新着Pick
SPD1VVWXC8SJJ0BY
自動車用金属加工部品
JPN

自動車用金属加工部品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用金属加工部品
鉄、非鉄金属を原料として、ダイカスト、鋳造、鍛造、粉末冶金等の方法により、インテークマニホールド、エンジンバルブ等の各種自動車部品を製造する企業群。ピストン・ピストンリング、車体部品は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
米フォード、初の電動SUVの名前はあの「マスタング」
Reuters
|
[14日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は14日、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。マスタングは1960年代にその画期的なデザイン、スポーティーな外観と手頃な価格で人気を博した米国を代表するスポーツカーブランド。
4Picks
NEDO:「風力発電用風車の維持管理技術および部品サプライチェーンに関する調査検討」に係る公募について(予告)
www.nedo.go.jp
|
「風力発電用風車の維持管理技術および部品サプライチェーンに関する調査検討」に係る公募について(予告)
6Picks
ロケット・ラボの新しいRosie the Robotは、ロケット製造を大幅にスピードアップさせる
TechCrunch Japan
|
宇宙開発スタートアップのRocket Lab(ロケット・ラボ)は、フレキシブルなロケット打ち上げ能力の構築を目的としており、創設者兼CEOのPeter Beck(ピーター・ベック)氏は、その目標にむけた最新の進歩を披露している。部屋サイズの製造ロボットこと、Rosieだ。 Rosieは、Rocket LabのElectronロケットの炭素複合材部品の加工を任されている。これはロケットの飛行準...
2Picks
京都府の特定最低賃金12~26円上げ 審議会が答申
京都新聞
|
京都地方最低賃金審議会は15日までに、京都府の特定(産業別)最低賃金について、金属製品製造業など5業種で12~26円引き上げるよう京都労働局の南保昌孝局長に答申した。4業種は12月22日、自動車(新車)小売業は来年1月9日に発効する予定。
8Picks
EV1200台導入=配達で利用―日本郵便
時事通信社
|
 日本郵便は13日、2020年度末までに、郵便物や宅配便の配達用に電気自動車(EV)を1200台導入すると発表した。環境対策の強化が狙い。東京など全国の都市部を中心にガソリン車から切り替えを進める。
15Picks
Ghostの目標は今ある自家用車に自動運転機能を後付けして2020年に公道を走ること
TechCrunch Japan
|
新しい自動運転車の会社が路上に出現した。だが、実は2017年から誰にも知られずに存在はしていた。急成長するこの業界のマジョリティーとは異なり、この新参企業はロボットタクシーサービスを提供するわけでも、部品メーカーや自動車メーカーに自動運転システムを販売するわけでもない。自動配送サービスを目指しているわけでもない。 Founders Fund(ファウンダーズ・ファンド)のKeith Raboi...
17Picks
全固体電池を高容量化!負極電極体を吹き付けて積層する手法とは
ニュースイッチ
|
物質・材料研究機構の研究グループは、市販のシリコン製ナノ粒子(ナノは10億分の1)を利用した簡便な方法で、全ての部材が固体で安全性が高い「全固体電池」の負極電極体を開発した。同粒子の分散液をステンレス板に吹き付けるだけで、ムラなく一様に積層でき、表面がなめらかな電極体を作製。シリコン蒸着膜に近い電極特性を確認した。電気自動車(EV)用の全固体電池の高容量化が期待される。 全固体電池の負極材に...
19Picks
棚卸し時間が8分の1に、電子タグが活躍 豊田通商
朝日新聞デジタル
|
豊田通商は、RFIDタグ(電子タグ)を使って自動車部品の物流を効率化するシステムを開発した。電子タグの読み取り装置を取り付けた無人搬送車を倉庫内で走らせ、棚の部品にタグを装着。電波の反応を使って在庫…
24Picks
トヨタが引き金、再編に飲み込まれる自動車部品メーカー
ニュースイッチ
|
自動車産業の変革は部品メーカーの再編を促している。日立製作所とホンダが、傘下の自動車部品メーカーの合併を決めた。従来技術の底上げ、ソフトウエアを組み込んだシステム部品の展開、事業規模拡大による効率化
13Picks
事故を起こしたEVの感電リスクを、電源カットで制する:新手の安全装置をメーカーが次々に投入
WIRED.jp
|
電気自動車(EV)には高電圧のバッテリーが搭載されているため、事故の際には感電のリスクが伴う。この危険性を抑えるために、自動車部品メーカーが新手の安全装置を次々に投入している。その手法はさまざまだが、共通項はひとつ。電源をカットすることだ。
16Picks
日立がホンダ系部品3社を傘下に収めるわけ
東洋経済オンライン
|
日立製作所が自動車分野で大勝負に出た。日立とホンダは10月30日、日立傘下の日立オートモーティブシステムズとホンダ系有力部品メーカーであるケーヒンとショーワ、日信工業を統合すると発表した。ホンダ系の3社…
10Picks
ボッシュの新概念「PACE」、自動運転のほか「パーソナライズ」も
自動運転ラボ
|
自動車部品供給メーカー大手の独ボッシュは、2019年10月24日から開催されている東京モーターショーで「PACE」という新概念を発表した。 自動車業界では現在「CASE」というキーワードが主に使われているが、この「CAS […]
73Picks
日本電産、下方修正しても車載モーターに巨費を投じる永守会長の勝算
Diamond Online
|
日本電産が自動車の駆動用モーターに経営資源を集中している。2020年3月期の業績予想を下方修正してまでも駆動用モーターに追加投資し、累計で1兆円の投資も辞さない構えだ。日系企業としては珍しい大胆な成長戦略とも言えるが、市場の伸びが未知数の電気自動車(EV)への依存には危うさもはらんでいる。
自動車用金属加工部品 概要
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア