新着Pick
SPD1VWS03BF0RDQM
ガス
JPN

ガス 業界

日本
業界一覧
>
公共サービス
>
公共インフラ
>
ガス
都市ガスをパイプラインやガスシリンダーを通じ、最終消費をする家庭・企業等へ供給を行う企業群。産業向けまたは発電向けの天然ガス輸送・供給を主としている企業は含まない。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
米政府、環境評価を見直しへ アラスカ州の石油・ガス鉱区リースで
Reuters
|
[3日 ロイター] - 米政府は3日、アラスカ州の北極圏国立野生生物保護区(ANWR)における石油・ガス鉱区リースについて、新たに環境影響評価の見直しを開始すると明らかにした。
2Picks
温暖化対策計画の修正案を提示 温室ガス46%削減に向け政府
共同通信
|
政府は4日、2030年度に温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する目標の実現に向けた、地球温暖化...
75Picks
EV大国の中国で顕在化、次の環境問題は「廃棄EVバッテリー」
Forbes JAPAN
|
電気自動車(EV)は、ここ最近で大きく勢いづいている。ジョー・バイデン大統領や主流派メディアに言わせれば、EVは、温室効果ガス排出量削減と環境保護に絶対必要な要素だ。EVの購入は、以前から連邦政府や州の補助金によって奨励されてきた。バイデン・・・
3Picks
米オキシデンタルとデボン、第2四半期利益が予想超え 原油高で
Reuters
|
[3日 ロイター] - 米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムと同業のデボン・エナジーが3日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス対策の移動制限の緩和とコロナワクチンの接種拡大で、燃料需要が押し上げられ、原油価格が回復したことが背景にある。
8Picks
世界鉱山大手4社と連携。コマツが描く「多動力源ダンプトラック」開発
ニュースイッチ
|
コマツは、英豪系のリオ・ティントとBHPグループ、チリのコデルコ、スウェーデンのボリデンの世界鉱山大手4社と共同で、鉱山操業に伴う温室効果ガス(GHG)削減を狙う連携体「コマツGHGアライアンス」の発足で合意したと発表した。超大型ダンプトラックを対象に、ディーゼルエレクトリックや有線といった既存の動力源のほか、燃料電池や水素、リチウムイオン電池も選択肢に入れ、多動力源ダンプの開発を加速させる...
29Picks
ボーイングのジェット機、CO2排出量は1機当たり100万トン
Reuters
|
[26日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは26日、同社が昨年引き渡した商用ジェット機について、20年以上に及ぶ耐用期間中に1機当たり二酸化炭素(CO2)換算で平均100万トンの温室効果ガス排出につながると報告した。
87Picks
米欧で「電池生産」現地化進む。米国はEV・充電インフラに19兆円投資
ニュースイッチ
|
米欧で車載向けを中心に電池のサプライチェーン(供給網)を現地化する動きが広がる。米国は2030年までの実現を目指し、欧州では欧州連合(EU)が電池生産の支援や関連ルールの形成に意欲的だ。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向けて電動車シフトが進む中、電池の需要は急拡大する。電池調達は国の安全保障にも影響を与える。(日下宗大) 米バイデン政権は米中対立の対応で、電池や半導体...
239Picks
温室ガス、30年度までに「家庭部門」で66%削減へ…政府の温暖化対策原案
読売新聞
|
2030年度までに温室効果ガスを13年度比で46%削減する目標達成に向けた政府の地球温暖化対策計画の原案が判明した。家庭部門で66%を削減するなど、目標達成に必要な全部門の削減量を初めて明記した。26日に開かれる政府の
86Picks
CO2を直接回収する注目技術「DAC」、脱炭素の切り札になるか
ニュースイッチ
|
政府は2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を目標に掲げ、脱炭素の動きを加速する。その中で、大気中の二酸化炭素(CO2)を直接回収して利用する技術「ダイレクト・エア・キャプチャー(DAC)」が注目される。CO2を材料として活用できることが大きなメリットだ。再生可能エネルギーなどを組み合わせることで、CO2を有効利用する循環システム構築が期待できる。(冨井哲雄) 近年、...
22Picks
日本生命がクリアファイルを紙製に切り替え…顧客提案用に半透明のものも
読売新聞
|
日本生命保険は、2024年度までに社内でプラスチック製クリアファイルの使用をゼロにする目標を定めた。順次、紙製のファイルへの切り替えを進め、温室効果ガスの排出につながるプラスチック使用量の削減に取り組む。 19年度に同
171Picks
温暖化対策の炭素クレジット 需要急増で注目 国内外企業が活用
NHKニュース
|
【NHK】地球温暖化対策への機運の高まりを背景に、温室効果ガスの排出量の取引の一種「炭素クレジット」と呼ばれる民間主導の仕組みに注…
22Picks
米、ロシア送ガス管完成を容認 独はウクライナ支援約束
時事ドットコム
|
【ワシントン、ベルリン時事】米国、ドイツ両政府は21日、ロシア産天然ガスをドイツに輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」建設について、米国が事実上完成を認める合意を発表した。米国は、パイプラインがウクライナを迂回(うかい)することや欧州がロシアへのエネルギー依存を高めることを懸念し、建設に反対してきたが、ドイツがウクライナのエネルギー分野支援を打ち出し、姿勢を転換した。トランプ前政権下で...
185Picks
「2035年にHV販売禁止」方針を打ち出すEU、“日系メーカーつぶし”に日本はどう対応するか
Business Insider Japan
|
欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は7月14日、気候変動対策に関する包括的な法案の政策文書(コミュニケーション)を発表した。 とりわけ日本の報道で注目されたのが、2035年までにEU域内の新車供給をゼロエミッション車(温室効果ガスを排出しない自動車)に限定するという野心的な方針だ。 トヨタ自...
15Picks
BHP、テスラにニッケル供給へ 電池供給網の排出削減でも協力
Reuters
|
[メルボルン 22日 ロイター] - 豪英資源大手BHPグループは22日、米電気自動車メーカーのテスラとニッケル供給契約を結んだと発表した。電池のサプライチェーン(供給網)における温室効果ガス排出を減らす取り組みでも協力する。
25Picks
脱炭素へ、22年度に新交付金 「先行地域」へ優先配分、環境省
共同通信
|
環境省は20日、2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロの実現に向け、地方自治体の施策を支援する新た...
28Picks
超巨大ブラックホールからガス 高速で噴出、国際チームが観測
共同通信
|
国立天文台などが参加する国際研究チームが、地球から約1200万光年離れた銀河の中心に位置する超巨大ブ...
10Picks
小泉進次郎環境相 熱海土石流で言い出した「太陽光発電への立地規制」が意外な好評も…温室効果ガス「46%削減」は大丈夫? - SmartFLASH
BLOGOS - 最新記事
|
小泉進次郎環境相は7月6日、太陽光発電所の立地規制を検討することを発表した。7月3日に発生した静岡県熱海市の土石流の起点付近に太陽光パネルが設置されていることから、災害との因果関係は解明されていないものの、住民の不安を払拭するために新たなルールが必要だと考えたのだろう。 とはいえ、太陽光発電所に規制が加えられた場合、温室効果ガス排出量をゼロにする脱炭素化に向けて、自身が旗振り役となって進めて...
26Picks
EU国境炭素税、2026年から全面実施
産経ニュース
|
【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。
56Picks
英国、ガソリン・ディーゼルトラックの新規販売禁止へ 40年から
Reuters
|
[ロンドン 14日 ロイター] - 英政府は14日、2050年にあらゆる交通機関からの温室効果ガス排出量をゼロにすることを目標にした環境対策の一環として、40年からガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載した重量物運搬車(HGV)の新規販売を禁止すると発表した。
ガス 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
フィリピン