新着Pick
SPD1L4Y81HW1HOUJ
自動車販売
JPN

自動車販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動車販売
自動車メーカーと直接・間接的に特約店を契約を結び自動車を販売する小売企業群。但し、中古車の販売を主とする中古車ディーラーは除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
「塩ビ管の色」を車に…?マツダの色はなぜ印象的なのか
ニュースイッチ
|
「剥き出しの塩ビ管と金属の光り方を合わせたような色」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。マツダは2019年に「MAZDA 3 Fastback」と「MAZDA CX-30」にて「ポリメタルグレーメタリック」という色を発売。2019年には優れた車の色を表彰する「オートカラーアウォード」にて最優秀賞を受賞した。 「赤」はなぜ人気か 日本での乗用車の2018年販売色内訳を見てみると、白、シルバ...
203Picks
OBも驚きの「副社長」廃止、トヨタ社長が後継者見極めに本腰
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車が次世代の経営層の育成を加速する。4月1日付けで副社長職を廃止し、豊田章男社長の下に置くすべての執行役員を同列にする。豊田社長との接点を増やし意思決定を迅速にするほか、後継候補にトップとしてのスキルや心構えを習得してもらう狙い。副社長職の廃止は、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併した1982年以来初めて。電動化や自動運転など事業環境が激変する中、聖域なき改革のギアを上げる。...
46Picks
テスラ株が急落、新型コロナ起因の中国リスクに原油安が重なる
Bloomberg.com
|
9日の米株式市場で電気自動車メーカー、テスラの株価が急落。価格戦争が起きるとの懸念を受けた原油相場の急落や、新型コロナウイルスの感染拡大で中国の乗用車販売が大きく打撃を受けていることが背景。
26Picks
トヨタの新型ヤリス、発売から1カ月で3.7万台を受注 - 目標の5倍
マイナビニュース
|
トヨタの新型車「ヤリス」が好調な立ち上がりを見せている。2020年2月10日の発売から約1カ月が経過した3月9日現在、受注台数は月間販売目標(7,800台)の約5倍となる約3万7,000台を達成。内訳としては、ハイブリッド車の販売が約45%を占めているという。
18Picks
トヨタは「2030年危機」をどう乗り越えるつもりなのか?
ビジネス+IT
|
自動車の生産台数は2030年に向けて鈍化すると予測されている。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)による効率化や先進国の高齢化と人口減少による販売台数の減少が主な要因だ。そうした中だからこそ、日本産業界の雄であるトヨタ自動車(以下、トヨタ)の動向、グローバル戦略を分析することで、自動車メーカーが取るべき次のアクションが見えてくるはずだ。
14Picks
独VW、19年は22%営業増益 高利益率車の販売堅調
Reuters
|
[フランクフルト 28日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は28日、2019年の通期営業利益が22%増の169億ユーロ(185億ドル)になったと発表した。利益率が高い自動車の販売が堅調だったほか、ディーゼル車の排ガス不正に伴う罰金などの費用が低下した。
288Picks
テスラの販売シェアトップ、世界で一番電気自動車が売れる国で起こる「交通の電動化」取り組み
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
テスラの人気No.1の国、新車の半数近くは電気自動車 「モデル3」の登場で価格が手頃になったと話題のテスラの電気自動車。このテスラの電気自動車が最も売れている国を知っているだろうか。 2019年3…
12Picks
中国、自動運転車を「25年までに量産」 政策打ち出す
朝日新聞デジタル
|
中国政府は24日、自動運転車を2025年までに量産する目標を掲げた産業政策「スマート自動車創新発展戦略」を公表した。中国の自動車販売は、景気低迷や中古車販売の増加のほか、新型肺炎の拡大も加わり、厳冬…
22Picks
2020年以降のプリント配線板動向を探る
LIMO
|
2020年のエレクトロニクス産業ならびに電子回路・関連資機材業界は一体どのような世界が待ち受けているのだろうか? 特に今年は、次世代通信規格(5G)の離陸で、久方ぶりにスマートフォンの販売台数がプラス成長に転じ、明るい話題が先行すると期待されている。自動車も各国の環境規制強化や安全運転志向の高まりで、半導体・電子部品需要は確実に伸長すると見込まれている。米中貿易摩擦や米・イラン対立といった、...
16Picks
「武漢のリアル」配信した中国人2人が行方不明
東洋経済オンライン
|
ベージュのワゴン車が、ある武漢の病院の前に停まっている。サイドと後ろのドアが少し開いている。地元で衣料品を販売する方斌氏は、そのワゴン車の横を通り過ぎるとき、中を覗いてみた。「たくさんの遺体があった…
169Picks
「ジープ」の販売台数が10年で13倍も増えた理由
東洋経済オンライン
|
日本市場では、数多くの輸入車ブランドが発売されている。その中で、最も大きな存在感を放つのがドイツ車だ。2019年の国内輸入車販売台数の合計は、約34万8000台(JAIA発表)。そのうちのトップは「メルセデス・ベ…
10Picks
中国の電気自動車業界が深刻な状況、影響はテスラにも
Forbes JAPAN
|
中国の自動車メーカーから、2020年1月の販売実績が漏れ聞こえてきている。見えてきたのは、中国国内の自動車業界にとってきわめて厳しい月になったことだ。年末決算の数字をレベルアップさせようとするメーカーが売上を12月に繰り込むこと、さらに、旧・・・
18Picks
GMが豪、タイ、NZから撤退へ 業績不振、米中に経営資源を集中
共同通信
|
GMが豪、タイ、NZから撤退へ 【ニューヨーク共同】業績不振の米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、販売が低迷しているオ...
43Picks
仏ルノー10年ぶり赤字 約168億円、日産の不振響く
共同通信
|
【ブローニュビヤンクール(パリ近郊)共同】フランス自動車大手ルノーが14日発表した2019年12月期決算は、純損益が1億4100万ユーロ(約168億円)の赤字となった。赤字転落はリーマン・ショック後の09年12月期以来10年ぶり。出資する日産自動車の販売が日米など主力市場で不振に陥り、ルノーへの利益貢献が落ち込んだ。
70Picks
販売員がいない米テスラの車をネットでポチッと買ってみた…数年間一切連絡なく、ある日突然連絡が…
ビジネスジャーナル
|
米テスラの販売手法は、これまでのスタイルを大きく覆す。例外なき慣習としてきた輸入代理店網を省略し、販売員を置かず、営業もしない。手厚い歓待で客をエスコートすることはない。そもそも広告もなく、ましてダイレクトメール(DM)でのアプローチさえもしないのだ。さらに驚くことに、試乗車もな...
21Picks
暴走が止まらないヨーロッパ
ITmedia ビジネスオンライン
|
英政府は、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売を、ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)も含め、2035年に禁止すると発表した。欧州の主要国はすでに2040年前後を目処に、内燃機関の新車販売を禁止する方向を打ち出している。地球環境を本当に心配し、より素早くCO2削減を進めようとするならば、理想主義に引きずられて「いかなる場合もゼロエミッション」ではなく、HVなども含めて普及さ...
14Picks
見えてきたトヨタの世界販売1000万台超え、「競争力と魅力」併せ持つ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車のグローバル販売が成長軌道を描いている。世界の自動車市場が縮小傾向にある中、2019年(暦年)は北米や中国など主要市場で軒並み販売台数が伸長。各国・地域の状況に即した活動を徹底したことが原動力になっている。 「グローバルに自動車市場が冷え込む中、トヨタは(19年の)販売目標を上回ることができた」。都内で6日に開いた19年4―12月期連結決算の会見で、販売戦略を説明したディディエ・...
29Picks
中古テスラに搭載の自動運転オプション、OTAアップデートで削除。「あなたが支払った機能ではありません」
Engadget 日本版
|
通常、中古の自動車は新車販売時に装着したオプションをそのまま装備して次のオーナーに販売されるものですが、高度にソフトウェア化されたコネクテッドカーの場合、装備していた機能がいつの間にか削除されてしまうこともあるようです。 米国のサードパーティー自動車ディーラーは、テスラが実施した中古車オークションで入手したテスラModel S 75D 2017年モデルを顧客に販売しました。このEVにはEnh...
自動車販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン