新着Pick
SPD1Y48BGEQBWLXO
事業者金融
CHN

事業者金融 業界

中華人民共和国
業界一覧
>
金融
>
銀行・ノンバンク
>
事業者金融
商工ローンとも呼ばれ、手形割引、手形貸付、証書貸付などの形態により、主に中小企業の経営者等を対象に事業用資金を貸し付ける企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
406Picks
【スッキリ図解】犯収法改正の衝撃! 本人認証技術が左右する天国と地獄
NewsPicks Brand Design
|
2018年11月、フィンテックを含む金融系サービスに、大きな影響を与える施行規則の改正があった。ユーザーにも事業者にも影響が多大だ。 対象となったのは通称「犯収法(犯罪収益移転防止法)」。 正式...
18Picks
中小企業の「資金繰り悪化」をAIで予測、“危ない”場合は融資のオファー クラウド会計のfreeeが開始
ITmedia NEWS
|
freeeの子会社freee finance labが、新サービス「資金繰り改善ナビ」を開始。AIを活用して顧客企業の資金残高(翌3カ月分)を予測し、資金繰り悪化が見込まれる場合に融資を提案する仕組み。金融事業者と連携し、融資可能な金額を事前に提示する他、融資の申し込みなどをクラウド上で完結させる点が特徴だ。
111Picks
フィンテック・ブーム後の世界の融資ベンチャーのトレンドは?
マネー現代
|
成長資金を求める世界中の小さな事業者・個人にお金を届ける、「世界をつなぐ第3の金融」の実現をめざし活動を続けるクラウドクレジット株式会社の杉山智行代表取締役社長。ロイズ銀行在職時に、既存の銀行の限界に気づき起業するにいたった杉山氏が、その経緯と金融の未来予測を語った『さらば銀行──「第3の金融」が変えるお金の未来』が話題になっている。杉山氏が語る、「フィンテック」業界の未来とは──。
132Picks
地銀がこの10年にやっておくべきだった「2つ」のこと
マネー現代
|
貸付型クラウドファンディングの仕組みを活用し、成長資金を必要とする世界中の小さな事業者・個人にお金を届ける──そんな「世界をつなぐ第3の金融」をめざし活動を続けるクラウドクレジット株式会社の杉山智行代表取締役社長。ロイズ銀行在職時に、既存の銀行の限界に気づき起業するにいたった杉山氏が、その経緯と金融の未来予測を語った『さらば銀行──「第3の金融」が変えるお金の未来』が話題になっている。杉山氏...
522Picks
丸井、メルカリ、楽天が推進する金融ビジネスの成否
Diamond Online
|
金融サービスは、銀行や証券、保険などの専業事業者のみならず、新規参入者があいつぎ、新たな顧客獲得・収益拡大競争が始まっている。本連載では、異業種の挑戦を紹介していく。この第1回では、丸井、メルカリ、楽天など新旧入り混じった小売業の取り組みを追う。
955Picks
地方交通で統一「QRコード」決済=キャッシュレス普及で検討-経産省
時事ドットコム
|
経済産業省は、新たなキャッシュレス普及策として、地方の鉄道やバスなどの料金支払いを統一規格の「QRコード」決済で行えるようにする検討を始めた。実現すれば、事業者の違う交通機関でも、スマートフォンで簡単に運賃を支払えるようになる。税の納付や病院での医療費支払いなどを可能にする仕組み作りも視野に入れる。 地方の金融機関が現金自動預払機(ATM)などを減らす中、現金を下ろさなくても生活できる環境づ...
301Picks
地銀の人材紹介業参入が相次ぐワケ
ニュースイッチ
|
銀行が人材紹介関連業務に相次いで参入している。金融庁は昨年、金融機関の監督指針を改定し、銀行が取引先に対し行う人材紹介業務が付随業務として明確化された。人手不足が深刻化する中で、取引先の人材に関わる課題解決を後押しするのが狙いだ。金融面だけでなく、人材面でも取引先のニーズに柔軟に対応しようという動きが広がる。 横浜銀行は昨夏、地元事業者の人材確保の取り組みを支援するとして、人材紹介関連業の参...
336Picks
金融庁は金融機関に顧客本位を求めるより消費者教育を
投信1(トウシンワン)
|
金融庁は本年3月、「顧客本位の業務運営に関する原則」を発表し、金融事業者が顧客本位の業務運営に当たるべきだ、としています。ポイントは「顧客の最善の利益の追求」です。一見すると素晴らしい理想を述べているようですが、筆者は「余計なお世話」だと感じています。
242Picks
日本企業が開発した「給料電子マネー振込」が海外で注目される理由
Diamond Online
|
この1年、街中で急速に進むキャッシュレスに関わる企業や金融事業者、続々と生まれるスタートアップ企業などの最前線をレポートしているが、本記事で紹介するドレミングは、国内よりもむしろ海外で注目を浴びる企業だ。
231Picks
三重苦に悩む介護業界、再編・合併は進むのか(金子洋文)
NewsPicks編集部
|
・建築単価の高騰、人材不足・人件費の高騰、介護報酬の減額という三重苦が介護事業者を悩ませている。 ・介護報酬改定の影響の顕在化、地域の金融機関を通じた再編圧力により、倒産や廃業、承継などが大きく...
189Picks
楽天、割引き利用の新クレカ発行を検討 各社「経済圏」で囲い込み
産経ニュース
|
楽天が各種サービスを割引で使える新クレジットカードの発行を検討していることが6日、分かった。楽天は金融部門を成長の柱に位置付けており、新カードの発行で平成32年までに2千万人と定めているカード利用者目標の達成に弾みをつけたい考えだ。他のインターネットや携帯電話の事業者も、さまざまな自社サービスとポイントを提供する独自の「経済圏」を構築して顧客の囲い込みを図っている。
160Picks
超高速取引事業者に登録制導入、金融庁が方針 「欧米並み規制を」
Reuters
|
[東京 19日 ロイター] - 金融庁は19日、金融審議会(首相の諮問機関)の部会で株式市場などで超高速取引を行う事業者に登録制を導入する方針を示した。目立った異論は出ず、部会が年内にも取りまとめる報告書に盛り込まれる見通し。金融庁はこの方針に基づき、金融商品取引法の改正案を早ければ次期通常国会に提出する。
151Picks
データを持つ企業が「融資サービス」を加速させる
ITmedia ビジネスオンライン
|
あらゆるデータを所有するIT事業者などが独自の融資サービスを展開する動きが加速している。近い将来、豊富なデータを持つ企業が、金融機関の与信判断の枠組みを超えるシステムを作り上げるかもしれない。
143Picks
スマホから世界の商品が買える時代に 重要度を増してきた「決済インフラ」 - IT&ビジネス 業界ウォッチ
Diamond Online
|
活発化するEC市場で注目を集めているのが「ペイメント・ゲートウェイ」と呼ばれるサービスだ。ECで商品やサービスを販売する事業者と、実際に決済処理を行う金融機関や専門事業者らの間をネットワークで結び、クレジットカード取引の仲介を行う。
69Picks
銀行以外の送金額1兆円突破 8年で80倍
産経ニュース
|
送金サービスを手掛ける資金移動業者が1回当たりに扱える上限額(100万円)について、未来投資会議で緩和を検討するのは、金融とITを融合させたフィンテック企業などの台頭で、資金移動業者の取扱金額が平成29年度に1兆円を突破し、8年間で約80倍に急増していることが背景にある。事業者からも上限撤廃を求める声が上がっており、規制を見直すことでイノベーション(技術革新)を後押しするのが狙いだ。
98Picks
(速報)中国人民銀行がビットコイン投資の「行き過ぎ」に対して公式声明を出す
ビットコインニュース|BTCN
|
ビットコインの急変動に湧くさなか、中国人民銀行(PBoC)が中国国内の取引所事業者BTCC、OKCoin、Huobiの主要3社を呼び出したことがわかった。 公式声明によれば、中国人民銀行上海本部と上海市金融局は1月6日、中国国内の取引所責任者と接触し業務体制、コンプライアンス、規制等について話し合いを行ない潜在的リス
57Picks
「APIはポスト現金社会のATM」--銀行法改正の先にある世界観
ZDNet Japan
|
金融審議会の金融制度ワーキング・グループで進んでいた、銀行APIを活用する中間的事業者に向けた制度整備は、銀行法案という形で反映され、3月3日に公開されました。これを機に、参照系、更新系ともにAPI化がスピードを上げて進行していくでしょう。
48Picks
ケータイ各社が「信用スコア」に注目する理由
BCN+R
|
ここ数年、IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」に、ベンチャーから大手まで、参入が相次いでいる。通信事業者のNTTドコモは10月17日、2018-19年冬春モデルの発表とともに、自動的に算出したドコモ回線契約者の個々の「信用スコア」を金融機関に提供し、そのスコアをもとに金融機関が審査・融資する「ドコモ レンディングプラットフォーム」を来春開始すると発表した。
42Picks
子育て世代の入居希望が絶えない賃貸の正体
東洋経済オンライン
|
空き家・空室の増加や、事業者や金融機関による不正問題の発生から、賃貸住宅供給をめぐる世間の見方は厳しさを増している。「新たな物件は必要ないのではないか」などと考えている方もいるだろう。では、本当に新…
42Picks
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?
ニュースの教科書
|
貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているという。内容の詳細は不明だが、もし上限金利が元の水準に戻されれば、消費者金融や事業者ローンの金利に関する議論は、すべて振り出しに戻ることになる。 [...]
事業者金融 概要
中華人民共和国
マレーシア
フィリピン
ベトナム
インド