新着Pick
SPD27OPISN8CS40Y
燃料卸・販売
JPN

燃料卸・販売 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
燃料卸・販売
石油、LPG等の燃料の卸、販売を専門とする企業群。販売を行っていても精製事業を展開している企業は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
トヨタ新型「MIRAI」に込めた販売10倍増の成算
東洋経済オンライン
|
「トヨタの持てる技術をすべて注ぎ込み、フルスイングで開発した」トヨタ自動車は12月9日、燃料電池自動車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」を発表し、国内での販売を開始した。開発責任者の田中義和チーフエンジ…
17Picks
700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ
WEB CARTOP
|
新車時は700万円オーバーで販売されていたが  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然ながら排出ガスはゼロ。充電に時間がかかる電気自動車とは異なり、水素燃料はガソリン並...
49Picks
トヨタと日野自がFC大型トラックを共同開発、24年をめどに量産計画
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と日野自動車は6日(米国時間5日)、北米向けの燃料電池(FC)大型トラックを共同開発すると発表した。2021年の前半に試作車両を開発し、24年をめどに量産化する計画。両社は日本国内向けでもFC大型トラックの共同開発をしている。二酸化炭素を排出しない電動トラックの需要が北米でも高まっていることに対応する。 日野自が北米で販売する新型「HINO XLシリーズ」のシャシーをベースに開発...
277Picks
いきなり!ステーキ、独自開発「笑顔が見えるマスク」販売強化 コロナで追い風、月間1万3000枚売り上げ
ITmedia ビジネスオンライン
|
「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスが、2020年下期の戦略の一つとして、「笑顔の見えるマスク」の卸売販売の強化を掲げている。
72Picks
ベンツの燃料電池トラック、次世代型の航続距離は1000km超
ニュースイッチ
|
独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離約500キロメートルの大型電気自動車(EV)トラックについても24年には量産準備を完了させる計画。環境規制が進み化石燃料に厳しい目が注がれる中、航続距離に応じてFCトラックとEVトラックを販売す...
35Picks
マーケティングは「誰に売るか」より、「誰が売るか」が大事 【ユーグレナ 永田暁彦】
Agenda note
|
 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究などを行うユーグレナの取締役副社長 永田暁彦さんにインタビューする機会をいただきました。マーケティングの本質が垣間見...
11Picks
本気なのか? カリフォルニア州排ガス2035年規制 (2) やはり水素エンジンがベストか
財経新聞
|
2035年の排ガス規制によって、カリフォルニア州で販売できる新車は「ゼロエミッション車(ZEV:Zero-Emission Vehicle)」だけに規制され、純電気自動車(BEV)、燃料電池車(FCV)、水素エンジン車に限られてくる。
10Picks
株主になってもらう。CFOとしてのマーケティング 【ユーグレナ 永田暁彦氏】
Agenda note
|
 前編に続き、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究などを行っているユーグレナ社の取締役副社長 永田暁彦さんへのインタビューをお届けします(第2回/全3回)...
13Picks
ガソリン車の販売禁止が加速 世界最大・中国市場もEVシフト
産経ニュース
|
世界でガソリン車などの販売を禁じる「脱化石燃料」の流れが加速している。米カリフォルニア州がガソリン車などの新規販売を2035年までに禁じる方針を打ち出すなど、環境対策を重視する欧米各国で同様の動きが相次ぐ。世界最大の自動車市場である中国でも電気自動車(EV)の普及が加速しており、26日に開幕した北京国際モーターショーでも新型EVが出展を競う。日本の自動車メーカーも対応を本格化させている。
583Picks
「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入
ダイヤモンド・オンライン
|
「週刊ダイヤモンド」はJAグループ京都の米卸が販売するコメの産地判別検査を実施した。その結果、「滋賀産」や「魚沼産」として販売されていたコメに中国産が混入している疑いがあることが分かった。
28Picks
雪国まいたけ、創業者追放&外資系ファンドによる買収に加担した「第四銀行」の信義違反
ビジネスジャーナル
|
きのこの生産や販売を手がける雪国まいたけは9月17日、東京証券取引所に再上場する。8月14日に上場承認を得た。市場は1部または2部。同社株を51%保有する米投資ファンドのベインキャピタルが保有株を売り出す。株式の一部は現在49%の株式を保有するコメ卸大手、神明ホールディングスが引...
377Picks
トヨタ副社長「異次元への挑戦を加速」、電池での提携で準備整う
Reuters
|
[東京 18日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は18日、2025年ごろまでにガソリン車のみの車種をゼロにすると発表した。同年ごろまでにトヨタは世界で販売する全車種でハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車、もしくはこうした電動車のグレードを設定する。
345Picks
「アフリカの呪術師」と全面対決するため、電子マネーを導入した話。
Books&Apps
|
こんにちは。日本植物燃料株式会社、代表の合田です。 今回は、前回に引き続き、モザンビークで「バイオディーゼル事業」に着手したところからの話です。   バイオディーゼル燃料事業を成立させるためには「生産」と「販売」の2つが…
307Picks
イーロン・マスク、火炎放射器を販売開始。予定数2万台「ゾンビが大量に湧いたら、買って良かったと思うよ」
Engadget 日本版
|
イーロン・マスクのトンネル掘削会社The Boring Companyが、なぜか火炎放射器の販売をはじめました。予約価格500ドルを払えば"世界で最も安全"をうたう火炎放射器を購入できます(出荷時期は未定)。一方、思ったほど安全でなかった場合の備えとして30ドルの消火器も取り揃えています。The Boring Company印の火炎放射器は2万台を販売予定としており、燃料にはアルコールを使用...
217Picks
トヨタ、米加州で燃料電池車「ミライ」の販売好調=幹部
Reuters
|
[ロサンゼルス 17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の幹部は17日、米カリフォルニア州で燃料電池自動車「ミライ」の販売が勢いづいているとの見方を示した。ミライは同州で10月21日に納車が始まり、すでに22台が納車された。
196Picks
駄菓子3千種類! 日本一の店が好調な理由
産経ニュース
|
「日本一」をうたう駄菓子屋が岡山県瀬戸内市にある。地元の菓子卸会社・大町(おおまち)が手がける「日本一のだがし売場」。倉庫を使った広々とした店舗は品ぞろえが3千種類と豊富だ。全国で駄菓子屋が次々と姿を消す中、連日盛況で、近く売り場面積を2・5倍に拡大する。廃棄予定の返品を「もったいない」と安値で小売り販売したところから始まった同店。今では年間80万人が訪れる人気スポットとなりつつある。
176Picks
燃料電池車、日本以外での普及は難しい-VW日本法人社長 - Bloomberg
www.bloomberg.co.jp
|
世界販売で首位の[bn:WBTKR=7203:JP] トヨタ自動車 []に迫る独フォルクスワーゲン([bn:WBTKR=VOW:GR] VW [])は、水素燃料電池車(FCV)普及の波が日本市場から海外に広がるのは困難とみている。
164Picks
普及進まぬ燃料電池車 水素ステーションも不足
共同通信 47NEWS
|
普及進まぬ燃料電池車 次世代自動車としてトヨタなどが販売し、水素を燃料に使う燃料電池車の国内登録台数が、発売から2年がたった昨年末現在で1500台弱にとどまっていることが関係者への取材で22日、分かった。 車体が720万円...
燃料卸・販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン