新着Pick
SPD1VWS03BF0RDQM
ガス
JPN

ガス 業界

日本
業界一覧
>
公共サービス
>
公共インフラ
>
ガス
都市ガスをパイプラインやガスシリンダーを通じ、最終消費をする家庭・企業等へ供給を行う企業群。産業向けまたは発電向けの天然ガス輸送・供給を主としている企業は含まない。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
米、ロシア送ガス管完成を容認 独はウクライナ支援約束
時事ドットコム
|
【ワシントン、ベルリン時事】米国、ドイツ両政府は21日、ロシア産天然ガスをドイツに輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」建設について、米国が事実上完成を認める合意を発表した。米国は、パイプラインがウクライナを迂回(うかい)することや欧州がロシアへのエネルギー依存を高めることを懸念し、建設に反対してきたが、ドイツがウクライナのエネルギー分野支援を打ち出し、姿勢を転換した。トランプ前政権下で...
14Picks
BHP、テスラにニッケル供給へ 電池供給網の排出削減でも協力
Reuters
|
[メルボルン 22日 ロイター] - 豪英資源大手BHPグループは22日、米電気自動車メーカーのテスラとニッケル供給契約を結んだと発表した。電池のサプライチェーン(供給網)における温室効果ガス排出を減らす取り組みでも協力する。
167Picks
温暖化対策の炭素クレジット 需要急増で注目 国内外企業が活用
NHKニュース
|
【NHK】地球温暖化対策への機運の高まりを背景に、温室効果ガスの排出量の取引の一種「炭素クレジット」と呼ばれる民間主導の仕組みに注…
28Picks
超巨大ブラックホールからガス 高速で噴出、国際チームが観測
共同通信
|
国立天文台などが参加する国際研究チームが、地球から約1200万光年離れた銀河の中心に位置する超巨大ブ...
21Picks
脱炭素へ、22年度に新交付金 「先行地域」へ優先配分、環境省
共同通信
|
環境省は20日、2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロの実現に向け、地方自治体の施策を支援する新た...
184Picks
「2035年にHV販売禁止」方針を打ち出すEU、“日系メーカーつぶし”に日本はどう対応するか
Business Insider Japan
|
欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は7月14日、気候変動対策に関する包括的な法案の政策文書(コミュニケーション)を発表した。 とりわけ日本の報道で注目されたのが、2035年までにEU域内の新車供給をゼロエミッション車(温室効果ガスを排出しない自動車)に限定するという野心的な方針だ。 トヨタ自...
3Picks
エネルギー計画 脱炭素の覚悟が見えぬ
北海道新聞 どうしんウェブ
|
経済産業省はエネルギー政策の中長期指針となる新たなエネルギー基本計画の素案をまとめた。  2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比で46%削減する目標を実現するための計画だ。意見公募など...
10Picks
小泉進次郎環境相 熱海土石流で言い出した「太陽光発電への立地規制」が意外な好評も…温室効果ガス「46%削減」は大丈夫? - SmartFLASH
BLOGOS - 最新記事
|
小泉進次郎環境相は7月6日、太陽光発電所の立地規制を検討することを発表した。7月3日に発生した静岡県熱海市の土石流の起点付近に太陽光パネルが設置されていることから、災害との因果関係は解明されていないものの、住民の不安を払拭するために新たなルールが必要だと考えたのだろう。 とはいえ、太陽光発電所に規制が加えられた場合、温室効果ガス排出量をゼロにする脱炭素化に向けて、自身が旗振り役となって進めて...
26Picks
EU国境炭素税、2026年から全面実施
産経ニュース
|
【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。
56Picks
英国、ガソリン・ディーゼルトラックの新規販売禁止へ 40年から
Reuters
|
[ロンドン 14日 ロイター] - 英政府は14日、2050年にあらゆる交通機関からの温室効果ガス排出量をゼロにすることを目標にした環境対策の一環として、40年からガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載した重量物運搬車(HGV)の新規販売を禁止すると発表した。
112Picks
カーボンニュートラル “内容を理解” 約15%にとどまる
NHKニュース
|
【NHK】温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする、「カーボンニュートラル」について、その内容を理解している人の割合が、およそ15%に…
10Picks
フィリピンで火山噴火、有害ガス発生 2000人超が避難
AFP
|
【7月3日 AFP】フィリピン当局は3日、首都マニラから南に50キロのタール火山が噴火したことを受け、住民2000人以上が避難したと明らかにした。
41Picks
燃費のよい航空機へ。JAXAが研究開発する「リブレット」とは?
ニュースイッチ
|
空気抵抗を低減させ、燃費の良い航空機を実現する技術の獲得は、航空機において普遍的な重要課題である。消費燃料削減や温室効果ガス排出抑制といった経済性や環境性に対する要求が高まる中、空気抵抗低減技術はますます重要な意味を持つ。 これからの航空機は、各抵抗成分をコントロールする周到な技術が必須になると考えられる。亜音速旅客機の巡航飛行時の空気抵抗の内、約40%を表面摩擦抵抗が占めており、最も効率良...
26Picks
東電の子会社に業務停止命令 電気ガス勧誘で虚偽説明
共同通信
|
消費者庁は25日、東京電力ホールディングス販売子会社の東京電力エナジーパートナーに対し、電気・ガス販...
70Picks
脱炭素へホンダらしさ全開、エンジン捨てEV化を急ぐ三部社長の思惑
Bloomberg.com
|
世界最大のエンジンメーカーであるホンダは、電気自動車(EV)など温室効果ガスを排出しないゼロエミッション車への完全移行に向けた取り組みを加速させている。三部敏宏社長が就任早々公表した計画は現時点で日本の自動車メーカーの中で最も先進的だが、そこには困難に挑戦して新しい価値を生み出す「ホンダらしさ」を取り戻す狙いもある。
19Picks
気候変動の影響、想定より早期の恐れ 国連IPCC報告書草稿
AFP
|
【6月23日 AFP】人類が温室効果ガスの排出を抑制できたとしても、気候変動により地球上の生命の在り方は今後数十年で根本的に変化する──AFPは、国連の「気候変動に関する政府間パネル」の報告書草稿を独自に入手した。
40Picks
東電EPに業務停止命令へ 電話勧誘問題で消費者庁
朝日新聞デジタル
|
電気やガスの料金が必ず安くなるかのように、うその説明をして電話勧誘をしていたとして、消費者庁が東京電力エナジーパートナー(EP)に対して、特定商取引法違反(不実告知など)で、業務の一部停止命令を出す…
12Picks
東京電力の小売り部門の会社 うその説明で勧誘 業務停止命令へ
NHKニュース
|
【NHK】電気やガスの契約について、必ず安くなるかのようなうその説明をして、電話勧誘を行っていたなどとして、消費者庁が、東京電力の…
29Picks
イーサリアムのガス代が急落、注目すべき要因を解説
HEDGE GUIDE
|
米暗号資産メディアThe Blockが、6月に入ってからイーサリアムのガス代(取引手数料)が下落している要因について解説した。いくつかの興味深いデータが公開されている。
ガス 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
フィリピン