新着Pick
SPD1XLNPAVQ9S06T
酸化鉄・酸化チタン
JPN

酸化鉄・酸化チタン 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
酸化鉄・酸化チタン
酸化チタン(イルメナイトなどの天然鉱物から得られる粉末成分)、酸化鉄(鉄の酸化物の粉末成分)を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
61Picks
まもなくノーベル化学賞発表。3日連続で日本人の受賞なるか!
ニュースイッチ
|
ノーベル生理学・医学賞の大村智北里大学特別栄誉教授、物理学賞に梶田隆章東京大学宇宙線研究所所長と、二日続けて日本人が受賞。化学賞も有力者が多く3日連続の期待がかかる。東京理科大の藤嶋昭学長や旭化成の吉野彰フェローら 青色LEDが14年の物理学賞の受賞テーマとなったように、近年は実社会でのイノベーション創出につながる成果を評価する傾向がある。その意味で関連市場の規模が1000億円まで拡大した酸...
17Picks
スマホで高級カメラ凌ぐ写真も可能に?色収差なし、ナノ構造の「フラットレンズ」がマルチカラー化、実用化へ前進
Engadget 日本版
|
ハーバード大学の工学・応用科学部(SEAS : School of Engineering and Applied Science)が、二酸化チタンのナノ構造体を並べた極薄平面レンズを開発しました。このレンズは光の屈折を利用するガラスレンズとは全く異なる薄さ・大きさ・構造ながら非常に効率的に光を集束できる特徴を備えています。 SEASが昨年発表していた2016年版のフラットレンズでは、一度に...
12Picks
酸化チタンの新機能を発見 ―薄膜形状で超伝導を実現―
www.titech.ac.jp
|
要点 地球上のありふれた元素を活用した高機能材料の創製に寄与 2つの異なる組成の酸化チタンを薄膜形状に合成し、組成・構造を決定 実験的に未解明だったバイポーラロン超伝導の発現の可能性 概要 東京工業大学 物質理工学院の吉松公平助教と大友明教授は、物質・材料研究機構と共同で、光触媒材料として知られる二酸化チタンの類縁化合物である七酸化四チタン(Ti4O7)とガンマ型の五酸化三
8Picks
紫外光から近赤外光まで広帯域を吸収!活性効率900倍の光触媒
ニュースイッチ
|
大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授らは、紫外光から近赤外光に至る広帯域の光を吸収できる光触媒を精製した。ナノサイズ(ナノは10億分の1)の酸化チタン結晶の集合体と円柱状の金粒子を合成し、通常の酸化チタンと比べ触媒活性効率を800―900倍に高めた。太陽光エネルギーを利用し、水から水素を生成する人工光合成で用いる。エネルギー変換効率向上に役立つ技術としての活用が見込まれる。 真嶋教授らは、ま...
7Picks
インフルエンザ予防や花粉症対策に 医師が開発した新発想マスク
産経ニュース
|
感染症・アレルギー疾患治療薬開発を専門とする創薬会社、DR.C医薬の代表で医師の岡崎成実氏が開発したマスク。「ハイドロ銀チタン」は、酸化チタンとハイドロキシアパタイトを主成分とし、微量の銀を付けた合成物質で3つの成分が相互に働いて花粉、カビ、ハウスダストなどのたんぱく質やニオイ原因物質を吸着し、水と二酸化炭素に分解します。
7Picks
大気中のマグネタイトが温暖化の一因?東大の研究
財経新聞
|
東京大学などの研究グループは、独自の分析装置による航空機観測によって、大気中に人為起源の黒色酸化鉄粒子、すなわち四酸化三鉄(マグネタイト)が多量に存在していることを発見した。
6Picks
電気と水で合成、経済的で環境負荷の低いアミノ酸の製造は可能か
ニュースイッチ
|
九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の福嶋貴学術研究員と山内美穂教授らは、木の幹や端材などの木質バイオマスから電気と水で効率よくアミノ酸を合成することに成功した。安全で安価な酸化チタンを電極に使い、アミノ酸を連続的に合成できる装置を開発した。目的とするアミノ酸を約95%の割合で合成でき、これまでの報告よりも反応効率は10倍以上向上した。経済的で環境負荷の低いアミノ酸の製造の実現...
6Picks
スマホ画面をルビー並みに硬くする「ProtectPax」--液体ガラスで傷と無縁に
CNET Japan
|
ProtectPaxは、二酸化チタンの微粒子(ナノパーティクル)を含む液体で、開発チームは「液体ガラス」と称している。もともとは航空産業や航空宇宙分野向けに開発されたもので、ガラスの表面に塗布すると強固な保護層を形成する。
5Picks
低圧力で瞬時に放熱する蓄熱セラミックスの仕組み
ニュースイッチ
|
東京大学大学院理学系研究科の大越慎一教授らは、長時間熱を蓄積でき、さらに弱い圧力を加えるだけでためていた熱を瞬時に取り出せる蓄熱セラミックスを開発した。酸化チタンの新物質「ラムダ五酸化三チタン」を合成。1リットル当たり237キロジュールの熱量を蓄えられることを明らかにした。自動車の蓄熱材料や太陽熱発電所の蓄熱システムなどへの利用が期待される。 開発したラムダ五酸化三チタンは粒子がブロック型の...
5Picks
結晶シリコン系太陽電池の新材料、酸化チタン薄膜のヘテロ界面の構造を解明――高効率化に期待 名古屋大
fabcross for エンジニア
|
名古屋大学は2018年12月20日、同大大学院の山本剛久教授と宇佐美徳隆教授らの研究グループが、高いパッシベーション性能を示す酸化チタン極薄膜を開発し、それと結晶シリコンとのヘテロ界面の電子構造を原子レベルで明らかにしたと発表した。 近年、原子層堆積法で結晶シリコン上にヘテロ接合した酸化チタン薄膜は、比較的高い変換効率を示すことから、結晶シリコン系太陽電池の性能を高めるヘテロ接合材料として期...
5Picks
「次世代煙突」とは!?
ニュースイッチ
|
日立造船と太陽工業(大阪市淀川区)は、耐震対策や環境負荷などの低減に貢献する「次世代煙突=写真」を完成した。日立造船が建設し、4月に運用を始めたゴミ焼却発電施設「クリーンパーク折居」(京都府宇治市)に採用された。 次世代煙突は、従来のゴミ焼却施設の煙突用となる外壁コンクリートなどに替わり、軽量素材のフッ素樹脂酸化チタン光触媒膜材を使用。1枚の膜パネルで大面積を覆うことができ、膜材を透過した光...
5Picks
高屈折率の酸化チタン薄膜の実用的作製法を開発
EE Times Japan
|
東北大学大学院工学研究科と日本電気硝子は、高屈折率材料でありながら高価な作製方法しか存在しなかったルチル型の結晶構造を持つ酸化チタン薄膜をより簡易に低コストで作製できる技術を開発した。
3Picks
堺化学工業、上期は増収増益 電子材料・酸化チタン・触媒が堅調に推移
ログミーファイナンス
|
2018年12月11日に日本証券アナリスト協会主催で行われた、堺化学工業株式会社2019年3月期第2四半期決算説明会の内容を書き起こしでお伝えします。IR資料
3Picks
メタンの変換を触媒する
ハフポスト日本版
|
メタンの液体化学物質への直接変換は非常に有益なものとなる可能性があるが、穏やかな条件下でこれを効率的に行うことができる触媒は知られていない。 今回J Shanたちは、ゼオライト担体または酸化チタン担体に固定された単核ロジウム種が、酸素と一酸化炭素を用いて、メタンからメタノールや酢酸への直接変換を触媒することを示している。 メタノールと酢酸(どちらも化学工業で広く使用されている)は異なる経路で...
2Picks
日焼け止めは、SPFだけでなくUVA防御力が高い製品が必須になる
ライフハッカー[日本版]
|
アメリカで日焼け止めに関する規制が変更される。安全で効果があると認められている成分は、酸化亜鉛と二酸化チタンだけ。今後の、日焼け止めの選び方の注意点は?
2Picks
【プレスリリース】世界初!セラミックス基複合材料の亀裂損傷を室温で修復
日本の研究.com
|
2019.01.22 大阪大学 プレスリリース 研究のポイント金属チタンを分散したアルミナセラミックス基複合材料において、発生した亀裂を室温で修復することを世界で初めて実証。セラミックスおよびセラミックス基材料の損傷修復には、高温度で熱処理を行い、構成物の酸化や化学反応に伴い亀裂を修復する方法のみが...
2Picks
ラジカル塗料を徹底解説!人気塗料「シリコン塗料」との違いは?
リフォームジャーナル
|
ラジカル塗料についてそもそもラジカルとは何?特徴は?酸化チタンとは?シリコン塗料との比較。どんな人にオススメ?オススメの外壁と屋根のラジカル制御型塗料などを紹介しています。
酸化鉄・酸化チタン 概要
世界
日本
中華人民共和国