新着Pick
SPD1VVWXC8SJJ0BY
自動車用金属加工部品
JPN

自動車用金属加工部品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用金属加工部品
鉄、非鉄金属を原料として、ダイカスト、鋳造、鍛造、粉末冶金等の方法により、インテークマニホールド、エンジンバルブ等の各種自動車部品を製造する企業群。ピストン・ピストンリング、車体部品は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
自動車工場の生産停止、国内でも拡大 新型コロナで海外部品届かないところも
財経新聞
|
新型コロナウイルスの影響は自動車業界にも及び、各メーカーで生産停止が相次いでいる。
17Picks
テスラのEV電池自社生産が本気か 中国最大手「CATL」はライバル続出 
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
3月16日、世界最大手の電気自動車用の電池メーカー「寧徳時代(CATL)」の株価が9.87%の暴落を記録し、終値が119.06元(約1900円)となった。暴落の直接的原因は3月13日に同社の株主が発行
15Picks
「塩ビ管の色」を車に…?マツダの色はなぜ印象的なのか
ニュースイッチ
|
「剥き出しの塩ビ管と金属の光り方を合わせたような色」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。マツダは2019年に「MAZDA 3 Fastback」と「MAZDA CX-30」にて「ポリメタルグレーメタリック」という色を発売。2019年には優れた車の色を表彰する「オートカラーアウォード」にて最優秀賞を受賞した。 「赤」はなぜ人気か 日本での乗用車の2018年販売色内訳を見てみると、白、シルバ...
12Picks
マツダ・トヨタからエンジン部品受注、北海道の中小企業2社の正体
ニュースイッチ
|
北海道で自動車部品を生産する中小企業が完成車メーカーからの受注を開拓している。トルク精密工業(北海道赤平市、高橋新作社長、0125・32・5222)は、マツダからガソリンエンジンで使う部品を受注。佐藤鋳工(同妹背牛町、佐藤孝造社長、0164・32・2130)は、エンジンを車体に固定する部品をトヨタ自動車から受注した。道内には完成車の工場がなく物流で不利だが、技術力や実績が評価された格好だ。(...
14Picks
ホンダ、軽蔑するトヨタの“猿真似経営”で普通のメーカー化…聖域・技術研究所にメス
ビジネスジャーナル
|
ホンダが創業者の本田宗一郎氏のこだわりを捨て去る組織改革に乗り出す。ホンダは4月1日付けで、本田技術研究所が手がけている市販用四輪車の開発部門をホンダ本体に移管することを決めた。しがらみのない技術研究所で自動車開発に専念できることが、技術でライバルをリードするホンダの競争力の源泉...
18Picks
旋盤とは? 種類や各部名称、旋盤加工に関する資格についてまとめた
マイナビニュース
|
工作機械「旋盤(せんばん)」。金属や樹脂などの切削加工を行うこの機会の歴史や種類、旋盤技術者が持っておきたい資格についてまとめました。
11Picks
GMが電気自動車戦略のコアとなるモジュラー式アーキテクチャー「Ultium」を公開
TechCrunch Japan
|
GMは米国時間3月4日、新しい電気自動車用アーキテクチャーを公開した。これは、GMの将来のEV計画の基盤となるもので、コンパクトカーから業務用トラック、大型の高級SUV、高性能車、さらにこの夏に発売が予定されている新型Bolt EUV Clossover(ボルトEUVクロスオーバー)に至る、同社の車種に幅広く採用される。 Ultium(アルティウム)と呼ばれるこのモジュラー式アーキテクチャー...
42Picks
テスラ、2020年末までに100%「メイド・イン・チャイナ」を目指す、価格はさらに30%値下げ余地も
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
米電気自動車(EV)大手テスラが、中国車載バッテリー大手の「寧徳時代(CATL)」との提携に続き、中国現地でのサプライチェーンを更に強化する。自動車部品メーカーの「寧波均勝電子(ジョイソン・エレクトロ
11Picks
驚異のバランスで荷物を積み下ろす車輪付き物流用ロボット「Handle」で完全に無人で倉庫内作業が進むデモムービー
GIGAZINE
|
運搬用の自動運転車などの物流技術を開発するOTTO Motorsが、キモいと話題の四足歩行ロボット
21Picks
アップルやソニー等83社がウイグル人「強制労働」から部品供給との報告
Engadget 日本版
|
Bloomberg via Getty Images オーストラリアのシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所」は、中国政府が新疆ウイグル自治区からウイグル人を全国に移送し、グローバル企業に部品などを供給する工場で強制的に働かせているとの調査結果を発表しました。 同シンクタンクは、そうしたサプライチェーン工場との取引がある企業としてハイテク、衣料品、自動車の分野で少なくとも83社があると指...
52Picks
トヨタ紡織、IoT&AI導入で国内外100工場をスマート化
ニュースイッチ
|
トヨタ紡織は2030年までに、国内外の約100工場にIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を導入し「スマート工場化」する。各拠点をネットワークでつないで情報を一元管理し、設備の稼働状況の把握や予防保全を実施。収集したデータを活用して生産効率や品質を高める。自動車部品業界では自動運転や電動化など次世代技術の開発競争が激化しており、生産コストを圧縮して投資余力を確保する狙いもある。 猿...
12Picks
ボッシュが高機能センサー「LiDAR」事業に参入、低価格が競争軸に
ニュースイッチ
|
独ボッシュが高機能センサー「LiDAR(ライダー)」事業に参入する。2020年に欧州拠点で研究開発を進め、製品化に向けて生産体制を整える。他のセンサーと組み合わせることで冗長性を高めるほか、量産規模を生かし低価格で供給する計画だ。自動運転に必須となるライダーは開発競争が繰り広げられているが、自動車部品メーカー世界最大手のボッシュの参入で競争は一層激化しそうだ。(渡辺光太) 「センサーを相互に...
22Picks
2020年以降のプリント配線板動向を探る
LIMO
|
2020年のエレクトロニクス産業ならびに電子回路・関連資機材業界は一体どのような世界が待ち受けているのだろうか? 特に今年は、次世代通信規格(5G)の離陸で、久方ぶりにスマートフォンの販売台数がプラス成長に転じ、明るい話題が先行すると期待されている。自動車も各国の環境規制強化や安全運転志向の高まりで、半導体・電子部品需要は確実に伸長すると見込まれている。米中貿易摩擦や米・イラン対立といった、...
20Picks
電池が欲しい!トヨタの調達先拡大が止まらない
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と豊田自動織機は20日、ハイブリッド車(HV)用の新型電池を共同開発すると発表した。豊田織機が電池の製造を担い、全量をトヨタに供給する計画。搭載車種や電池の仕様・性能など詳細は今後詰める。HV市場の急速な拡大が予想されるなか、トヨタは電池の調達網を拡大する狙い。豊田織機は車載電池への参入で、自動車関連事業の底上げにつなげる。 豊田織機は今後3年程度で総額200億―300億円を投じ...
トヨタら、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
10Picks
テスラ、ダイカストに適した新アルミニウム合金を開発――電気自動車用部品に最適の特性
fabcross for エンジニア
|
米Tesla Motorsは、電気自動車(EV)用部品の製造に適した鋳造アルミニウム合金に関する特許を出願中だ。 大量生産される鋳造アルミニウム合金は、高い降伏強度を持つものと高い導電性を持つものの2種類に分けられる。例えば、自動車用車輪や航空機用エンジン部品などに使われるA356アルミニウム合金は、175MPaを超える高い降伏強度を有するが、電気伝導率は約40%IACS程度だ。逆に、100...
91Picks
TDK社長に聞く、5G向け電子部品と電池の投資バランスどうしますか?
ニュースイッチ
|
電子部品業界を取り巻く外部環境が目まぐるしく変化している。2020年は第5世代通信(5G)市場向けに期待が集まる上、中長期的には自動車、ウエアラブル、エネルギーなど各市場向けでも成長が期待できる。TDKの石黒成直社長に進化の方向性と自社の事業戦略を聞く。 ―外部環境が大きく変わっています。21年3月期までの3カ年の中期経営計画で目指す経営目標は達成できるのでしょうか。 「現時点で目標値は変え...
14Picks
テスラ ライドシェアアプリをリリースへ ロボタクシー実現の前に有人運転で市場参入
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
テスラがいよいよライドシェア市場に参入する。EV専門のニュースサイト「Electrek」は、テスラがライドシェア用アプリケーションのリリースを計画していると報じた。同社がすでに発表している自動運転車に
13Picks
フォード、自転車乗りのために電光絵文字ジャケットを作る
ギズモード・ジャパン
|
Image:FordEurope/YouTube絵文字が交通安全の手助けに。自動車メーカーのFord(フォード)が、背中を電光掲示板にして絵文字で後続車に意思を伝えられる自転車乗り用のジャケットを発表しました。日本の道交法だと、軽車両扱いの自転車は基本的に車道を走らなければいけません。ですが、バイクのようにウィンカーやテールランプがないので、同じ道を走る自動車にこちらの意思を伝えることができないん
13Picks
日産が九州工場で一時生産調整へ、新型肺炎で部品調達が停滞
Reuters
|
[横浜市 10日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は10日、子会社の日産自動車九州(福岡県苅田町)の完成車工場で一時、生産調整を行うことを明らかにした。生産調整を実施するのは14日と17日の2日間。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響で中国からの部品調達が滞っているため。
自動車用金属加工部品 概要
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア