新着Pick
SPD1RHDC33HZ4JZJ
不動産投資
JPN

不動産投資 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
資産運用
>
不動産投資
不動産(オフィスビル、マンション、商業ビル等)に対して、自社または自社の運営するファンドを通じて投資を行い、運用益から収益を得る企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
木造の耐用年数はいったいどのくらい?不動産投資をするなら知っておこう!
Town Map|タウンマップ
|
建物の耐用年数は木造か鉄骨かによっても大きく変わるため、予め投資用に購入する物件の耐用年数がどのくらいか把握しておくことは重要なポイントになります。耐用年数とは何を表しているのか、耐用年数を超えてしまった物件はどうなのか、木造物件を選ぶ時に確認しておきたいポイントについてご紹介します。
2Picks
年収400万円未満の若者が「儲かる物件下さい」 不動産投資バブル「崩壊前夜」なのに活況  〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
|
多くの投資家が自己破産して社会問題になった「かぼちゃの馬車」事件から3年。不動産投資には今も若者たちが群がる。一体なぜ。リスクはないのか。AERA 2021年3月1日号から。*  *  *「いよいよ...
1Pick
不動産クラウドファンディングによる資金調達のメリットは
ソーシャルレンディング・ラボ【公式サイト】
|
寄稿者紹介 個人投資家Y.K氏。2018年初旬からクラウドファンディング投資(主に融資型)を始め、約3年が経過。合計20社以上のクラウドファンディング投資事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。30代男性会社員・首都圏在住。不動産クラウドファンディングによる資金調達が活性化している理由今般、不動産事業者が不動産クラウドファンディング(不動産特定共同事業)に新規参入するケースが増...
129Picks
ハーバード大学院で学んだ 世界のどこでも通用する 不動産投資のノウハウとは
Diamond Online
|
どんな時代でも生き残れる不動産投資家になるための極意とは何か? 1.自己流で編み出してきた投資手法、2.メガ大家の先輩方からの教え、3.不動産投資成功の普遍的な方程式であるハーバード大学院からの学び。この3つの学びを融合・整理し体系化したのが「ハーバード式不動産投資術」だ。
13Picks
ジャンク債に格下げの「ユニゾ」、負債3000億円で高まるデフォルトリスク - 倒産のニューノーマル
Diamond Online
|
中堅不動産会社のユニゾホールディングス(ユニゾHD)の債務不履行(デフォルト)リスクが注目されつつある。昨年6月に米投資ファンドのローン・スターと組んで上場企業初となる従業員による買収で非公開化したが、早くも危機に立たされている。ユニゾHDには複数の地銀が多額の融資を行っており、行方次第では地銀経営にも大きな打撃となる。
12Picks
賃貸の敷金に代わる保険商品を販売するRhinoが98.5億円を調達
TechCrunch Japan
|
米国時間1月26日、Rhino(ライノ)は9500万ドル(約98億5000万円)の資金を調達したことを発表した。これで同スタートアップの総調達金額は5億ドル(約518億5000万)弱となった。ラウンドをリードしたのはTiger Globalで、Rhinoはこの投資を「プレIPO」であると本誌に語った。 Rhinoは不動産屋向けに保険商品を提供しており、これを利用することで業者は伝統的な敷金を...
11Picks
10兆円大学ファンド、運用委託先選定を10月に開始-国内外に分散投資
Bloomberg.com
|
政府が創設する10兆円規模の大学ファンドは、10月にも複数の運用委託機関の選定作業に入る。国内外の債券や株式、不動産、未公開株などに幅広く分散投資する。
15Picks
ソフトバンク出資の不動産テック企業「コンパス」がIPO申請
Forbes JAPAN
|
米国の不動産テクノロジー企業の「コンパス(Compass)」が1月11日、米証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出したとアナウンスした。声明によると、株式数と価格帯はまだ決定されていないという。また、上場のスケジュールについても「SE・・・
495Picks
【不動産】海外投資家の「日本買い」は継続するのか
NewsPicks編集部
|
コロナ禍の最中に、日本の不動産が買われている。JLLがまとめた2020年1~9月の世界の商業用不動産投資額は、4790億ドル(約50兆円)で前年同期比33%マイナスの大幅減となった。コロナ禍によ...
77Picks
2020年のスタートアップたち:カジュアルになった投資、不動産の新しい買い方
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
|
(前回からのつづき)2020年のスタートアップを振り返るシリーズの最終回。最後のテーマは投資と不動産です。 余暇と投資 COVID-19以降、全体的に消費行動は冷え込みましたが、一方でリモートワークや自宅での余暇が増えたことによる投資への需要に注目が集まりました。特にトラクションを伸ばした代表例としては投資アプリ「Robinhood」が挙げられます。その上で、例えば「Public.com」などZ世
29Picks
前首相補佐官の長谷川氏、米投資ファンドのシニア・アドバイザー就任へ
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 米投資ファンド大手のブラックストーン・グループは29日、安倍晋三内閣で首相補佐官を務めていた長谷川栄一氏がブラックストーン・グループ・ジャパン(東京都千代田区)のシニア・アドバイザーに就任すると発表した。ブラックストーンでは日本の経済動向、プライベートエクイティ、不動産投資、資金調達などの助言をしていくという。
22Picks
トーマ・ブラボ、102億ドルで不動産ソフトのリアルページ買収へ
Bloomberg
|
米プライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資大手のトーマ・ブラボは、米不動産ソフトウエア企業リアルページを債務含めて約102億ドル(約1兆560億円)で買収することで合意した。
14Picks
不動産投資クラウドファンディング「大家.com」がSTOスキーム導入、運用期間中でも出資持分を譲渡可能
TechCrunch Japan
|
暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、過去1週間分について重要かつこれはという話題をピックアップしていく。今回は2020年12月6日~12月12日の情報から。 不動産や商業施設建築事業のグローベルス(旧社名:キーノート)は12月11日、同社運営の不動産投資型クラウドファンディング「大家.com」の第1号案件「Foresight南麻布」において、STO(Se...
910Picks
東京の不動産投資額が世界首位 コロナで海外資金流入
産経ニュース
|
東京の商業用不動産投資額が2020年1~9月期で193億ドル(約2兆円)と、世界首位になったことが不動産サービス大手、ジョーンズラングラサール(JLL)の調査で分かった。前年同期の4位から躍進した。新型コロナウイルス禍で経済的に大きな打撃を受ける欧米の各都市より影響の少ない東京の不動産市場が、海外の機関投資家などから選好されている。特に、安定的に稼働している物流施設や賃貸マンションに海外の投...
11Picks
IoTとAIでビルのファシリティマネジメントを環境対応にするInfogridが16.2億円調達
TechCrunch Japan
|
既存のビルをIoTで「スマート」なビルにするInfogridが、1550万ドル(約16億2000万円)を調達した。このシリーズAの投資ラウンドはNorthzoneがリードし、JLL SparkとConcrete VC、The Venture Collective、Jigsaw VC、匿名の不動産投資グループ、そして同じく匿名の大規模な国際的資産保有者、不動産投資専門のStarwood Cap...
15Picks
デンソーのMaaS投資が加速!不動産×カーシェアの米Envoy Technologiesにも
自動運転ラボ
|
自動車部品大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2020年11月22日までに、不動産事業者と連携したモビリティサービスを提供するスタートアップの米Envoy Technologiesに出資したこと […]
166Picks
ソフトバンクG、中国貝殻の投資価値4.7倍-孫社長の「眼力」復活か
Bloomberg.com
|
ソフトバンクグループの孫正義社長は、スタートアップ投資家としての眼力と名声を取り戻しつつあるようだ。出資する中国のオンライン不動産取引プラットフォーム企業、貝殻找房(ベイク、KEホールディングス)は新規株式公開(IPO)で投資価値が4.7倍に膨らむなど、いくつかの成功例が出始めた。業績回復への足掛かりになりそうだ。
13Picks
デンソー、北米のスタートアップ企業へ出資。「不動産×MaaS」見すえる
LIGARE
|
株式会社デンソーは13日、不動産事業者と連携したモビリティサービスを提供する米国のスタートアップ企業「Envoy Technologies(エンヴォイ テクノロジーズ 以下、Envoy)」への出...
19Picks
住宅ローン×テックのiYellが総額18.5億円を調達、アプリ提携先拡大と住宅ローン業務DX推進
TechCrunch Japan
|
iYellは11月4日、第三者割当増資および融資(予定を含む)などにより総額18.5億円の資金調達を実施したと発表した。借入先・引受先は、十六銀行、肥後銀行、宮崎銀行の全国の地方銀行(ファンドからの出資含む)や、日鉄興和不動産、三菱地所など大手不動産会社。累計調達額は約41億円になった。 住宅ローンマーケットのゲームチェンジに適応・推進するため、新たに調達した資金をもとに、非対面で住宅ローン...
413Picks
【入門】J-REITは安いうちに買っておいた方がいいのか
NewsPicks編集部
|
J-REIT(日本版不動産投資信託)の投資口価格(株式の株価に相当)が安い。J-REIT全体の値動きを示す東証REIT指数は、最近は株式の動きにほぼ連動していた。だが、3月の暴落以降は、株式に比...
不動産投資 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン