新着Pick
SPD221ZNSWIUCGPN
風力発電機
ALL

風力発電機 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
重工業機械製造
>
風力発電機
風車を用いて電力を発生させる機械装置を製造する企業群。機械装置にはナセル、タワーなどの構造物を含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
ドローンのサブスク開始 ACSL、点検作業の無人化・省人化を実現しドローンの社会実装を推進
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
自律制御システム研究所(以下、ACSL)は、工場設備や風力発電機、煙突内部等あらゆるインフラを点検できる国産ドローンACSL-PF2のサブスクリプションサービスの提供を開始すると発表した。 今まで
3Picks
【チャレナジーCEO・清水敦史1】「羽のない風車」で世界初の台風発電。『下町ロケット』を体現
Business Insider Japan
|
東京スカイツリーのすぐそば、巨大倉庫のようなインキュベーション施設に入居する、チャレナジー。“羽のない風力発電機”を開発し、「全人類に安心安全なエネルギーを供給する」ことを目指すスタートアップだ。町工場のような面影を残す現場には、背丈より高い発電機のモック(原寸大の模型)が置かれており、世界の先を行...
11Picks
ドローンで風力発電機を自動点検 AIソリューション「拡博智能(Clobotics)」が約33億円調達
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
コンピュータビジョンを活用したソリューションを提供する「拡博智能(Clobotics)」がプレシリーズB-4で2億元(約33億円)を調…
12Picks
風力発電機ギア部分のオイル交換に新手法 専用ポンプ搭載の車で
福島民友新聞社
|
電気設備や再生可能エネルギー発電機の施工、保守を手掛ける誠電社(福島市)は、風力発電機のギア部分に使われている「風車増速機オイル」の交換に、専用のポンプなどを搭載した車両を使う方法を開発した。12日、同市で実証実験を行い、開発に関わった企業関係者らに公開した。 風車増速機オイルは、風車のギア部分の摩耗を防ぐためのもので、300~600リットルを3年に1度交換する必要がある。 新しい手法は、車
12Picks
「自然破壊」と懸念の声 七山で風力発電説明会
佐賀新聞LiVE
|
唐津市七山と福岡県糸島市にまたがる脊振山系の風力発電事業に関し、計画している大和エネルギー(本社・大阪府)は22日、七山公民館で住民向け説明会を開いた。約60人が参加し、「自然を破壊するのか」「白紙撤回するべき」など、再考を求める意見が相次いだ。 計画では、発電機8~10基を設置し、最大3万2千キロワットの出力を見込む。2024年に着工し、26年の運転開始を目指している。 同社は、環境影響評...
178Picks
Googleが空飛ぶ風力発電機「Makani」を本格始動か
GIGAZINE
|
Googleは2013年に1500万ドル(約18億2500万円)でクリーンエネルギー企業の「Makani」を買収しており、Googleの秘密研究機関「Google X」の下で空飛ぶ風力発電機「エナ
128Picks
目指せ世界初の「台風発電」=ベンチャー、下町で技術開発
時事ドットコム
|
役職員3人のベンチャー企業、チャレナジー(東京都墨田区、清水敦史社長)が新型風力発電機の開発に取り組んでいる。台風の強い風から電力をつくる世界初の「台風発電」だ。町工場が集まり、ものづくりの町と
77Picks
【拡大写真あり】クモのようなロボットが風車を点検
ニュースイッチ
|
弘前大学の竹囲(たけい)年延助教とクラフトワークス(東京都大田区)、豊田通商、東京都立産業技術研究センターは、風力発電機のブレードを点検するロボットを開発した。人間の点検員が高所作業をする必要がなく
53Picks
常識を疑え! スペイン生まれの羽根のない風力発電機が2020年に販売スタート
EMIRA
|
世界で初めて風力発電機が造られたのは今からおよそ130年前。さらに揚水や灌漑(かんがい)目的としては、紀元前から風車が活用されていたという記録も残っている。このように2000年以上もの間、風の力を得る=プロペラを回すということは常識として考えられてきた。しかし、スペインのスタートアップ企業・Vortex Bladeless社が開発したのは、羽根のない風力発電機。常識を覆した、希代の発明品とそ...
49Picks
マレーシア発のドローンスタートアップ、エアロダインが日本進出
TechCrunch Japan
|
マレーシアを拠点とし、ドローンを利用したインフラ点検サービスなどを提供するエアロダインは12月21日、北海道伊達市にある風力発電機の保守点検を実施した。これが同社にとって日本における初オペレーションとなり、この市場における日本進出を果たした。 従来、風力発電機の点検は人間の作業員が行っており、作業時間と人件費の削減が大きな課題となっていたという。また、背の高い風力発電機の保守点検は危険を伴う...
25Picks
地上施設の要らない空中浮揚型風力発電機のAltaeros Energies社にSoftBank が$7Mを投資
TechCrunch Japan
|
またまた、SoftBankからの投資のお話。今回、この日本の大手通信企業は、700万ドルをAltaeros Energiesに投じた。同社はMassachusetts Institute of Technology(MIT)の学内起業で、空中浮揚型の風力発電機を作っている。 …
22Picks
世界最大の洋上風力発電設備、建設開始。英国の北海沖。174機の風力発電機。総発電容量は1.2GW、英国の100万世帯の家庭に電力を供給.2020年までに稼働(RIEF)
一般社団法人環境金融研究機構
|
    世界最大の洋上風力発電所の建設が、英国のヨークシャー州沖の北海海域で始まった。 デンマークの…
10Picks
風力発電機のタービンに「色を塗る」だけで鳥の事故死率が70%下がる
GIGAZINE
|
風力発電は二酸化炭素や窒素酸化物を出さないクリーンな発電方法として世界でも注目が高まっています。しかし、風の流れに向かって巨大構造の建築物を設置するため、鳥がタービンに衝突して命を落とすという痛ましいケースも報告されています。その対策として、タービンの羽根(ブレード)に色を塗ることで鳥の衝突を避けることができると、ノルウェー国立自然研究所の研究チームが発表しました。
16Picks
丸紅などが秋田で洋上風力発電を事業化 令和4年に国内初の商用運転へ
産経ニュース
|
丸紅は3日、同社が約4割を出資する秋田洋上風力発電(AOW、東京)が、着床式洋上風力発電所計画の事業化を決定したと発表した。秋田県の秋田港と能代港の2カ所に計33機の風力発電機を設置。令和4年中の稼働を目指す。大型の洋上風力発電の商用運転は国内初となる。
風力発電機 概要
世界
中華人民共和国
インド
アメリカ合衆国