛の要請を受けて買い物の負担を軽減したいとしていますが、居酒屋事業が苦...
13Picks
卸電力市場価格の高騰に対する対応について (METI/経済産業省)
www.meti.go.jp
|
足下の卸電力市場価格の高騰を踏まえ、インバランス等料金単価の上限を200円/kWhとする措置を本年1月17日の電力供給分より適用します。
15Picks
電力取引価格の高騰に関するお知らせと対応について
ハチドリ電力
|
昨年12月26日頃から電力卸取引価格が例を見ない急激な高騰を続けており、その状況とハチドリ電力としての対応についてお知らせいたします。
338Picks
総務省が携帯アクションプラン 乗り換え手数料は原則無料へ
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - 総務省は27日、携帯電話事業者の競争を促し利用料金の引き下げを図るアクションプランを公表した。データ接続料を3年で5割引き下げるほか、音声通話の卸料金の低価格化などで格安事業者の普及を後押しする。
106Picks
談合疑い、医薬品卸大手を捜索 独法入札、4社受注調整か
共同通信
|
談合疑い、医薬品卸大手を捜索 独立行政法人地域医療機能推進機構(東京)が発注する医薬品の入札で談合した疑いがあるとして、東京地検特...
17Picks
農業×AIにより独自の農産物栽培方法を確立し農家支援を行うHappy Qualityが資金調達
TechCrunch Japan
|
農業×AIにより高品質・高機能な農産物を1年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援・青果卸売業務を展開するHappy Quality(ハッピークオリティー)は10月20日、資金調達を実施したと発表した。引受先はSony Innovation Fund、ベンチャー投資育成研究会。 調達した資金により、中部地方をはじめさらなるFC農家の展開に向けたマーケティング強化のほか、より高品質な栽培をし...
13Picks
「新幹鮮魚」新幹線&特急で獲れたてを店頭や自宅へ JR東日本スタートアップら4社協力
LIGARE
|
JR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ)と、水産物や青果の卸・小売を手がける株式会社フーディソン(以下、フーディソン)は、10月23日から新幹線・特急の荷物輸送を活用し...
54Picks
容量市場に対する見解ー新電力の立ち位置、再エネアグリゲーターを目指す立ち場からー
U3イノベーションズ
|
株式会社ディー・エヌ・エー エネルギー事業推進部 シニアマネジャー 松尾 豪 新電力の立ち位置、再エネアグリゲーターを目指す立ち場からの容量市場考察 9月14日に公表された容量市場の約定価格は、大方の想定を大きく上回る14,137円/kWとなり、ほぼ上限価格に達した。これまで電源の固定費を負担してきた旧一般電気事業者や卸電力市場価格の下落に苦しんできた発電事業者、収益化に苦しんできたデマンドレスポ
16Picks
グローバルニッチトップ企業、強さの秘密はどこに?浮かぶ3つの成功パターン
ニュースイッチ
|
経済産業省認定「2020年版グローバルニッチトップ企業100選」として選定された113社。強さの秘密、競争力の源泉はどこにあるのか。各社の技術や製品、ビジネスモデルからは三つの類型が浮かび上がる。キーワードは「専門市場性」「代替不可能性」「模倣困難性」である。 特殊なニーズに応える 収穫した農作物を積んで急斜面を走行するモノレール。ニッカリ(岡山市)が製造する「モノラック」。旧社名「日本刈取...
専門食品卸(農作物卸) 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
インド