新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
50年カーボンニュートラル - 宮崎正
BLOGOS - 最新記事
|
原子力を電力安定確保の担保に見通せない再エネ開発の将来CO2の排出削減は“待ったなし”温暖化が進む中、「脱炭素」に向けた国際社会の動きが急だ。わが国も2050年の温室効果ガス排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)に向けた実行計画「グリーン成長戦略」を打ち出している。菅義偉首相が「経済と環境の好循環を生み出す成長戦略」と位置付けるように、今後、政官財を挙げた取り組みが進められよう。50年の電源...
10Picks
石油の巨人シェブロンが地熱プロジェクトのスタートアップを支援
TechCrunch Japan
|
石油会社は新しい事業分野を探し出すプレッシャーにさらされている。世界が再生可能エネルギーへ大規模にシフトしつつあるためだ。地球の気温を上昇させる温室効果ガスの排出が引き起こす気候関連の災害増加を前にして、再生可能エネルギーはあらゆる産業に電力を供給している。
12Picks
AI最適化で「1カ月分の計画を10分で立案」出光のタンカー配船計画の裏側に見える、AI業界の未来
Business Insider Japan
|
AIがさまざまなビジネスで活用されはじめている現代。 とはいえ、AIベンチャーが開発するサービスは、無数のデータを学習させることで高い精度で画像を見分けたり、正確に音声を認識したりするいわゆる「パターン認識」の技術を使ったものが多いのが現状だ。 石油製品の販売で知られる出光興産は、AIベンチャー企業...
12Picks
日産、次世代「e-POWER」向け発電専用エンジンで世界最高レベルの熱効率50%を実現
Car Watch
|
日産自動車は2月26日、次世代の「e-POWER」向け発電専用エンジンで、世界最高レベルの熱効率50%を実現する技術を発表した。今回、日産が熱効率50%を実現するために開発した新燃焼コンセプト「STARC」(Strong Tumble and Appropriately stretched Robust ignition Channel)は、筒内ガス流動(シリンダー内に吸入した混合気の流れ)...
11Picks
渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる 中国
www.afpbb.com
|
【2月24日 Xinhua News】中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。
14Picks
関電・森本社長インタビュー 小型原子炉を検討 脱炭素化 原発・再エネが主力電源
産経ニュース
|
関西電力の森本孝社長が25日、産経新聞のインタビューに応じ、温室効果ガス排出量を実質ゼロにする、政府目標の「2050(令和32)年カーボンニュートラル」実現に向け、原子力発電を主力電源に位置づけて、小型モジュール炉(SMR)開発や原発のリプレース(建て替え)などを検討していく方針を明らかにした。同時に再生可能エネルギーも主力電源化し、開発に注力するとした。
10Picks
ノルドストリーム2、ベーカー・ヒューズなど18社が撤退=米文書
Reuters
|
[ワシントン 24日 ロイター] - ロシア産天然ガスをドイツへ直送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」の建設作業を巡り、米石油サービス大手ベーカー・ヒューズ、保険大手アクサグループなど18社が関与をやめ、米政府の制裁対象から外れることになった。バイデン政権が先週、議会に送付した文書をロイターが入手して分かった。
10Picks
世界で加速するEV化の流れをつかむ出光興産 タジマモーターと超小型モデル開発で新会社
J-CAST 会社ウォッチ
|
石油元売り大手の出光興産(東京都千代田区)と電気自動車(EV)開発などの株式会社タジマモーターコーポレーション(東京都中野区)が共同で新会社を設立する。2021年2月16日に発表した。畑違いの両社がコラボする狙いはなにか――。それは、超小型EVなど次世代モビリティや、関係サービスを開発すること。出光興産はかねてよりEVを使ったカーシェア事業や、電池に関連した事業に携わり電動化社会に向けた多角化に取
13Picks
コスモ、アブダビの海上探鉱鉱区の権利取得-最大約150億円投資へ
Bloomberg
|
アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国はコスモエネルギーホールディングスに海上の探鉱鉱区「オフショア・ブロック4」で石油・天然ガスの探鉱作業を行う権利を付与した。アブダビは生産能力拡大を目指している。
13Picks
新技術で天然ガスから水素を生産するC-Zeroがビル・ゲイツ氏の気候テック基金から資金を調達
TechCrunch Japan
|
C-Zeroが開発したのは、天然ガスを水素に変換する技術だ。天然ガスは大変にクリーンな燃料源であり、発電に利用した際に排出されるのは固体炭素のみ。熱触媒で処理することで、水素やアンモニアといった有用な化学物質が抽出できる。
15Picks
再エネ大手の時価総額が石油メジャー超え。投資規模1200兆円の市場制する「新エネルギー・メジャー」候補8社
Business Insider Japan
|
「緑の革命」によって、新世代のエネルギー・メジャーが登場した。新たなエネルギー・メジャーは、規模においても名声においても、伝統的な大手石油・ガス企業にとって代わり、エネルギー業界を席捲する勢いだ。 既に投資家は、緑の革命への投資を本格化している。2020年時点において、グリーンエネルギーの最大手企業...
19Picks
石油・天然ガス各社、CO2回収技術や水素・再生エネルギーへ大きく舵を切る
ニュースイッチ
|
石油や天然ガスを取り扱う企業が、2050年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする目標を明確に打ち出している。政府による50年カーボンニュートラル宣言を受けた動きだが、達成の道筋をより詳細に検討した跡がみてとれる。化石燃料の脱炭素化は、既存の事業構造を抜本的に変えなければ達成がおぼつかない。この難題に対し、CO2回収技術の活用や水素、再生可能エネルギー事業の拡大へと大きく舵(かじ)を切る。...
10Picks
政府の資源調達の柱、水素やレアメタルに…「石油・天然ガス」から転換 : 経済 : ニュース
読売新聞
|
政府は、資源調達に関する国際的な戦略の重点分野を石油や天然ガスなど化石燃料から、水素や希少金属(レアメタル)などの確保に転換する方針を固めた。年内改定の政府のエネルギー基本計画に盛り込む。2050年の温室効果ガスの排出
171Picks
大手商社 脱炭素へ 事業見直しや発電所売却など検討の動き拡大
NHKニュース
|
【NHK】温室効果ガスの削減など脱炭素への取り組みが世界的に加速する中、大手商社の間では、石炭や原油の開発事業の見直しや石炭火力発…
17Picks
スパイバーが250億円調達で新手法。スタートアップに新たな資金調達の道拓いた「事業価値証券化」とは?
Business Insider Japan
|
世界的なエコ意識の高まりを追い風に、脱石油素材の大本命と言われる人工タンパク質素材「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」を開発するバイオベンチャー、Spiber株式会社(以下、スパイバー)。同社の技術は国内外でも非常に高く評価されており、日本が誇るユニコーン企業として、いま急成長...
15Picks
訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可を停止
Reuters
|
[21日 ロイター] - ロイターが21日に閲覧した米内務省の命令文書(20日付)によると、バイデン政権は、国有地・水域(訂正)における石油・ガス鉱区のリース権と掘削許可について、法的および政策面での影響を検討するため、暫定的に停止した。
40Picks
スペースXが宇宙船Starship用の洋上基地建設のために採掘リグを2基購入
TechCrunch Japan
|
SpaceX(スペースX)の次期宇宙船はテキサス州で開発中だ。同社CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は以前、開発監督の募集広告が掲載された後にスペースXがStarshipの運用のためにフローティングスペースポートを建設する計画だと明かしていた。そして今回、同社はこの目的のために2基の石油採掘リグを購入した。この情報はspaceflight.comのMichael Baylor(...
48Picks
25年までに全タクシーをEVに、MKグループが目標 航続距離「性能向上に期待」
京都新聞
|
タクシーのMKグループは19日、2025年までに保有車両の全てを電気自動車(EV)に切り替える目標を明らかにした。今後、車両をEVに順次交換し、現行車両の一部を占める液化石油ガス(LPG)車タイプのタクシーを今年8月には運行停止する。
50Picks
仏トタル、インドの再生エネルギー事業に25億ドル投資
Reuters
|
[パリ 18日 ロイター] - フランス石油大手トタルは、インドの再生可能エネルギー開発企業アダニ・グリーン・エナジー(AGEL)の株式と同社保有の太陽光発電事業の取得で、25億ドルを支払う。
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン