新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
69Picks
シェルCEO、エネルギー移行戦略の加速を表明 裁判所判決受け
Reuters
|
[ロンドン 9日 ロイター] - 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのバンブルーデン最高経営責任者(CEO)は9日、先月のオランダ裁判所による判決を受け、エネルギー移行戦略を加速し、温室効果ガスの排出量を一段と削減する方法を模索すると表明した。石油・ガス事業の大幅な縮小につながる可能性が高いとみられる。
110Picks
東芝が開発、電力損失を最大40.5%低減できるパワー半導体
ニュースイッチ
|
東芝は、電力のオンとオフが切り替わる際の電力損失を最大で従来比40・5%低減できるパワー半導体を開発した。再生可能エネルギーシステムや電気自動車(EV)、鉄道、産業機器などに搭載される電力変換器を高効率化できる。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)社会の実現に貢献する。 東芝が開発したのは、パワー半導体の一種である「IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)」。ゲート電極を三...
15Picks
供給網全体の温室効果ガス排出削減を支援、三井物産が自動車向けプラットフォーム開発
ニュースイッチ
|
三井物産はサプライチェーン(供給網)全体の温室効果ガス排出量を可視化し、削減を支援するプラットフォームの開発を始めた。サステナブル経営推進機構(SuMPO、東京都千代田区)と共同開発する。自動車や日用品などのメーカー向けを想定する。9月以降に実証実験を開始し、2022年以降の発売を目指す。 企業の製品・サービスが環境に与える影響を評価する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」の可視化や環境...
260Picks
IEA「石油投資ゼロ」が衝撃なワケ
Yahoo!ニュース 個人
|
IEA発表の「ネットゼロ」レポートでは、今後石油開発投資は必要ないという。気候変動問題が重視される昨今では「常識」にも聞こえるが、IEAの背景を知れば、実は日本にとって「衝撃的」なことだと分かる。
13Picks
米国石油精製業における政策・技術開発動向及び石油・エネルギー業界の動向:JPECレポート【石油エネルギー技術センター】
www3.keizaireport.com
|
米国石油精製業における政策・技術開発動向及び石油・エネルギー業界の動向:JPECレポート-レポートの発表元:石油エネルギー技術センター
264Picks
ガソリン新車販売35年に停止、油田開発中止も-脱炭素でIEA工程表
Bloomberg.com
|
国際エネルギー機関(IEA)は18日、 2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標達成に向けた新たなロードマップを公表し、油田や天然ガス田、炭田の新規開発を現時点でストップしなければ、地球温度の危険な上昇に直面せざるを得ないとの見通しを示した。
10Picks
M&Aを積極化するリンナイ。米国のガス給湯器市場に勝機
ニュースイッチ
|
リンナイは米国市場で給湯器の販売を拡大するため、M&A(合併・買収)を積極化する。同社が主力とするガスを使う瞬間式給湯器は米国市場全体の1割程度だが、米国で主流の貯湯式に比べて省エネルギー効果が高く、需要が拡大傾向にある。貯湯式からの買い替えが進むにつれ、将来的に瞬間式の市場規模は現在の約4倍の年間290万台規模になることが見込まれている。製品開発と販売網構築の両面から事業体制を拡充し攻勢を...
346Picks
大気中のCO2直接回収技術を2兆円基金で支援へ 政府
産経ニュース
|
脱炭素社会に向けた機運が高まる中、政府が大気から直接、二酸化炭素(CO2)を分離・回収する「DAC」について、関連技術の開発支援を進めることが8日、分かった。脱炭素技術開発などを支援する2兆円の基金を活用。温室効果ガス排出量を2013(平成25)年度比で46%削減する目標期限の30(令和12)年度までに、CO2濃度が10~数%程度の大気からCO2を分離・回収する技術の実用化を目指す。
69Picks
化石燃料事業への融資停止を検討 アジア開発銀行、脱炭素化加速
共同通信
|
化石燃料事業への融資停止を検討 【マニラ共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が、石炭や石油、天然ガス関連事業に対する融資の停止...
18Picks
地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」
TechCrunch Japan
|
地表の下に蓄えられた地熱を再利用可能エネルギーの生成に使う方法は、環境問題専門家や石油、ガス技術者らの注目を引きつけている未来に向けた新たなビジョンだ。それは、この技術が温室効果ガスを発生る炭化水素に依存しない発電方法であるからだけでなく、石油とガス産業が長年にわたって磨き続けてきたのと同じ技能と専門技術を使うからだ。
123Picks
欧州ではすでに本格化、洋上風力発電事業に米石油大手が初の投資
Forbes JAPAN
|
v米エネルギー企業シェブロンが、米石油大手として初めて、洋上風力発電事業に投資することがわかった。同社は、ノルウェーの複合企業モールド(Moreld)と契約を結び、洋上風力発電タービンを開発するオーセルギー(Ocergy)を支援する。一方、・・・
20Picks
カタール国営石油が最大100億ドル起債計画、ガス事業拡張で-関係者
Bloomberg.com
|
カタール国営石油会社カタール・ペトロリアム(QP)は4-6月期中にも最大100億ドル(約1兆800億円)規模の債券を発行する計画だ。大規模な天然ガスプロジェクト向けの資金調達が目的。事情に詳しい関係者が明らかにした。
13Picks
2050年のCO2ネットゼロに向け「グリーンプレミアム」を指標にすべきだ──気候災害の回避をビル・ゲイツに訊く
WIRED.jp
|
地球温暖化をめぐる国際的な会議の場では「なぜ、研究開発の話が出ないのか」。温室効果ガスの削減に世界が着実に取り組むためにはビル・ゲイツいわく、クリーンな代替技術の導入に関係する「グリーンプレミアム」なる指標が重要だ。新著『気候災害を回避する方法』[未邦訳]を引っ提げ、2050年「CO2ネットゼロ」のためのロードマップを打ち出した彼に、高所得国のライフスタイルの維持と貧困支援を両立させるイノヴ...
36Picks
伊ENI、石油事業の分離を検討 再生可能エネルギー移行を図る
Reuters
|
[ミラノ/ロンドン 20日 ロイター] - イタリアのEni は、西アフリカおよび中東の石油・ガス事業の分離を検討し、新たな合弁会社を設立することを検討している。負債削減と低炭素社会への対応に向けた資金調達を図る。
53Picks
サウジアラムコが中国との協力拡大へ、「ブルー水素」などで-CEO
Bloomberg
|
サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、天然ガス由来の水素とアンモニアなどの分野の研究で中国との協力関係を「拡大・強化」する計画だ。同社のアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)が明らかにした。
14Picks
パナソニックが植物繊維濃度70%のペレットを開発、石油の過剰消費を抑制
ニュースイッチ
|
パナソニックは木材のセルロースファイバー(植物繊維)を含んだ成形材料を開発した。植物繊維の濃度が70%もありながら、石油由来プラスチック(樹脂)100%の材料と同じように商品に成形ができる。 開発の出発点となったのが、環境省が2015年に公募したセルロースナノファイバーの製造工程を省エネルギー化する研究事業だ。通常、木材のパルプを水中でほぐして細かい植物繊維にするが、乾燥に多くのエネルギーを...
29Picks
水素・CO2から燃料生成!石炭・ガス業界が本気で挑む「脱炭素」
ニュースイッチ
|
水素・CO2から燃料生成 脱炭素の波は、燃やせば二酸化炭素(CO2)を排出するガスや石油を主力事業とする関係業界に抜本的な改革を迫っている。東京ガスは水素とCO2から都市ガス主成分のメタンを生成するメタネーションに取り組む。石油元売りでは、ENEOSが再生可能エネルギーを用いてカーボンフリーの合成燃料の開発に乗り出した。いずれも商用化のハードルは決して低くないが、突破に挑む。 メタネーション...
27Picks
脱化石の本命:脱炭素の勝ち組は「石油・ガス会社」である。国際石油開発帝石が水素・地熱・洋上風力に持つ強み | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
石油・ガスの開発・生産を得意とする国際石油開発帝石(4月に社名を「インペックス」に変更予定)が、世界的な脱炭素の流れを受けて、ビジネスを大きく転換する。  具体策の中には、再生可能エネルギーや水素事業の強化が含まれる。一見、同社の既存ビジネスとは正反対に見えるが、実は親和性の高い領域だ。
15Picks
AI最適化で「1カ月分の計画を10分で立案」出光のタンカー配船計画の裏側に見える、AI業界の未来
Business Insider Japan
|
AIがさまざまなビジネスで活用されはじめている現代。 とはいえ、AIベンチャーが開発するサービスは、無数のデータを学習させることで高い精度で画像を見分けたり、正確に音声を認識したりするいわゆる「パターン認識」の技術を使ったものが多いのが現状だ。 石油製品の販売で知られる出光興産は、AIベンチャー企業...
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン